徳永克彦のwikiやカメラ機材はニコン!年収や嫁子供と作品がスゴい!【情熱大陸】

「情熱大陸」に徳永克彦さんが特集されます。

徳永克彦さんのWIKIやカメラ機材、ニコンなどの性能と年収などを見ていきたいと思います。

徳永克彦さんが航空機を専門とする写真家でもあり、そのスキルは一級品です。

今現在の年収や作品などはプロフェッショナルな部分がありますが、嫁や子供はどうなんでしょうか?

命の危険と隣合わせの仕事に嫁や子供は理解しているんでしょうか?

今後はそんな航空機写真家である徳永克彦さんにスポットをあてて行きたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

徳永克彦のWIKIや経歴とプロフィール

名前:徳永克彦(とくなが かつひこ)
生まれ:1957年
出身:東京
仕事:写真家

Wikiと経歴がない人なので 何はともあれプロフィールやキャリアからチェックしてみました。

徳永さんは 1957年生まれ 東京都出身で ルーティンワークは航空写真家です。

中学生時点で 飛行機を好きになり 1978年 アメリカのT-33Aに同乗したのが 航空写真家という身分での始まりでした。

ここ数年は、61歳となり 決して若いと言っても良い年齢では決してありませんが 今も現役で撮影されているのです。

年間300日以上も世界各国をまわり 自ら戦闘機に同乗し 9Gの重力に耐えて撮影しているとのことですので 強靭な体力と粘り強さを持ち合わせています。

初搭乗した戦闘機は、アメリカ空軍のジェット訓練機だったと言われます。

このシーンで徳永さんは依然21歳。

その後、様々な地域の軍用機の空対空撮影に的を絞って取材行動を何度も行っていると考えられます。

ポスターや広告などの撮影も手がけており、徳永さんの作品は多岐にわたるポイントで奮闘しているとのことです。

もっと言うなら、公式で戦闘機を撮影したり、写真展なども開設していると噂されています。

その詳細は極めての過密スケジュールで、一年間で300日以上は撮影やその事前ネゴシエーションで世界を飛び回っているはずです。

撮影が理由での比較検討は欠かさ無い徳永さんのルーチンワークぶりに関連して書いていこうと考えます。

開始するにあたり、空撮をする場合に事前の考察は欠かさ無いといいます。

場合は10Gもの圧力を受けるくらいの基準値が出る戦闘機である故、一瞬の錯誤が空中衝突を引き起こしていきます。

換言すれば命と金のかかったミッションとなっており、失敗は許されないと言う理由です。

つまり、徳永さんは被写体となるひとつひとつの機体の飛行特性を知り尽くし根本的に調査することで達成可能かつ安全に撮影が可能なプログラムを計画するんだろうと感じます。

1回のフライトで10~20流れほどしか撮影を行うことができないので、事前に速度、高度、太陽の位置からポジション取り割り出すシーンも実践します。

タイミングによってはデータすら指定したり、飛行中に「もう10cm左へ」と指令するべきこともあるようです。

あるいは、主だった拘りは、飛行中続けてファインダーを覗いていないこと。

自分自身の構図だてたプログラムに従って、狙ったタイミングでなったところでなんとかカメラを構えてシャッターを切ることに力を注ぐ。

間違いなくスペシャリスト。

世界で神業と考えられているのも頷けます。

予算的にも一国が独力で進歩し得るスケールを比較にならないほど超えており、いまや新鋭戦闘機の訓練は十数年に1回という頻度になってしまいました。

予算クラスが膨らむに追随してPR用の撮影ミッションは厳格さを増し、結果として、カメラマンは連続して淘汰されたんだとか。

そう考慮すると、徳永さんは人間国宝レベルで偉大なヒトだと認識してください。

スポンサードリンク

徳永克彦の出身高校や大学はどこ?

お次は徳永さんが どちらの高校を卒業されているか チェックしてみました。

何処の高校を卒業されたかは 熟知しませんでしたが 中学・高校と 横田基地に通い 写真を撮影していたそうと言う理由で 出身地の 東京の高校なのかな とは考えています。

大学に関しては 21歳から航空写真家という身分で 奮闘しているそうですので通ってない と感じましたが 探し出した集計で 大学も卒業されていることはわかりました。

とは言っても、 大学に関しても 何処の大学を卒業されているかまでは 認識しませんでした。

⇒藤重佳久の結婚(嫁子供)や名言と引退はいかに!年収もヤバい!【プロフェッショナル】

徳永克彦の年収はヤバいのか!?

低空飛行からジェット機がとぶほどの高さまで一度に音速で登って行くこともあるような戦闘機。

世間一般の人は失神高レベルであるような、リスク極まりないシビアな事情で、フリーランスという形で奮闘を継続する徳永克彦さん。

実際はどのくらいのギャランティをゲットしているのか、まったくもって想像がつきませんよね。

しかしながら徳永克彦さんのサラリーはオープンになっていませんので、推察していきたいと考えます。

開始するにあたり、空対空の撮影には、毎回莫大な費用がかかると考えられています。

戦闘機を一機飛ばすのに、その燃料代はたった一度200万円ほどであるようです。

徳永克彦さんが乗る撮影機をプラスして数機は飛ばすので、 1時間ほどのただの一度の撮影で1000万円を上回る費用がかかっている計算ではないでしょうか。

毎回とてつもない収益が動くルーチンワークなんですね。

その他には任務のディテールとしては、フィジカル的にもシビアなタイミングで、ミスの許されない確実さを打診される業務だと断言できますから、人件費も人並み以上にかかるのは間違いなさそうです。

基本にあるのは、フリーで行動している好感度カメラマンですと、サラリー1000万円を稼ぐのもあり得るそうだと認識してください。

である故、基本にあるのは照らし合わせると徳永克彦さんは、その数倍は稼いでいてもおかしくはないと言えます。

それに加えて写真集出版やカタログ・ポスター等々の撮影も配置されているようですので、全部すると、収入は億とほぼ一致したものでありうるんではないでしょうか。

世界に誇る日本人カメラマンである故、輪をかけてもらっていて欲しいとは言え、控えめにいってそれと同じ様なフィーリングなのではないかなと考えます。

社員という身分で勤務しているカメラマンは 200万~500万円が普通です。

フリーランスのカメラマンだと考えられますと 想像以上にばらつきが開きますが、0円~億まで チェックしている中では 700万円位が豊富にいるイメージ ではありました。

徳永さんの年収ベースは 数千万円だと思います。

スポンサードリンク

徳永克彦の機材カメラはニコンなのか!?

世界の頂点にいるカメラマンが 保持しているカメラは何か チェックして見ました。 リサーチした集計は Nikonとなります。

ボディーはD4とD800 レンズは AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED もっと言うなら求められるケースになると AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G Ai AF Fisheye-NIKKOR 16mm f/2.8D も持って行くとささやかれています。

コックピットは狭いので 豊富には持って行けないと考えられています。

1996年からデジタルカメラを使いスタートしたそうで、フィルムご時勢には撮れなかったものが、デジタルでは撮れるようになったであると聞きました。

ちなみに、コックピットに関してのデジカメの使い方につきまして、徳永克彦さんはこのように言っているそうです。

タイ空軍を撮影したときもISO2000まで感度を上げて撮影したわけです。撮影はトータルでRAWで実践します。

JPEGは使いません。

露出は結局シャッター優先オート。言ってみればシステムで決まったポイントで絶え間なく撮影可能なわけではあり得ないので、バランスはたいがいのケースではオートを使います。

露出はあまりでも存在しませんが、バランスは撮影後の画像編集で、本当にアレンジするのです。

光の色がバラバラになってきますし、キャノピーに淡い色が付いているケースが結構あるので、透明感を強調することが必要です。

ピントに関しては、シャープなピントが得られるパーセンテージの高さをイメージして、オートフォーカスかマニュアルフォーカスにするかを決めます。

一般的に考えてオートフォーカスの方が速いし、精度がいいのですが、キャノピーに歪みや損傷が存在するケースでは、マニュアルフォーカスを使います。

もっと言うなら、機材に関しては、コックピット内は狭く、計器類とも干渉を行うので、できるだけあまり多くない機材しか持ち込まないとのことです。

開始するにあたり設定したプランのディテールに追随して持ち込むものを決定付けるのだそうですが、典型的な撮影という形では、以下のものを持ち込むと言っているようです。

写真に大して詳細なわけではない自分自身でも知識があるカメラなので、プロといわれるものの特別な高級品でという理由ではないのですね。

道具と比較しても、腕なのかもしれないですね。

基本的な法則は写真家と言う理由で、動画撮影という身分ではなく、あくまで一瞬勝負の写真だけに限られたルーチンワークをされているのではないでしょうか。

その一瞬に命がけでチョイスすることで、見る人の心をとらえることを第一に予測していると想定されます。

元金、エネルギー、タイミングをわずか1枚に収める、徳永さんの業務ぶりを考慮すると、その上そのクオリティが生まれるのだなと断言します。

徳永克彦さんが戦闘機カメラマンという形で行動していた初めの頃は、新型の戦闘機が何回もオープンになっており戦闘機カメラマンという形でのお役回りも多かったと囁かれています。

とは言っても、その後ベントナム戦争や中東戦争と考えられるものを経てからは戦闘機が進展していき発展予算が思っている以上に増大してきてしまい新型戦闘機の進歩は十数年に1回と少なくなってしまったとささやかれています。

それと同じ様なスタイルになってしまい、時間を掛けて戦闘機に的を絞って撮影してくれているカメラマンの数は少なくなってしまい世界で3人に限ってなってしまったと思われます。

スポンサードリンク

徳永克彦の家族や嫁子供は?次のページへ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする