SIROCO(シロコ・フラメンコ)のプロフィールと結婚(嫁・子供)や本名!年収や教室の場所!【情熱大陸】

「情熱大陸」にフラメンコを踊るプロダンサーのSIROKO(シロコ)さんが特集されます。

SIROKOさんは結婚されて嫁(妻)や子供はいるんでしょうか?

年収や稼ぎなどのプロフィールや経歴などはいかがなものか?

SIROKOさんの今現在はフラメンコ教室を経営しながら、生徒の指導にあたっていたり自らが世界で活躍されています。

その腕前は大会に優勝するほどの実力者であるうえ、日本国内においてはフラメンコ=SIROKOと言えるぐらいのレベルです。

今回はそんなフラメンコのスペシャリストであるSIROKOさんに密着して行きたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

SIROKOのプロフィールや本名は?

名前:SIROCO(シロコ)

生まれ:1982年

出身:京都

職業:フラメンコダンサー

SIROCOさんの本名は、黒田紘登(ひろと)さんと聞きました。

とはいえこのネーミングだと、発音しにくいのだそうで、活きの良い 名前をスタイルしたそうで、そこで登場したのがSIROCO(シロコ)です。

スペイン語で熱風を定義するのです。 フラメンコダンサーと言われると情熱的なインプレッションである故、ふさわしい名前です。

SIROCOさんは中学生時点でダンスに出会い、ストリートダンスに夢中になってしまうのです。

19歳時点で映画「フラメンコ」に関してのフラメンコダンサーのダンスにインパクトを受け、20歳時点で単身でスペインに渡ります。

何かを確かめてみて「インパクトを経験する」て、早々人生の中にありません。

トップという身分で奮闘する人々の多くは、スタートしたキーポイントという形で「何かにインパクトを受けて、自分自身も始めようと思った」 と言われるようなことを言っていますが、彼自身はそこまで人生を変える衝撃だったということです。

それと同じ様なような遭遇をしてみたいものです。

SIROCOさんは、スペインで広範囲に及ぶトップダンサーに出会い、刺激を受けました。

中でも、「フラメンコの皇帝」と呼ばれているファルキート氏に従って訓練し、 これまで国内でダンサーでは超えられなかった「表現力の壁」と考えられるのを超え、 現地のファンを魅了するべきことに完成したのです。

スペインで年々開かれている5大コンクールの一つの大会にてこの国際コンクールで日本人男性舞踊手といった形での優勝は、今まで体験したことがない事なんです。

SIROCOさんが実績を塗り替えたわけですね。

男性でも女の人でも、魅力があって踊れる人って、すこぶるかっこよさと思います。

高校生の時点でダンス部の一員として素人がただ踊っているレベルとは全く次元が違うと言うことです。

そもそもフラメンコとはなんなの?

フラメンコは、スペインのアンダルシアエリアに誕生した踊りだと思います。

ボーカル・楽器・リズムの3つが一体化してくれているのが魅力だと思います。

歌とギターに適応できるように手やカスタネットというものを叩きながら足を踏み鳴らし、同時進行しながら全力で情熱的な活動をするのです。

フラメンコの踊りは大人しい控えめなフィーリングではなく自立的で情熱で強くたくましく、さらに言うとすれば性をも意識したアルゴリズムを表現するのです。

足のパターンなどが困難そうに初めはそんな簡単には効率的に踊れませんがトレーニングを重ねる毎に喜怒哀楽を表現でき虜にあたるとささやかれています。

バレエなんていう風に違い、いつからでもスタートすることができる踊りというやり方も魅力的な1つになります。

フラメンコダンサーという形で能率的に奮闘をされていたSIROCOさんでしたが、 国内にはダンサーがいない本場スペインでの大会でインパクトを残したいと強く思いスペインの大会へ挑戦を敢行することを決心します。

フラメンコはスペインに関しての少数民族ヒターノのキャリアや文化に深く根差した舞踏音楽なばかりに、 日本ダンサーにはいくらキャパシティーが上向いても表現力の面で超えられない「壁」が存在するとなっております。

その他には、自分自身なりにトレーニングを重ねてパターンを組み立てながら予選に出たとささやかれています。

自分自身のエンジョイする事だと言い聞かせ踊った結果、決勝に勝ち進みました。

決勝では生きるか死ぬかの心構えで踊り今このタイミングのみをイメージして踊ったSIROCO。

他の事にはまったくもってとらわれずに自分自身の踊りに全力を挙げたとささやかれています。

成果は、見事優勝。

とは言っても、SIROCOさんは、優勝した後も目下満たされておらず今まで以上にフラメンコを比較検討して踊り続けたいと言われる気持ちの方が強くなっていたといわれています。

SIROCOさんは、オリジナルのフラメンコに幸福感したケースになると引退するケースだと回答しています。

「支え続けてくれたファミリー、国内から驚くほどたくさんエールをくれた皆様と同時に取れたものです。 ありがとうございました。」と語っています。

これから先はスペインでの自主公演開催をコンセプトに行動を継続していきます。

スポンサードリンク

SIROCOは結婚して嫁子供はいるのか!?

日本人という形で、フラメンコの世界で真新しいキャリアを生み出したSIROCOさんとは言え、 結婚をしています。

妻もフラメンコダンサーで、奥野裕貴子さんと言われる人となります。

奥野さんも、SIROCOさんとおんなじ数々の賞をとって活躍しています。

ここ数年は、国内でライブ行動を取り組んでおり、 関西でSIROCOさんと同時に「奥野裕貴子・SIROCOフラメンコ教室」も開設しています。

トップダンサー2人が教えられている教室である故、生徒さんが集まらないわけがないと言えます。

SIROCOさんもすごいとなっていますが、妻の奥野裕貴子さんもすごいキャリアの持ち主となります。

SIROCOさんと嫁の奥野さんは、2012年に結婚をしました。

しかしながら、この時にはずっと前から「嫁入りしてだいぶ経っていた」と噂されていますので、 嫁入りしたのはもう少し過去ということだと思います。

嫁との時期には、子供が存在するはずです。

2歳なのだという娘、マリアだと思います。

両親ともフラメンコダンサーである故、娘のマリアちゃんもフラメンコを実施するのか?

しかしながら、SIROCOさんは娘にも後継者として育てているものの、そんな簡単には踊ってくれないのが現在の悩みではないかと考えます。

2歳である故、フラメンコを踊るのが恥ずかしいのかもしれません。

もう少し成長して3、4歳くらいに相当すると踊ってくれるようになるかもしれないですね。

⇒那須川天心の熱愛彼女や強さと父!年収や車がハンパない!【アナザースカイ】

SIROCOの年収はヤバいのか!?

ダンサーは、結構プロダクションや劇団などに参加する人と、フリーランスで勤める人に分けられますが、原則的に1ステージや1つのルーチンワーク別に「コミッション」といった形で収入をもらっていると考えられます。

ギャランティはステージのディテールのせいでだいぶバラバラになってきますし、ひとつひとつのダンサーのキャパシティーや知名度、トライの影響で相当なズレがあるようですが、常識的にはイベントやクラブなどにおいて踊るストリート系ダンサーは、1ステージ3万円前後といわれています。

バックダンサーのケースでは日給でギャランティをもらっている人が多く、日に6000円~1万円クラスがマーケットという特性があります。

超大物アーティストのバックで毎回踊るような存在になれば、これまで以上に手当てが増加することも想定されますが、そこまでたどり着ける人は高々一握りではないでしょうか。

ミュージカルのケースでは、1つの大手劇団を除いて公演期間分のみコミッションが発生し、主役級以外では1回の公演期間で合計100万以下というプロセスがどこにでもあるとささやかれています。

講師やインストラクターのセールスと掛け持ちしている人が大部分となります。

講師やインストラクターになれば、1レッスンあたり3,000円~5,000円規模がもらえ、1ヶ月にある程度確立されたギャランティが見込めます。

自分自身の踊るルーチンワークのみで安定して食べていけるようになりたいなら、実力を磨きながら業界での人脈確立も望まれているなど、相当な努力があると言われているようです。

ダンサーでありながら、同時進行で振り付けのセールスを行う人も見受けられます。

そうすることで儲けは更に上進して、売れっ子の振り付け師になれば年俸1000万円以上をゲットする人も少なくないと言われているようです。

それから、コマーシャル出演などに於いて利益を上げる人も存在するのです。

スポンサードリンク

SIROCOの教室の場所や料金プランは?次のページへ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする