東山拓仁(盆栽)の経歴や中学校が判明!?親や作品と木村政彦とは?【マツコの知らない世界】

木村政彦の作品や値段がヤバい?

盆栽は工芸作品となっており、芸術作品だったとしても、 自身の人のみで創り上げた盆栽オンリーではなく、 職人たちが何世紀にもわたってキャパシティーを合わせ、 針金や剪定ばさみ等の取り組みやすい道具を駆使しチャレンジして刈りこみ、手入れを同時進行しながら 一般的の風景を鉢のなかに再現し続ける盆栽も出現しているとささやかれています。

江戸時勢に奮闘した三代将軍の徳川家光は 盆栽の熱心な愛好家で、 ひと際五葉松の盆栽がお気に入りだったとささやかれています。

このように、 一種の盆栽に幾人もの職人が針金や剪定ばさみといった取り組みやすい道具を駆使して 手を加えるというプロセスが増えていると聞きますが、 木村正彦さんは、電動工具とフィーリングを使い、 木の形を自分自身の思いどおりに変えていくモダンな盆栽のメソッドのやり方です。

従来は何十年もかかっていたプロセスが、 木村正彦さんにかかると1日、 タイミングによっては数時間で終わってしまうと言われています。

多種多様な作品が内閣総理大臣賞や国風賞を受賞されているのではないでしょうか。

この他にはデモンストレーターという身分で参入されている 木村正彦さんの盆栽の値段が気になると思います。

盆栽の価格に関連してこういう認識がありました。 盆栽は生きた芸術という面も認識し、古いものでは樹齢数百年の盆栽も存在します。

それらに価格を付けるのは無理があると聞きますし、 あり得ないことかもしれませんが販売されたと考えても想像以上に高レベルのものではないでしょうか。

とは言っても、 盆栽とはそれと同じ様な高水準のものだけというわけではなく、園芸店で安価に手っ取り早く手に入れられるものも存在します。

例えて言うなら彼がこしらえた盆栽は、 約900万円で販売されたものですが、樹は古く他にはない幹が その価格の根拠なのだとと思われます。

今後の活躍に期待しましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする