上田里美(爪切り看護師)の今現在や結婚(旦那・子供)!なぜ無罪になったのか!?【アンビリバボー】

「アンビリバボー」に北九州八幡東病院に努めていた看護師である上田里美さんが特集される。

上田里美さんの今現在や爪剥ぎ事件と称された北九州八幡東病院での事件の事。

上田里美さんが容疑者として逮捕された爪剥ぎ事件が後に無罪判決となったその真相や拝見はいったい何があったのか?

そして、そんな上田里美の今現在は結婚して旦那や子供などはいるのか?

かなり謎めいた上田里美ですが、今回はそんな彼女の周辺でおこった出来事を追求していきたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

そもそも上田里美の爪剥ぎ事件とは?

2007年、北九州八幡東病院東医療機関の上田里美看護師は認知症の女性患者の足の爪を深く切って出血させた。

この日、同僚の看護スタッフが患者の足の爪が削がれているのを見つけた。

爪をはがされたのは男性1人、女の人3人で高齢者の認知症の人達だった。

逮捕後のインフォメーションでは、「各々の看護スタッフがこの病を患っている方の足を触っている上田容疑者を目撃していた」と考えられている。

これを調べてみると、「上田被告は高齢婦人2人の親指の爪を半分以上剥がし、約10日間の損傷を負わせた」となっております。

しかしながら「障害を負わせる」と言われる回答ポイントは変わりない。

脳梗塞症等で入院中の病人に対し,その右足親指の肥厚した爪を,爪切りニッパーを利用することで指先と比較しても深く爪の処理をし,爪床ポイントの軽度出血を生じさせる傷害を負わせた。

はがれかかり根元ポイントのみが生着していた右足の爪を,覆うのと同じく貼られ ていた。

当初のレポートとは精密なポイントでばらつきが存在する。男性に関する爪はがしは認定されず、傷害行為という形で認定発表されている。

一人の病人の二本の指のみが認定発表されている。

それに加えてその内1本に関しては、はがれかかり根元ポイントのみが生着していた右足中指の爪が剥がれていた。

病人の右親指の爪切りをし、ほんのり血がにじんだ箇所が合致したため救急処置という形でアルコール綿をあてた。

弁護士の結果を見ると、上田看護士は看護部長に「危ないから浮いている爪を切った」と説明し、看護部長も病人のスタイルをチェックして問題点がないとチェックした。

これに関しては上記のニュースとは目下のところ違う。

「浮いている爪を切る」とされている部分のは、厳密に言ったら「壊死し剥離した爪を切離」施すことであろう。

あまり考えられませんがこれがファクトならわずらわしくなるようなことは何もない。

スポンサードリンク

上田里美事件の真相や今現在は?

入院中の89歳のご婦人と 70歳のご婦人の 爪合計3枚を深く切り、 出血させました。

高齢者の爪は世間一般の爪とは違って、変形していたり厚みが想像以上についていてリスクです。

しかしながら折れるだけならいいのですが、損傷のもとになってしまうこともあると聞きます。

それと同じ様な理由で爪を剥いでしまう、と考えられる処置を施す重要が出てくるのです。

メディア側の応対や看護スタッフ同士の確執、冤罪の取り調べを実施していた検察。

以上のディテールが問題点となった事件ではないでしょうか。

病人の爪を剥がしていると 同僚に誤認され、 虐待なのだというと言う理由で 逮捕されました。

第一審の判決は 有罪でした。

このタイミングは 看護スタッフの不祥事が 多かったタイミングでもありました。

爪を剥いだシーンの微小の出血 爪切り事態にやりがいを覚えていた が判決のインパクトに影響を及ぼすポイント だったと言われています。

ちょっとした出血でも 有罪と言われるとささやかれています。

この判決が出た時 医療施設側も謝罪会見を実施し、 虐待のファクトを認めました。

これにより 上田看護師は 爪剥ぎ看護人 といわれてしまうことになってしまうのです。

数週間拘束され 取調べが数え切れないほどあり メンタル的に辛かったと言われています。

しかしながら、上田看護師は 諦めませんでした。

有罪率99.9%の壁に立ち向かった成果、有罪判決が出た後 上田看護師は これに関してはむしろ違うということを病人の為・診療界・看護会の進歩の為にも戦わないといけないと言われる思いで控訴したわけです。

であるから、 後にに福岡高裁での判決に挑みます。成果は、無罪判決を下されました。

有罪率99・9%と言われる困難に挑み攻略をゲットすることができたのです。

その代わり認知症の高齢者の爪を切るケースで損傷をさせたという形で傷害容疑で逮捕されたとささやかれています。

そんな簡単には、無罪釈放にはならなかったと考えられています。

ここに、有罪率おおよそ100%と考えられているゆえんが推定されます。

その後、上田里美さんは北九州八幡東病院を運営する「北九州病院」に訴訟を起こしたわけです。

この事件で上田里美の今現在は名誉棄損・就業場所を懲戒免職 の負債を受けられています。

この件に対して、2013年に上田里美さんは勝訴し、解雇されたクリニックに復職することになりました。

ここ数年は業務をしながら、たまに診療、福祉の講演会で事件のシーンの伝えることもあるといわれています。

国内は痴漢等の冤罪も有罪になりやすい中、現実に逆転無罪になって正解だったと断言します。

人が人を裁くのが裁判と言う理由から、人の一生涯に関わっていると言われる事を迷うことなく考えなければならないと言えます。

⇒上原智子の逮捕理由や結婚と旦那(夫)は?子供や年収も!

上田里美は結婚して旦那や子供はいるのか?

まず彼女のプライベートのことに関しては、事件の事が目立ち過ぎてあまり詳細には出ていません。

これは本人のプライバシーのこともありますし、一時は事件の容疑者として扱われていた人物ですから、致し方無いのかもしれません。

しかし彼女も今現在ではそれなりの年齢を重ねた1人の女性です。

世間一般で言うなら、結婚して子供がいても全く不思議ではありません。

したがって、管理人の推測では普通に結婚して旦那はいるんではないかと思います。

子供がいるならすでに大人の成人になっている可能性が高いです。

スポンサードリンク

なぜ有罪判決から一転無罪判決になったのか!?

実際的には,上田里美のテクニックが,職場でのトライに裏打ちされた正確なものであることを真正面からアナウンスするため,上田の現実的な爪切りの身なりを録画したDVDを法廷で上映したわけです。

もっと言うなら,高齢者のフットケアに綿密なドクターに,本件の爪のケースに対して尋問を実施して,看護水準との関係でも問題点のない爪切りなのだというとの証言を得ました。

他方で,検察側の鑑定人だというドクターまでもが,上田さんの爪切りに問題点はないとの意味合の証言をしたわけです。

そのような審理を経た福岡高裁の判決は,一審判決とはかなり方向性の違うディテールとなりました。

本事件の重要なテーマは,上田の爪切りに正当任務動作性が認められ,違法性が否定されるかと言われるポイントとなります。

一審判決は,「痛みや出血があった場合でもかまわな い」,「爪切り動作自体にアミューズメント性を熟知した」など,逮捕後に捜査機関が上田から録取した。

これに対し,福岡高裁は,動作が看護のもくろみでなされ,看護動作という形で必須となっており,アプローチ,メソッドに関しましても極めて正常であればよい,それから認定されれば,特段の実情なき限り認定行うであるとしたわけです。

別の言葉で言えば,本件で説明すれば,爪切り後の写真から見極められる爪のケースや,爪切りメソッドの再現など,スペシャリストのジャッジが出来る動きの客観的側面を重視して,その側面でトラブルがなければ,原理原則という形で違法性は否定されるとしたのです。

逮捕から約3年。やっと被告人の立場から解放されたタイミングだった。

上田の社会的名誉の回復と考えられるテーマは残っていると考えられます。今後メディアもこの次のテーマについても入念に取り組んでいただきたいと思う。

最後までご覧いただきありがとうございます。

関連記事は下です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする