柴田賢志の今現在や病気は脳腫瘍!結婚(嫁・子供)や講演会はいかに!【爆報フライデー】

「爆報フライデー」に柴田賢志さんが特集されます。

柴田賢志さんの今現在や病気に関してのことですが、実は脳腫瘍になっていたんだとか。

柴田賢志さんは今現在結婚して嫁・子供などはいてるんでしょうか?

また柴田賢志さんは自身で講演会などもおこなっているようで、勢力的な活動もされているようです。

そんな柴田賢志さんのプライベートなどを見ていきたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

柴田賢志の武勇伝

名前:柴田賢志(しばた・けんじ)

生まれ:1975年10月4日

42歳

出身:福岡県

AB型

柴田賢志さんは、福岡県生まれ。

小さい時から目立ちたがりで人を笑わせることを願っていた少年だったといいます。

神奈川県の都岡高等学校を卒業した後は 自分自身の夢を実現するため、オーディションを 受け絶え間なく活動を行っていました。

それから、何とかオーディションにパスし24歳で 「救急戦隊ゴーゴーファイブ」に 出演。

いつかきっと有名になる そうイメージしていた柴田さんは、当時では想像以上に評価が高く第一線で快進撃中の人はあまり多くないと言われていますね。

柴田さんは俳優という形での行動だけというわけではなく、1995年からバンドを結成していました。

神奈川エリアを代表するバンドだったとささやかれています。 思いのほか多才な人でこれ以外のモデルもやっていました。

その後は、彼の才能が開花して色んなメディアに出演していましたが、思いもよらない病気に侵されることになるのです。

スポンサードリンク

柴田賢志の今現在は何してる?

柴田賢志さんは障害者バックアップの事業所 株式会社まちふくに就労後、横浜市内の 幼稚園の従業員に転職したコトを ブログで明かしていると考えられます。

2005年よりスタートしたブログでは、明けても暮れても詩を 書きつづっておられ、アグレッシブに講演も行い 表現者という形での行動を継続しておられます。

そういったブログでは、ハイレベルのストーリーになっていて 意味深な発言をされているのではないでしょうか。

柴田賢志さんは、近隣よりは少しだけ 年長さんながらも戦隊ヒーローという形で オーディションでデビュー。

急きょ、自分自身の非ではない難病になり 引退を余儀なくされてしまう。

最近の活動は、突然不幸を背負うコト になった自分でも、不遇なりに表現者として 多数存在する人を助けたいと想っていた 2011年にゴーゴーファイブメンバーのインタビューが行われ

たことがありましたが、柴田さんは不在。

柴田さんはその病気が原因で、働く場所で差別を受けシビアな思いをしたこともあったなどと聞きました。

それでも、 自分自身の体験をレクチャーして誰かを勇気付けたい と言う思いから講演会の講師という形で壇上にあがったり、ブログに一日中詩を書きつづけたりしているそうです。

私生活の事も少し気になりましたので対比させてみると、インタビューでは 買い物が好きで休日には表参道や下北沢の古着屋巡りを為すべきこともある と語っておられました。 車で向かうこともあるとささやかれています。

今現在も難病を抱えながらライフスタイルを実践中の柴田さん。

何をしていても興味深い。

一日一日、生きているってことをフィーリングしてられるから と明るく笑い飛ばしていたとささやかれています。

ずいぶんと強い人間と思ったのです。

ここ数年の病気の状態に関連してですが、2017年のデータでは柴田さんは 右半身の麻痺言語障害 1人で歩くのが難関と言われるシーンのようです。

そのタイミングの中、アグレッシブに日本中で講演をしているのだとか。 柴田賢志さんの状態や行動をみて、聴いて、元気付けられた人は実際的に増えているでしょうね。

将来においても体に気を付けて講演をして同様の病気で悩みを抱えている人に勇気を与える行動を絶え間なく頂きたいなと感じ入りました。

⇒野村克也の兄や実の兄弟の最近はいかに!【爆報フライデー】

柴田賢志の病気の原因は?

柴田賢志さんですがメディアに出演していた時に、右目に違和感を見つけ出して クリニックでチェックたところ脳腫瘍に冒されていた事が判明。

施術のため、2004年頃に芸能活動を休止し そのまま芸能界を引退。 しかしながら、脳腫瘍の手術はサクセスしましたが 後遺症が残り、右半身がまひのスタイル。

他にはに、脳腫瘍の施術で服用した ステロイドの影響を受けることで大腿骨骨頭壊死 と言われる難病を抱えながらライフスタイルするはめに。

就業場所等では、数え切れないほど差別を受け ハードな思いをしたこともあったなどと聞きました。

それと同じ様な経緯もあり、脳腫瘍が存在することがわかりました。

2004年頃には芸能活動を休止し、施術に従事することに。

それから、そのまま芸能界に再び就職することなく芸能界を引退となりました。

国に難病指定されている病気ですが、 この病気は施術などによりステロイドを多く活用したり、アルコール摂取が人並み以上のごく一部に発症してしまう病気。

そうだとしても、発症のシステムも研究されておらず、意味深長なファクターはわかっていません。

柴田さんのケースでは脳腫瘍の施術で通したステロイドのインパクトによりこの難病を発症してしまったと囁かれているようです。

骨が壊死続けていると痛そうです。

治療にすれば壊死のポイントがどの位かによって異なっています。

どちらにせよ、半身不随で足にも気を遣わなければならないスタイルはライフスタイルをする際の想像以上ですだと思います。

スポンサードリンク

柴田賢志は結婚して嫁・子はいるのか!?

依然としてなお、難病と併存している柴田賢志さんは結婚しているのでしょうか?

チェックしてみましたが、結婚や子供のインフォメーションと言えるものはネットサイトには一切あがっていませんでした。

若くして脳腫瘍、その施術の後遺症により大腿骨骨頭壊死と言われる国にも難病指定されている病と闘っている柴田さん。

柴田さんは42歳と言う理由から、家族も年がいっていると考えられます。

結婚されて嫁・子供ですが、年も年ですからおそらく結婚していると思います。

⇒アフィファ・アミリのwikiや経歴と結婚彼氏は?義足が切ない【ハートネットTV】

柴田賢志の講演会とは?

手術の後遺症で右半身麻痺、その上股関節骨頭壊死と言われる難病を抱えながら近年表現者という形で活動してくれている柴田賢志さんの講演会。

手助けする側の人のストーリーを聞く事実もあり、そんな簡単には障害者の人の生の声を聞く聞くことはと言う理由から、病気が判ったとき「なんで自分自身なんだ!」、仕事場の嫌味に「好きでこんな体になっているんじゃねーよ!」とキレたこともあると言う。

「職を発見することはハード、働き継続していくことはこれまで以上にハード、これが現状です」と言われる包み隠さない本音のストーリーはかなり応えましたと言う声が多い。

さまざまな事があったけど今の自分自身が一番好きです。と言いきれるといいます。

そんな柴田賢志さんは素晴らしいですし、障害をもリスクと感じさせないマインドは人々を勇気付けることは間違いないと思います。

今現在は全国的に講演会を行っており、同じような症状を持った人達や共感してくれるファンなどを相手に自身が歩んできたストーリーを語っています。

今後の活動に期待です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする