内田元(ラーメン屋)の経歴やwikiと年収!オススメや店の場所【マツコの知らない世界】

「マツコの知らない世界」にラーメン屋店主の内田元(うちだはじめ)さんが登場します。

そんな内田元さんの経歴やWIKIとプロフィール、年収などの稼ぎとオススメのラーメンや店の場所などをピックアップして行きたいと思います。

内田元さんの今現在はラーメン屋の店主として活動していますが、中華そばの専門店として高い人気を誇っています。

地元でも有名な内田元さんの店ですが、その圧倒的な味でファンも多いんだとか。

今回はそんな人気急上昇中の内田元さんのラーメンに徹底追求して行きたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

内田元のラーメンや経歴などのWIKI

2009年に設立した蓮根ラーメン屋ご主人内田元は店長を経験して、この店を設立させた。

新設するや人々の人気となり、2009年新店カテゴリー 最優秀賞」、「TOKYO1週間ラーメン of the year 2009年新店塩カテゴリー 最優秀賞」、と、数々のタイトル賞を受賞。

ウェブサイトのうわさは、オススメする人もいれば、順当と言う人まで存在する。

結果を重視しない、アッサリ系のラーメンのジャッジは、そうはいっても人気が高い。

店の状態は板張りで、渋い状況。

最近ではは、醤油ラーメンを食べに来たので、食券と、味玉、なめらかクリーミープリンが合致したので、プリンの食券も購入する人も多いんだとか。

いかなるときでもほとんどが何と満席で、席が空くまで最低でも10分くらい待つ必要があると言う。

それほど人気だろうか。

国内のラーメンは世界規模で人気でアジアには昔から1千軒を上回るラーメン店があるそうなのだという。

海外に出店するのには手持ち資金やスタッフや技術などが必須で資金力のある大手チェーンでないと簡単に進まないのが現実だった。

こうしたなか街のちょっとした個人経営の海外進出を手助けするビジネスが登場。視線を浴びている。

シンガポールに新規のラーメン店が設立した事例は沢山ある。

国内でも雑誌でも取り上げられている鶏白湯ラーメン。

「スープがさっぱりしているのに味わい深くて想像以上においしい。」味にうるさいシンガポールの人たちにも評価も高く人気がある。

いつか挑戦してみたいとイメージしていた内田さん。

そういった内田さんに海外進出のタイミングがやってきたのは2年前。手持ち資金も人手もノウハウも不要。

海外に覗く重要すらないと言われる夢みたいなストーリーだった。

「ポイントは元金がゼロのケースで海外でラーメン屋がスタートできるという意味はノーリスク。 失敗しても僕は損しないからいいかぐらいの それと同じ様な面白さにのってみたと言われるフィーリング。」

内田さんは海外進出をも目論んでいるのか?

国内でのラーメンの市場は約8割が個人事業主。

個人用の人達が資産を3000万とか4000万集めて海外に出て行こうと想定するとハードルが高レベルである。

ラーメンづくりのキャパシティーを入念に数値化し続ける。

本当のところはシンガポールのラーメン店が描き出すラーメンは1種類だけではない。

その数と言えば6タイプ。

人気を博しているラーメンがなくてもこれ以外のラーメンでカバー可能なようにしたのである。

いまの人気店はこの様な戦略的で経営しているところがあるが内田元さんの店も「こだわり」を重視して人気を博している。

スポンサードリンク

内田元自慢のオススメ醤油中華そばとは?

まずは何といっても醤油ラーメンだろう。

スープは、ダシは特塩ラーメンと同じ様なもので、相違するところは、こちらは醤油ダレを用いている事。

チェックしての通り、透明感の高レベルのスープ。

透明なスープは、労力がかかるし、生み出すのが簡単ではない。沸騰させては透明にならない。

寸胴の前で、どんな場合でも沸騰させないよう火力気を配ると断言する。

心尽くしのプロセスが必須。

旨味の中心は、鶏ガラ、その上肉とかモミジも用いているんじゃないか。

それから、香りのサポート的に、煮干しや鰹節の風味もありまさに絶品だ。

そうだとしても基本にあるのは、この麺質は高い方に属する。

特塩らあめんの時とは違って、焼いたチャーシューも香りが高い。

さらに 細かく刻んだネギはシャキシャキ感が満載で、スープとの相性もバツグンです。

さらに食後には「なめらかプリン」まで用意されていて、女性に人気だろうと思います。

固い食感では無く、本質をついた柔らかトロトロのプリン。

まさに、牛乳本来から作っているのだと言うイメージが伝わってくる。

これで100円とは、もうそのへんのコンビニプリンは食えないだろう。

⇒丸亀製麺のボツになったメニュー(商品)が意外!半額セールとは?【有吉ダレトク】

特塩ラーメンも人気!店の場所は?

ラーメンのルックスは、従来と変わらないのだが、センスがいいのか人気がある。

とにかくこの店の口コミには、スープがうまいと言う事が多い。

ラーメン屋の基本はやはりスープなので、材料から作る工程まで内田元が徹底してこだわり抜いているのがストーリー形式でわかる。

美味い料理は、理想的な食材から。

この様な言葉をよく耳にするが、美味いスープなんてそう簡単には作る事ができない。

事実、従来は複雑玄妙な味わいだったのだが、近年単調にしてチープ、あるいはブロイラー特有の刺激的な臭味が存在する。

このように、特に塩ラーメンと言うのはごまかしが効かない。

つまり、作りての実力がそのまま試される商品でもある。

塩ラーメンが人気の店は確実に作りての実力が高いか、あるいはセンスがあるといっても過言ではない。

らーめん元-HAJIME-

住 所
東京都板橋区坂下2-16-11 
電話番号
03-5392-9567
営業時間
火~金 11:30~14:30、18:00~21:00 土日祝 11:30~15:00
定休日 月曜日

スポンサードリンク

内田元の年収はどうなのか?

ラーメン屋のサラリーの平均は800万円くらいでした。

ラーメン屋は、立地や開業等のファクターなどによりその収入は多種多様で、ばらつきが存在します。

もっと言うなら、自分一人とフランチャイズでも原価価格にズレが生じ、その収入にばらつきが出ます。

とはいえそのどちらという面も、常に客が座っている状況が作り出せれば、ラーメン屋はよその飲食業とは異なり客の回転率が速いので勝利と考えて良さそうです。

勿論の事サラリーも大きくなると思います。

例えて言うなら1杯700円のラーメンを用意のケースでは、1日の下ごしらえ2時間、ルーティンワークは昼と夜の各3時間で労働8時間のケースでは、1日100杯という形で材料費35%や家賃、ガス電気水道代経費を引けば850万スケールのサラリーは推定見込めます。

そうだとしても、資金借入れ、バイト等雇い入れがあったケースその中からまた返済や人件費が支出されると思います。

である為ラーメン屋の年収や報酬には絶大なるばらつきが出ます。

1人、あるいはパート数名で1日70~100杯規模のラーメンを作りユーザーへ用意します。

厨房担当、職人ラーメンは勿論の事、おにぎりや味玉などトッピングの素材作りを実践します。

フロアスタッフ出来あがったラーメンをユーザーへ用意します。

それから、レジや店内の掃除、皿洗い等といったラーメン作り以外のことを任されそうです。

ラーメン屋の店長になればショップにもよりますが平均年収は520万~530万円で、昔年収700万~800万円で店長を求めていましたが、そんな簡単には続かなかったようで、それに匹敵するだけシビアな労働なのかもしれません。

それもあってもフランチャイズ加盟したり自分自身でラーメン屋を開業し美味しいと書きこみになり、客さえ来れば収入800万~900万円くらいは想像できないことではないとささやかれています。

更には海外に進出する日系業者が増え外国でもラーメン評判で、日系のラーメン屋が世界規模で次々にオープンしていてラーメン屋で働くタイミングも増加しています。

こんな背景がある中、内田元の年収は少なくとも1000万以上はあると思います。

かなり繁盛していますし、メディアに出る程の知名度がありますからね。

今後の活躍に期待です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする