元木はるみ(バラ)の経歴やwikiと結婚(旦那・子供)!年収や自宅が凄い!【マツコの知らない世界】

「マツコの知らない世界」にバラのコーディネーターである元木はるみさんが特集されます。

元木はるみの今現在はバラのスペシャリストとして活躍し、経歴やWIKIとプロフィールなどをピックアップして行きたいと思いますがそんな中でも年収や自宅が気になります。

元木はるみさんは今現在、結婚して旦那や子供はいるんでしょうか?

中々謎のベールに包まれていますが、今回はそんなところを突っ込んで見ていきたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

元木はるみの経歴やWIKIプロフィール

バラ歴約30年、ここ数年は約250カテゴリーのバラを育てながら、バラ文化と調教メソッドを考察。

2003年より、バラの時機の「ガーデン・パーティー」を住まいにて開催。

バラとハーブの勉強会「Salon de Roses」を開く。

各家庭やカルチャースクール、イベント等で、バラを暮らしに適応させるシステムとそれ用の育て方、バラのキャリアや文化他にはバラに対する広範囲に及ぶことをアナウンスしている。

バラのある心満足できる暮らし「ローズライフ」のエキスパート「ローズライフ・コーディネーター」のトレーニングにも力を注ぎ、独自の「日本ローズライフコーディネーター協会」をオープンされる。

一般社団法人プラチナミセスジャパン・エキスパートとして、 バラを暮らしへあてはめるシステムと意識にフィットする栽培メソッドを各カルチャー教室、セミナー等でアナウンス。

もっと言うなら、バラのある暮らし「ローズライフ」をこれまで以上にさまざまに楽しんで頂く為の文化行動「ローズライフイベント」や勉強会を開催。

各カルチャー教室にて講座をご受講後、資格認定トライにパスされた人へは、ローズライフのエキスパート「ローズライフコーディネーター」 の資格も目指してもらえます。

バラとの出会いは幼少の頃とは言え、バラをアグレッシブに集め育てスタートしたのは2 2年ほど過去にさかのぼると言います。

今現在は3人の息子たちを育てながらバラを無農薬 や低農薬で育ててきました。

今現在では明けても暮れてもバラに対しての経 験を積み、バラを咲かせるだけに限定されず、バラを暮らしに導入したバラのあ る暮らしをエンジョイするライフスタイルを届けることが出来る様になりました。

その様なライフスタイルを、暮らしへのバラの実用システムの一部分という形で、バラは飲食にも実践可能だという事です が、トータルのバラが飲食に実施出来るわけなどでは断じてありません。

もっと言うなら飲食に向くバ ラの育て方をすることが必要です。

バラを育てるバックボーンを認識した上での、 ジャンル選びや育て方に対しての助言、暮らしがある中よりの広範囲に及ぶ実用メソッドのご 紹介等を、今日この頃は、自宅サロンやカルチャースクール、会社が主催するセミナ ーやイベント等で実践していると推定されます。

バラに興味がある人はバラの世界を 認識して頂き、 素敵な「ローズライフ」を楽しんで頂きたいと言えるのではないでしょうか。

さらに元木はるみさんは自身の 著書として「バラいっぱいきれいなローズガーデン」も出版している。

彼女は常々この様な事を語っています。

・優雅で知的な存在感を放つ フレッシュでチャーミングなバラ

・太陽のように輝く女性のダイアモンド・フラワー
あなたの輝きがあなたの大切な世界を照らし出す

・愛しき花 たおやかに、美しく・・・
いつの時代にも普遍的に存在し続けるバラ
優雅な佇まいのうえ、さりげない華やかさ。頑張りすぎずに優しくしなやかに。

う~む。何とも美しい囁きです。

スポンサードリンク

元木はるみのレッスンやバラパーティーとは?

バラに囲まれた華やかに楽しい人生を送ろうと言うのが元木はるみさんのキャッチコピーだと思いますが、そんな彼女のレッスンやパーティーに出向く事ができると言う。

是非、興味がある人はいってほしい。

基本的に元木はるみさんが講師としてレクチャーしている講座は下記です。

・NHK文化センター横浜ランドマーク教室
「もっと素敵にバラのある暮らし」第1月曜日

・新百合ヶ丘産経学園
「素敵にローズライフ」第2火曜日

これ以外では、先程も説明した通り、規定時間以上講座を受講した人限定で彼女の「ローズライフコーディネーター」への資格を取るためのステップアップが可能だと言う事です。

規定時間・・レッスンを1年間(計8回) 
ご受講後、ローズライフコーディネーター認定試験受験資格が与えられます。
(試験料3000円+消費税、認定料10000円+消費税要)

だそうです。

⇒吉田直子(紅茶)の経歴やwikiとオススメは!教室の料金や年収と結婚!【マツコの知らない世界】

元木はるみはイベントも多彩!

元木はるみさんは定期的にファンを集うイベントなども多彩に展開していますね。

例えば、日帰りツアーとかでバラをメインにしたガーデニングに纏るイベントなどを展開しており山梨県や各地方などに出向きファンとの交流も楽しんでいるようです。

山梨の薔薇とイングリッシュ・ガーデン巡り(こちらは日帰りバスツアー)

山梨の美しい3箇所の庭園を専用バスで効率的に巡ります。 訪問予定地は、イングリッシュ・ガーデン「キングスウェル」、 「シンプリーガーデン」に加え、見事な洋館に薔薇や宿根草が 美しく咲き誇る神谷邸を特別に見学させて頂きます。

その他にも、明治維新に影響を受けて西洋の文化と同時に、国内へ輸入された薔薇を先頭に西洋の花たちは、 当時「洋の花」と呼ばれ、文明開化の下、一歩一歩国内にて評判を博して行きました。

最初の薔薇の栽培書なのだという大事な書物「ヘンデルソン氏 薔薇培養法」の実物をご覧頂きながら、薔薇が西洋から輸入され スタートした時分についてや、しだいに庶民に普及して始めた状態等を、大正~昭和の戦前の大切な当時を紹介しているそう。

その他にも、クリスマスイベントやバラのアンティークなどをご覧頂けるイベントなども展開されています。

兎にも角にもバラに関することであれば、なんでもありの元木はるみさんのイベントはファンの間でも相当根強い人気があるんではないか。

男性には全く理解不能な集いだと思いますが、バラを愛する女性たちからすると「これでもかっ!」と言わんばかりのコミュニティだと思います。

スポンサードリンク

元木はるみの自宅がバラだらけ!

ローズライフコーディネーターの元木はるみの自宅までバラだらけと言う噂がありますが本当でしょうか?

なんでも元木はるみさんは自身の自宅でセミナーや講演を行うスタイルなので多くの受講生やファンがくることだと思います。

そんななか皆さんは、薔薇の香りの素晴らしいことと言います。

この香りに囲まれているのみで幸運だったと。

とっても癒されました。最高の気分です。

こんな声がアチラコチラで聞こえて来ます。

どちらを眺めても薔薇、薔薇、薔薇となんとも漫画みたいなストーリーである。

その他には、トライフルやティーブレッド等の英国菓子も召し上がれるそうで、非現実的な空間を味わえるのは間違いないですね。

元木はるみさんは薔薇を育てるだけということはなく、薔薇をライフスタイルのなかにとりいれることの幸福もアドバイスなさっております。

まあ~おそらくバラに関する事ならこの人の右に出る人はいない存在なのかもしれない。

元木はるみは結婚して旦那や子供はいるのか?

まあ~見たところ、年齢も年齢だと思うので結婚はしていると思いますが先程も子供を3人育てながら今現在は生活しているとお伝えしたので、結婚して旦那と3人の子供と一緒に生活されているんではないか。

ちなみに、結婚されていたら旦那の職業や年収などは全く情報がないのでなんとも言えないが、まあ~一般人なので当たり前か。

そもそも、元木はるみさん自身のライフスタイルの詳細もあまり公開されていないので謎のベールに包まれていますね。

旦那がいるとすれば、おそらく元木はるみさんのライフスタイルやバラに関してちゃんと理解してくれている素晴らしい旦那の可能性もあります。

スポンサードリンク

元木はるみの年収はヤバいのか!?次のページへ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする