川井郁子の夫(旦那・子供)や年収とカップ!実力や実家がヤバい!【深イイ話】

「深いい話」にバイオリニストの川井郁子さんが特集されます。

川井郁子さんの今現在の夫(旦那)や子供(娘)などを見ていきたいと思いますが、年収やカップがなにやら話題になっています。

川井郁子さんと言えば、国内で有名なのは間違いないんですが世界的にも活躍されている人です。

川井郁子さんのそんな実力や実家はどうなのか?

また川井郁子さんのプライベートなど、今まで見せて来なかった詳細まで迫ってみたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

川井郁子の今現在や武勇伝

名前:川井郁子(かわい いくこ)
生まれ:1968年1月19日50歳
出身: 香川県
学歴: 東京藝術大学

川井郁子さんは今なお、バイオリニストや作曲家という形で奮闘しており、テレビ放送番組にも出演しているとのことです。

川井郁子さんの年齢は2018年で今なお50歳だと考えられます。

50歳でこの美貌を保っている人って中々不在ではないと思われます。

川井郁子さんは日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞しており、実力が名を馳せています。

音楽オンリーではく、川井郁子さんは、映画にも出演していると聞きます。

もっと言うなら、身長が168cmで体重が48kg。

間違いなくモデルスタイル。

バイオリンを奏でている様子も本当にカッコイイですね。

川井郁子さんはバイオリニストに限ったことではなく、作曲家や女優、 その他には2005年から大阪芸術大学の教授もされているのではないでしょうか。

音楽家の人についてチェックするケースで興味を持っているポイントのひとつが育った状況 だとは限りませんが、そのためチェックしてみると、川井邦子さんのご両親は音楽家ではないです。

ごく一般的なファミリーで育っておられます。

ご両親が音楽家ではないのに魅了される音楽家の方は何かと言えば、ピアニストの 川井郁子さんは6歳の時分にラジオから流れて来音楽に魅了された事がバイオリンをスタートしたキーポイント だと言えます。

川井郁子さんは社会奉仕行動にも注力していると思われます。

『川井郁子 Mother Hand 基金』をオープンし、チャリティーコンサートを 開いたり、評議員という形で、難民キャンプをアクセスしたりしています。

そういえば、バイオリニストの五嶋みどりさんもそれと同じ様な行動をされておられ ますね。

このように知名度のある人がチャリティー行動をしてくださる事で、世界で苦悶している 国民の状況を知る事ができ、その人々の経済状況が少しでも快方に向かうアシスト体制になっていると言えますね。

スポンサードリンク

川井郁子の夫や子供はどうなのか!?

川井郁子さんは2005年に嫁入りされています。

その他には2006年6月には長女を出産。 お名前は花音。

子供を生んだその年に演奏活動を再開されているのではないでしょうか。

旦那は高柳広さん。

現在は53歳だと思います。

当時、ノーベル賞候補となっておりており『東京医科歯科大学』の教授。

とは言っても、2013年には離婚されているのではないでしょうか。

離婚のポイントやその後の詳細は明らかにされていません。

川井郁子さんは子供の誕生後にすぐ演奏行動を再開されていると思われますので、思いがけず 子育てや職務の事で旦那と意見が噛み合なかったのかも知れませんね。

びっくりするのが、子供の誕生後3ヶ月後の9月には演奏行動に復職し、娘の名前の曲を残していることだと言えます!

どのようにして音楽が好きで、いい定義か、と言われるところが把握できますよね。

とは言っても、不本意ながら離婚していると聞きますので何とも言えませんが。

現役ヴァイオリニストがどの程度過密スケジュールで、同じようなタイミングを作るのが本当に難しかったことなのか想像もつきません。

元々は、楽賞を受賞するほどの実力者だと思います。

曲が降りてきたら何時間も部屋からなかなか出ないというぐらいプロフェッショナルな人であるとのことです。

よく耳にする結婚生活は相当難しかったのでしょうね。

⇒森本千絵の結婚相手(旦那・子供)と年収がエグい!ミスチルとの関係!【深イイ話】

川井郁子の年収はヤバイいのか!?

指揮者やピアニスト、ヴァイオリニスト等々のソリストという形で行動する音楽家のケースでは、その大半は音楽事務所に勤務しています。

自分自身の代わりに事務所にマネジメントや宣伝活動と言われるものを任せ、独自には演奏活動に力を注ぐスタイルをとります。

同様な音楽家は、コンサートを開催するたびに入る出演料が主な収入源となると言えますが、そこから事務所の経費(10~20%クラス)と源泉税(約10%)を差し引いた額が音楽家の取り分ではないでしょうか。

名の通った音楽家であればあるほど1ステージ当たりの収入はアップし、自分達のギャランティも増えます。

外国のコンクールで入賞するような音楽家に限れば、経費等を除いて1回当たり50万円スケールを得ていると考えられますが、これだけ収益をあげられる人は決して多種多様なく、10万円~30万円クラスを安定して得られていれば、申し分なく成功を収めている部類に入るのではないでしょうか。

オーケストラ団員プロのオーケストラに正団員という形で参加する音楽家に限れば、固定給のギャランティを得ている人がほとんどではないでしょうか。

楽団のクラスや別々の実力に左右されてその額に差はあるものの、トータルでは月収40万円、報酬にして400万円~500万円がマーケットとなっていらっしゃるようです。

他には、国内で何よりも人気を誇る楽団の1つ、NHK交響楽団ではチャレンジを積むとサラリー1000万円以上を稼ぐ人もいると思われます。

これ以外には、各楽器の主席奏者になると、コミッションとしてサラリーの10%クラスが上乗せされるシーンが普通です。

それから音楽家として生計を計画するのは想像以上に難しいため、演奏活動だけではなく音楽講師のルーチンワークをする人も見受けられます。

各家庭などに生徒を取り揃えて個人レッスンを開く人もいると推定しますし、音大の非常勤講師といった身分で働く人もいるみたいです。

それから、結婚式場やホテルなどに於いて伴奏・演奏の非正規社員などをしている人もいると推定されます。

どちらにせよ、国内では抜群の知名度を誇る川井郁子さんのケースでは

少なくとも1000万以上の年収は稼いでいるんではないか。

スポンサードリンク

川井郁子はバイオリンだけではない!ダンスも!

「Tango Origin」の公演にて、ゲスト参加されていた川井郁子さんがタンゴのステージで初めてのダンスを披露した事も話題になっていました。

バイオリンも弾き、ダンスも踊れるとは中々多彩なスキルをお持ちです。

川井郁子さんが実際に踊ったダンスとは、

ブエノスアイレスの人気楽団”バーレ・タンゴ(Vale Tango)”のピアノ兼リーダーを務めるアンドレス・リネツキー音楽監督の下、バーレ・タンゴの第1バンネオン奏者ニコラス・カプシスキ、第1バイオリン奏者アレハンドロ・シャイキスの3名が、日本タンゴ界で活躍を続ける会田桃子(バイオリン)、鈴木 崇朗(バンドネオン)、東谷 健司(コントラバス)の精鋭3名を迎えてセステート(六重奏団)を結成。
タンゴ界の巨匠ロベルト・エレーラを含めた本場ブエノスアイレスのダンサー達と、日本のトップ・アーティストたちが贈る情愛と官能のアルゼンチンタンゴの絢爛豪華なショーです。

となっています。

川井郁子のカップはどうか!?

スタイル抜群の川井郁子さんですが、川井郁子さんはよくセクシーな衣装を着てステージに立つ事が多いような気がします。

これはあえてそうしているのかは謎ですが、自慢のプロポーションをバイオリンと同時に奏でているんでしょうか?

もしそうだとしたら、かなりセンスがありますね。

自分のスタイルまでも武器にして観客をも魅了する。

素晴らしいですね。

そんな川井郁子さんのスタイルなんですが、ぱっと見はC~Dぐらいではないか?

一番バランスがいいサイズですね。

日本人の平均がBが多いと言われている程ですので、C以上となるとバランス的にも一番異性から好かれるサイズでは無いかなと思います。

⇒亜樹直のワインや姉の樹林ゆうこ!自宅や伝説のワインが149万円!【マツコの知らない世界】

川井郁子の実力や実家は?

美貌とスキルを兼ね備えた川井郁子さん。

ヴァイオリニストという形での実力はと言われると、葉加瀬太郎さんと比較してると、葉加瀬太郎さんの方が上と言われる人もおりますし、アンサンブルとなるとソロで弾くほうが合っていると考えられています。

素人だとまったくもって理解していないストーリーとは言え、諏訪内晶子さんとは次元が別個のほど諏訪内晶子さんのほうが上と言われる人も存在しています。

しかしながら色っぽいヴィジュアルも込みで楽しませてくれるのは川井郁子さんを上回る人は不在では?と個人的には感じられます。

川井郁子さんといえば、息を飲むほどの色っぽい実情で演奏されると思います。

川井郁子さんを聞いてみると、 「女の人は全員綺麗になりたいと言われる気持ちを一人まるまるお持ちなはず。音楽も美容もその労力の扉をあけるもの」

本当にエステや商品を用いていると言われています。

プロフィールをチェックしてみても、何か人気が高いコンクールの入賞歴は存在しませんし、 その他にはストレートに言うと、 バイオリニストとしての実績は他の実績者と比べるとあまりありません。

クラシック業界は芸能界のようなもので、スターの誕生が重要です。

本来クラシックファンということは減ってきてますからね。

ヴァイオリンの実力は並としても、クラシックを熟知していない人からしたら超絶うまいわけではないでしょうか。

もっと言うなら、彼女自身も割り当てられた立ち位置を間違いなく理解していると断言します。

自分自身の実力が世界から見たら並なのだということというものは、音楽を繰り広げていれば百も承知のはず。

マターは、テレビやメディア、アナウンスの演出が過剰であることに存在します。

有名人の実家が注目している理由として、実家が金持ちというプロセスがほとんどだと思いますが、川井郁子さんの実家も金持ちなのでしょうか?

現実的にバイオリンを行っている人は裕福な家族というフィーリングがありますよね。

楽器も必然的に高いとは思っているのですが、レッスン料等も割とかかると思いますね。

裕福なファミリーじゃなかったらおそらく、バイオリンを習わせることなんて出来ないと断言します。

とは言っても、調べたところ、川井郁子さんの実家はそこまで金持ちという理由ではなく、よく耳にするサラリーマン世帯のようで以外でした。

今後の活躍に期待です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする