山口剛史(イケメン)の結婚相手(妻・子供)や年収!高校大学はいかに!【行列】

「行列相談所」にイケメンカーリングの山口剛史さんが出演されます。

山口剛史さんの今現在の活動や結婚相手の妻(嫁・子供)などをピックアップして行きたいと思います。

山口剛史さんの年収や稼ぎと、腕の刺青なども話題になっています。

今回はそんな山口剛史さんの武勇伝から、山口剛史さんのプライベートまで見ていきたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

山口剛史の今現在や武勇伝

名前:山口剛史(やまぐち つよし)
生まれ: 1984年11月21日 33歳
身長 174cm
体重 75kg
B型
出身:北海道

アスリートという形では求められている筋肉。

そういった筋肉でしょうが、山口剛史選手のケースでは競技という理由で鍛えているのはわかるのですが、どうやら筋肉大好きで自分自身念願のナルシストの遍歴が見え隠れしていきます。

その証拠にご自身のブログでは筋肉ついてのワードが多種多様! それに加えて、ご自宅に体操で採用する吊り輪まで開設していると推定されます。

そのシーンの投稿の画像というプロセスが何がどうなってこうなったのかは不明とは言え、犬を抱いてのショットとなっていました。

どちらにしても、山口剛史が犬と共に写っていた。

その上練習中ですし、脱ぐ必要はないかと断言しますが、やはり自分自身の筋肉美が好きなんだと思います。

たしかに、ボディービルダーと比較して遜色ないエグいフィーリングの筋肉では無く理想的に筋肉がついていて凄いのですが、山口剛史選手はナルシストなのかと思えてきます。

自分自身の筋肉が好きなフィーリングと言う理由で、ナルシストだとしてもおかしくはないですが、個人的に山口剛史選手ってナルシストなのかってイメージしていました。

自撮りで多角的にトレーニングしている感じなどもあり、インスタでよくあるインスタ映えみたいな感じで鍛えているインプレッションをよく写しています。

以前にはラグビー選手という形で活躍をされていることがあるんだとか…。

と言うのも、高校まではラグビー選手という形で奮闘され、あの五郎丸選手がいた佐賀工業とも勝負したことも合致したとささやかれています。

その他には中学時代はカヌーも推定されていて、世界を目的とする選手にふさわしいことも人気が高かったようですが、あるいは北海道で小学校からされていたカーリングもチャレンジされ、多方面で活躍されていた。

結果的には、カーリングを選ばれたと言われていますが、知らぬ間に筋肉質なポイントが納得できました。

次のオリンピックを目指されることも確かであると考えます。

スポンサードリンク

山口剛史の出身高校や大学は?

山口剛史さんの学歴は北海道の富良野高校の出身で、ロケ地という形で知名度のあるところですね。

富良野高校時代にはラグビーの二刀流だったそうで、あの知名度のある五郎丸歩とも戦ったことがありました。

大学は駿河台大学の出身で、大学の場合カヌー部に受持していましたが、後にカーリング一本に専念してオリンピック代表にに至るまでのレベルに到達しています。

あり得ないことかもしれませんがカーリングに従事する決心をしていなかったら、今ごろはカヌー選手という身分でオリンピックに出場していたかもと想定すると、ライフスタイルは何が起こるか知りえませんね。

という理由で、 次での山口剛史さんに快進撃を、出来る限りケアしていきたい。

⇒杉本真樹の結婚(嫁・妻)や評判と高校は帝京!年収やtedがスゴい!【情熱大陸】

山口剛史は結婚して嫁子供はいるのか?

山口剛史さんを現在知った女の人としては、結婚しているかどうかが注目しているところではないでしょうか。

回答から言いますと山口剛史さんは結婚されていて、ご婦人も美人な人ですし二人は仲良しで有名のようでした。

出会いは山口剛史のコーチの娘が最近のご婦人で、最初に会ったときに直感的な物をインプレッションしたと考えられます。

山口剛史の嫁はスピードスケート選手という形で奮闘していて、あの小平奈緒さんと国内で競い合うほどの実力の持ち中心的な存在だったとささやかれています。

世界の第一線で戦う根気を継続するためにも、嫁入りして内助の功を手に入れることは、大幅に中心的なファクターであるのは間違いないポイントですね。

山口剛史さんは結婚してますので彼女は不在なので、ご婦人は山口七重さんでトレーナーという形で奮闘していると聞きます。

さらに山口剛史には一人娘が存在しています。

山口剛史さんは「選手」とは言え、嫁は「コーチ」になると言わざるを得ません。

七重さんは、従来はスピードスケートの選手という形です。

中学3年生のときにひざを負傷してしまったと思われますが、自分自身の夢であった五輪を夫に任せていることも考えられます。

その上、「山口剛史」でリサーチすると、「山口剛史 タトゥー」と出てきます。

山口剛史選手って、体にタトゥーが入っているはずなのか? 結論から言えばタトゥーは入っておりません。

どういう理由で、こんな噂が傾向しているのかと噂されていますと、カーリングの対戦の時点で左腕にタトゥーと同様なものが見えたからと言う理由です。

しかしながら、これは実物ではありませんでした。

スポンサードリンク

山口剛史の年収はヤバイいのか!?

国内においてのカーリング人口は、約2,400人と把握し、それに加えて所属として公益社団法人 日本カーリング協会に参加し、一人当たり30万円を上回る賞金、謝金、出演料等のサラリーにおいて申告制ということになるので、協会の同意を得なければなりません。

それがあるので、カーリング選手は純粋にアマチュアスポーツと言う理由であり、カーリング選手に限った収入というのは、状況は0と言われる計算になると言われています。

選手各々企業に属したりしているため企業からのお給料がサラリーということになりそうです。

国内では女子が人気が高くなっていますが、勿論の事男子競技も存在します。 IOCの正式種目になったのは、2006年からで、国内は従来オリンピックメダルはゲットしていません。

試合中得点をゲットしてもアミューズメント性を露わにしない原則性があるため、フェアプレーの見本と考えても知名度のある競技となります。

ショットの呼び名、スウィーピングの掛け声など特殊な用語もほとんどではないでしょうか。

カーリング人口が何よりも多い国はカナダで、72万人いると認識し、国民的スポーツと言えるでしょう。

世界では、約108万人の競技人口が存在しますので、海外では思っている以上にメジャーなウィンタースポーツだと認識してください。

国内で一躍カーリング競技を普及させたのは、日本人という形で唯一にして初のアジア人金メダルの荒川静香さん出場のトリノ・オリンピックでのチーム青森の功績が大きかったように考えています。

チーム開設嘱託職員という形でメンバー2人が導入し、それもあってチーム青森となったと言えます。

ちなみにカーリングはアマチュアスポーツが原因で、選手という形でのギャランティは前述にあるとおりですが、職員という形で給与は事務職基本給16万くらいで、これにお祝いボーナスが幾つか付帯するインプレッションですね。

女性であれば、20万という形で年収240万~とずいぶん控えめです。

運営人員ですと、2~3万給与は下がりますが、知名度と後身の指示というやり方もあり、サラリー水準は前述にプラスアルファが妥当ではないでしょうか。

女子のケースではでは、途中で嫁入りもありえますから、20代で転職から計算し、30最手前で結婚と考えると、10年で2,500万も稼げば高い方となります。

そんな訳で、山口剛史さんの年収ベースもオリンピックなどで結果を出せばいいと思いますが、一般的にやっていてもそんなに稼げるビジネスでは無いことは確かですね。

いいとこ400~500万ぐらいの年収ではないでしょうか。

今後の活躍に期待です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする