甲山暁美の今現在やwikiと年収がスゴい!結婚(旦那)や化石専門店!【爆報フライデー】

「爆報フライデー」にザ・シュークリームの元メンバーで甲山暁美(こうやまあけみ)さんが特集されます。

甲山暁美さんはザ・シュークリームの主力メンバーとして活躍してきましたが、今現在はなんと化石専門店などを営み経営者として活躍されているんだとか。

甲山暁美さんのWIKIや年収などを詳しく見ていきたいと思いますが、甲山暁美さんは結婚して旦那や子供は果たしているのか?

経営者としての年収や資産はどうなのか?

かなり気になる事が多い甲山暁美さんですが、今回はそんな彼女の謎をピックアップして行きたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

甲山暁美のWIKIやプロフィールは?

東京都中野区出身。

1971年「ザ・シュークリーム」メンバーという形でデビュー。解散後、73年にはファッションモデルに嫁入り。

この機に空白時間が存在するが、その後もモデル業を再開。アンモライト専門ショップを経営する実業家でも存在する。

1971年に「♪恋の五ヶ条」でデビューしたアイドルグループ 身長170㎝、8頭身の外見のスーパーボディー メンバーの思考法のギャップからほんの2年で解散。

その後、甲山ミス・ユニバースの準ミスに輝くが1974年、急きょ、芸能界から姿を消した ここ数年は、甲山暁美は化石屋の社長をしてくれている。

48歳時点で父の企業を継ぐ 光る化石を販売するショップの社長に。

アンモナイトの化石を磨くとアンモライトと言われる宝石なのだという。

これに関してはダイヤモンドの1/10000しか採れないという理由で、幻の宝石と呼ばれている 店でダントツに高水準であるのは1900万円!

彼女は、 浅草のブロマイドショップ・マルベル堂さんをのぞいてみたんだそうです。

そうしたら、ビックリしますが私たち『ザ・シュークリーム』のブロマイドもリリースしていました。

解散から40年近いのに、まだファンの人が見受けられるのかと思ったら、思っている以上に感激でしたと語っている。

宝石化したアンモナイトの化石を販売している『アンモライト ミュージアム』を経営。肩書きはカナダビジネスサービス代表取締役社長なのだという。

芸能界を目指したポイントはオーディション。

惜しくも準優勝だったが、プロダクションと契約しその後芸能活動をチャレンジさせた。

今で言うセクシー路線だったという理由で、衣装はミニスカがほとんどでて恥ずかしかったと語る。

不本意ながらヒット曲に恵まれないままグループは解散。

とは言え、自身は「ミス・ユニバース」準ミスに輝き、その後はモデルの世界で大活躍していました。

スポンサードリンク

甲山暁美の会社はどこ?

甲山暁美さんの会社である、カナダビジネスサービスは、カナダからの満足できる商品を国内に大規模にアピールすることを目標に、国内初のカナダ製品専用の輸入商社という形で、1981年に開設したわけです。

カナダビジネスサービスは、カナダ大使館、州政府在日事務所、カナダ観光局等のサポート体制を確保して、食品、衣類、民芸品からジュエリー、建材と幅広く国内マーケットへアナウンスしていると考えられます。

広範囲に及ぶ土地と十分に備わっている資源を有するカナダには、依然自分たちの熟知していない素晴らしい品々が眠っているようです。

将来においても、国内とカナダの文化の架け橋となれるよう、多種多様な抜群の商品と新鮮なインフォメーションを国内マーケットへアナウンスしてゆくことがカナダビジネスサービスへ割り当てられたコンセプトと思っていいでしょう。

アンモライトのチャームポイントは2つとしておんなじものがないという趣旨。ショップでアナウンスするアンモライトペンダントは、ひとつひとつの発色と模様が差が出てきます。

緑、赤、黄おのおのでどの色が強く表れているかによって、また切り口の影響を受けることで色がアレンジしオリジナルの表情を確立されています。

なかにはステンドグラスと同様な黒い道筋模様、が浮き出ているジャンルもあり、それら丸っ切りが個々に違った美しさと輝きを誇りますと甲山暁美さんは語ります。

会社名 株式会社 カナダビジネスサービス
所在地 〒152-0003 東京都目黒区碑文谷6-4-19
代表者 甲山 暁美
設立日 1981年12月8日
TEL/FAX 03-3712-4471/FAX:03-3712-4796
資本金 1000万円

甲山暁美は結婚して子供はいるのか?

担当直入に言うと甲山暁美さんは嫁入りしています。

結婚後は2児に恵まれ育児に専念。

その他には離婚後の97年からモデル界に再び就職し、有名企業のPRに出演。

今もって花王と契約中で、セレブ向け雑誌の広告モデルとしてアンモライトのお役回りも醍醐味のある。

カナダ・アルバータ州の限られたエリアでしか採掘出来ないので、想像以上に大事な宝石だと断言できます。

それに匹敵するだけに、これまで以上に認識したとしてもらいたいですねと熱く語る。

⇒すみれ彼氏と破局(別れた)!原因や元彼の中村玄也や上田大輔との関係!

甲山暁美の年収はヤバイいのか!?

甲山暁美さんは化石専門店を営んでいるので、中々ないビジネスです。

なので、化石屋の稼ぎや年収たるものがいかがなものかなのかが全く未知数です。

そんでもって、ここでは化石屋がいくら稼いでいるのか全く検討もつかないので例えて石屋の稼ぎを見ていきたいと思います。

今の御時世活躍中の石材店だってあるには存在します。

これまでにの石材店が左団扇で暮らしていたのは真実ではないでしょうか。

現在と同様に取り巻く経済環境がバラバラになって過ぎますからね。

今と過去のギャップとは自社加工なのだということ言い値でモノが売れること国産石がメインなのだということウェブサイトメディアがないこと。

地域に石屋が当たり前であったこと順にチェックしていきます。

自社加工なのだということ無論、目下でも自社加工をしている石屋も存在します。

とは言え、近頃は大しての石材店が、問屋での全国加工、その反対に中国での加工が集中的になってきていると推定されます。

戒名彫刻と言えるものは自社で実施すべきこともほとんどではないでしょうか。

利益率で考えれば、一から十まで自社加工/施工まで出来た方が、ギャランティ率はアップしますよね。

であるなら、どういう理由で今それをしないのか? 結論はシンプルです。

『売値がアップし過ぎてしまうから』だと断言できます。

そこにクライアントのニーズは存在しません。

加工設備/機械を登用し、ひとつひとつの職人を雇い、商品をプログラム/販売/加工/施工を行う。

それに匹敵するだけのエネルギーを込めてしまうと、思うようには売値がかさばってしまう背景にあります。

もっと言うなら対して、問屋での国内加工や、中国での加工に頼った方が、自社で全体を賄うと比較しても、失敗の可能性やコストが抑えられることに結びつくになると言えますね。

言い方は悪いとは言え、これがまかり受かる根拠ですね。

にも関わらず、自分自身はコレを悪いこととは思いません。

だって資本主義環境のサイクルの内から競争している訳ですから。

クライアントが何を希望するのか? その事情を反映して必要性に応えることができてこそです。

昔ながらのふんぞり返った売り手市場で食えれば、それがラクに越したことはないと言えますけどね。

世間一般の石屋の社長の場合、それこそサラリー600万円クラスが自然なんじゃないでしょうか。

ここの部分を事務職や職人レベルでイメージして、同一のレベルのサラリーを払えるわけがないと言えます。

ただ今回の化石屋専門としている甲山暁美さんの様なビジネスモデルでは完全に専門に特化していますので、需要がある人にはニーズがあるように思えます。

なので、商品やサービスは少なくとも求める人はいますし、そんな人達をリピートしていけば間違いなく儲かるビジネスモデルではないでしょうか。

管理人の推測では、少なくとも甲山暁美さんは1000万以上の年収は得ていると思います。

今後の活躍に期待です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする