伊與田康博(鳥もと店長)のwikiや経歴プロフ!結婚(嫁・彼女)や年収!【アウトデラックス】

「アウトデラックス」に鳥もと店長の伊與田康博(いよたやすひろ)さんが登場です。

伊與田康博さんの今現在やwikiがないので経歴やプロフィールなどを見ていきたいと思いますが、その他にも結婚や嫁、彼女の存在や年収や稼ぎなどはいかがなものか?

かなり謎が多そうですが、果たして伊與田康博さんのプライベートはどうなんでしょうか?

そのへんを見ていきたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

伊與田康博のWIKIや経歴プロフィール

店を支えて20年にもなる北海道出身の鳥もと店長の伊與田康博さん。

居酒屋ファンで荻窪の鳥もとを熟知していない人はいないと言われている存在です。

キャリア、状況、あるいは勿論の事酒に肴…居酒屋という形でのこの店舗のポイントは信じられないほど多数ありますが、そうだとしても何はさておき「名物」は、大将の伊與田康博さんではないでしょうか。

1回会ったら忘れることができないパンチパーマ状態。

1回聞いたらしっかりと脳内でリフレインしてしまうダミ声。

その強烈な第一インプレッションのという反面、心遣いは驚くほど繊細で何事に関連して直球で全力勝負。

今回、そういった鳥もと店長伊與田さんに迫ってみたい。

焼き鳥屋「鳥もと」本店の店長なのだという伊與田さん。

商店街の会長も任務し、商店街の進歩は勿論の事、エリアのサクセスにも頑張っている。

荻窪駅前の再開発に至るまで先を見据えた展望を語っていますが、 話によれば、戦前からお寿司屋さんを継続していて昭和26年に焼き鳥を1種類か2種類出しチャレンジして、寿司屋を辞めて焼き鳥屋に変わったのが昭和27年だと言えます。

自営業で、トラックで海産物や野菜を運んだりする運送業を展開していました。

その他には東京より先に栃木に出て水道関係のお役回りで重機のオペを実践したりしていたんですけど、借金も合致したもんでこれじゃあ払っていけないと思い描いたそうです。

そんな時点でちょうど母が、人手不足だから来ないかって言ってくれて。それがキーポイントになると言えます。

串打ちとかもコンスタントにやったりしていたんですけど、設定テラスという理由で風が思っている以上に入ってきて、ほこりもすごい。

店トータルが、現実的に飲食店なのか? っていうぐらいの汚れ方をしていたんだとか。

過去は朝の10時から働いてたから、それぐらいに店に入って、ラストが深夜12時で後片付けしたりして帰るのは次の日の2時。

結局は2時間ぐらいしか寝ないで5時ぐらいに来て完璧にトライしていました。

これに関しては全部顧客のため。

なんぼ慌ただしい店舗でも、食べものを提供しているんだと言う理由で最低限のことはやらなきゃとイメージしていたそう。

そうしたら常連の顧客が「朝早くから何やってんの?」って。

汚いから掃除してるって言えば、こんなことやってる人いままでいないぞなんていう風に推定されてね。

酒屋さんからも一緒のこと言われたんだとか。

しかしながら駅の横と考えられる特等地とは異なりここは路地裏で認識しにくいところだったもんであるから、現実的に苦労したわけですと語る。

スポンサードリンク

伊與田康博の鳥もととは?

今までやってきた焼き鳥の味は地道に壊さないように持続させながら、1品料理で作り置きしておくつまみを入れたかった。

これに関しては、顧客が来なくて回転が悪かったから。

そんな意味から何をやっていいか途方に暮れて悩みに悩んでいたとき、たまたま後輩とある寿司屋に行ったらそこで焼き鳥を出してた。

そこで、築地直送と書いある刺し身や焼き鳥を眺めては、何が産地直送だよと思ったんだけど、これの逆をやればいいのかと閃いたそうです。

美味しいものをユーザーに安く提供するにはどうしたらいいか。先代の社長の「財布に心づくしの料金」と言われる信念が存在する。

魚屋にも勤務していたし、車で魚を運んでいた関係もありましてね。

築地じゃなくて産地直送。

ショップを通さないで流通のプロセスを壊すようなインプレッションで、安く仕入れて安くユーザーに出そうと。

場所が最低限でも美味しいものを提示していたら顧客はきっちりと来てくれる「鳥もと」は特別な存在ではないでしょうか。

父親と、母親といっしょに食べたカウンターが、いまは更地なって、バス停からは新しくなった中央線の外観が映るようになったケースでは、なくてはならないものがなくなったようで確実に悲しかったと語る。

酒場は、フリー店ではなく、そこに通った人間のライフスタイルの宝箱と似ているもの。ここで一切笑ってトータルで泣いたよねと。

鳥もとは、近年4代目が社長で、社長の親族でショップを預かる大将の伊與田さん兄弟が店の顔となります。

ここ数年の店が建つ土地は「鳥もと」が開設していて、そこにはまったカタチとなります。伊與田さんは荻窪銀座の会長を任務されるなど、このエリアの顔でもいる存在。

元を正せば思いのほか優しく、あるいは店のキャリアをつなぐ情熱をあわせ持つ人物。

先代の頃の「明けても暮れても通える安い店」を実施しつつ、駅前では破たんをしたことを補うために北海道の珍しい食材を仕入れ、その事情を取り扱う北海道酒場的な店という面があります。

店のキャリアと、大将のライフスタイルが織りなしてできたメニューをみると、この一皿オンリーでも考え深いものが想定されます。

それをオーバーして美味しいのというわけなので惹きつけられる。

このエリアは「やきとん」を「やきとり」という形でいるショップが多いと思いますが、ここは鳥がメイン。

豚のもつ焼き串もタン・カシラ・シロと言われるものを取り揃えています。

【鳥もと本店 】

杉並区上荻1-4-3

電話 03-3392-0865

営業時間 月~金13:00~24:00、

土12:00~23:30、

日・祝12:00~23:00

定休日 盆、年始2日ずつ休

⇒DJ BOSS(横田商会)の今現在や経歴やプロフと結婚(嫁)年収は?【マツコの知らない世界】

伊與田康博は結婚して嫁子供はいるのか?

さて、気になる伊與田康博さんのプライベートですが、果たして結婚して嫁子供はいるのか?

そもそもWIKIや経歴プロフィールがあまりないので、詳細などはわかりませんが年齢的には30代後半から40代ではないでしょうか?

だとすれば、結婚して嫁子供がいてもおかしくないですね。

ただ管理人の推測は独身の可能性もありますね。

なんせ今まで、店の事もそうですがかなり苦労や努力をしてきている人なので、女性と遊んだり交際していた時間などなかったんでないかと推測します。

まあ~こればっかりはわかりませんが、どちらにしてもありだと言う事ですね。

伊與田康博の年収はいかに!?

伊與田康博さんの年収はいかがなものか?

飲食店のオーナーや店長クラスでの年収はピンキリですが、そもそも伊與田康博さんはオーナーなのか雇われ店長なのかと言う事ですね。

オーナーの立場では、かなりの年収が見込めると思いますが、雇われ店長ではそんなに大きな年収を稼ぐ事はほぼ不可能ですね。

雇われ店長では毎月の給料が決まっているので、限界がありますし店舗の決定件も基本的にオーナー側にあると思いますので、やれることに制限がありますね。

ただ、オーナーであれば話は別です。

オーナーは、人を使える立場ですので人材やマーケティングによって大きく稼ぐ事ができます。

もし伊與田康博さんがオーナーであれば、相当稼いでいる可能性もあります。

鳥もとはかなり地元の人にも評価されているので、リピート客が多いと思います。

リピート客さえ安定的に通って貰えれば、売上も安定しますので伊與田康博さんがオーナーであれば最低でも1000万以上の年収はあると思います。

鳥もとは徹底して素材にこだわる!

いかなる時もプロフェショナルな素材にこだわるのが鳥もと流です。

マーケットで110本しか出なかった鮭児のうち72本を伊與田さんが買ったと言われる。

やがて魚のうまさもうわさとなり、店はその上軌道に乗った。 ずっと前から、焼き鳥屋の部門をオーバーしている。

北海道から空輸されてくる希少な魚から旬の野菜、豚ハツというものはフレンチメニューに至るまで。

焼き鳥のバリエーションにとらわれない所、そこがこの店舗のポイントなのだという。

『どんな時でも前進し続けている』それと同じ様な言葉が適した店舗。

高級魚で、魚屋で並ぶ価格が3000~6000円もするそうです。

そこを煮付で丸ごと一尾。贅沢この上なし。

しかしながら、煮汁の絶妙な味、上品な脂、すべてとっても妥協しない料理。

もはや焼き鳥店の枠を打ち破った料理屋とも言える。

今後の活動に期待です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする