廣津留すみれのwikiやプロフィールと母親が凄い!中学高校と今現在!【深いい話】

「深いい話」に廣津留すみれ(ひろつる)さんが特集されます。

廣津留すみれさんの今現在や、WIKIがないのでプロフィールなどの詳細を明らかにして行きたいと思います。

廣津留すみれさんの中学高校などの出身や、母親がこれまた凄い人みたいなのでそのへんの謎も解き明かしていきたいんですが、廣津留すみれさんは若くしてハーバード大学に行かれてるかなりのスキルを持っています。

そんなハーバード大学などに通えるキャパシティをお持ちの娘を持つ母親の立場でしょうから、母親も相当な偉大な人物だろうと思います。

早速見ていきたいと思います。

では。

スポンサードリンク

廣津留すみれのWIKIやプロフィール

大分市生まれの廣津留さんは、高校時代にヴァイオリンのコンクールで優勝。

その後、大分交響楽団と共演。ここへ来てハーバード大学生で数々の学力を学び務めていると考えます。

ここ数年は県内外のコンクール、コンサートのピアノ伴奏を任務されるほか、ピアニストと考えても様々な地域で幅広く行動を実行中です。

3歳からヴァイオリンを始め、アルゲリッチ音楽祭には史上最年少出場ハーバード大学に進学した廣津留さん。

卒業した後のことをお聞きした部分では「依然多種多様に想像しています」との事なんです。

大学では演奏のほかにも広範囲に及ぶイベントの業務に直結するなど、中心的な刺激を受けながら学生くらしを送っていると思われます。

米国ハーバード大学にパスし18年間塾なしで小中高12年間の学費がたったの50万円。

修士カリキュラムにパスし、学問と音楽の共存を果たして 母親はこう語ります。

「子どもが生まれてきたとき、『この人は将来から来た』と思ったんです。この先から来ていますので、最近の地球に関しては何も熟知していない。せっかくだから、一部分ずつアドバイスしていこうと考えました。」

何をおいても、この地球上に掲示されている多種多様な記号をレクチャーしてあげようと、廣津留さんは娘のすみれさんが幼い頃から、漢字、英語、フランス語、音楽の譜面から数式や絵などに触れさせた。

「広範囲に及ぶ記号が読めたら、現在の世の中のインフォーマルな部分が認識できるはずと言う理由で」 人から見れば、今の私たちは昔から古い現代人だと廣津留さんは力説する。

我が子をどんな方法で育てたらいいか熟知していないっていう悩みを話す親御さんがいっぱいだけれど、そりゃ理解していないですよ。

だって未来人なんですから(笑)。

未来人である故自分自身とは別スピリット。言い換えれば、我が子は誕生したときから自立トライしているということ。

夫婦は互いに選択して同時進行でなりますが、子どもは親を選べません。

そういう理由で、一人の自立した個人といった身分で尊重するべきことがキーポイントだと考えます。

育児は『未来人へのおもてなし』だったらと思えば思っている以上にやりがいのある。

と語っています。

スポンサードリンク

廣津留すみれの母親がスゴすぎる!

廣津留すみれさんの母親は廣津留真理(ひろつる まり)さんです。

主な経歴は、「株式会社ディリーゴ代表取締役、ブルーマーブル英語教室代表
一般社団法人Summer in JAPAN代表」ですね。

彼女もまた、英語・フランス語・イタリア語・中国語・アイヌ語をゲット。

大学卒業した後、フリーランスという形で英語とフランス語の講師仕事に携わり、娘の大学進学と共に大分市内で株式会社 Dirigoを企業。

幼児から大学受験生まで一部分して教える無学年制の新しいスクールを設立。

養成プログラム、育成プロデューサーという形で奮闘する。

オリジナルの手法「ひろつるメソッドR」で、ハーバード大学や東大、医学部ほか数々の有名大学へ生徒を送り込む。

留学アシスト体制や育児コンサルティングも実施し、日本国外の大学や大学院に進んだ OBもさまざまいる。

今までに3000人の子どもたちに英語をレクチャーしてきた。

「はじめから難易度の高水準のものを教える」と言われる逆転の発想を元に、わずか週1回75分のレッスンで、小学生が1年の範囲内でゼロからチャレンジして英検3級を上回るフィールドをフィニッシュ。

小学生が英語を身につけて躍進する「ひろつるメソッドR」は、汎用性が割高に、テンポ感のあるカリキュラムを好む層からの圧倒的な名を馳せている。

もっと言うなら、週1回のレッスンで、「通常の受験対策英語」ではなく、考える・聞く・記録する・言い切る、の英語4技能を高水準のレベルで鍛えることで数えきれないほどの高校生を英検1級パスに導き、困難大学合格レベルを超えた英語力をアレンジ。

教師という形でマネージメント責任者という身分で、年に数回海外に足を運びながら、現地の育成メカニズムや学生の活力をスクールに採用している。

広範囲に及ぶ基盤をもつゲストを迎えたセミナーを開き、グローバル育成を少しでも早く導入する。

広い範囲の層の子どもたちに「社会には豊富な選択肢が存在する」「得意を究極に至るまで伸ばす」「週末は平日と別個のことをする」を訴えかけた。

ただの英語スクールではなく、国語力と教養を鍛えるという意識が基本的な法則と考えられる思考法のもと、ファミリー環境の必須要素さを保護者に語りかける。

受験だけというわけではなく世の中に出ても奮闘できる人員のトレーニングを希求する。

⇒上白石萌音はかわいいし熱愛彼氏や性格いい!大学身長や水着画像!声優も!【行列】

廣津留すみれの出身中学や高校はどこ?

彼女の出身校は大分県立大分上野丘高校を卒業した後、慶應大に1学期通ったのち、米ハーバード大に入学。

音楽とグローバルヘルス。その後は音楽2団体の代表を任務して、シルクロードアンサンブルに参入。

その後も様々な音楽活動を行いながらサマースクール、Summer in JAPAN を大分に開設。

地元では有名なんだとか。

ヴァイオリニストの廣津留さんは政策学部と海外大学第1志望のハーバード大学、両方にパス。

ボストンで4年間学習と音楽の両方をやっていくことを目的とするライフスタイルを送っていた。

彼女のキャリアは以下の通りです。

・1993年大分市生まれ
・第59回全日本学生音楽コンクール福岡大会ヴァイオリン部門小学校の部第1位
・第61回同コンクール福岡大会中学校の部第1位
・全国大会横浜市民賞(聴衆賞)受賞
・2009年第18回IBLAグランドプライズ国際音楽コンクール(イタリア)でグランプリ受賞
・第9回別府アルゲリッチ音楽祭大分県出身若手演奏家コンサートに最年少で出演、以来同音楽祭関連コンサートに度々出演
・TOYOTA MEGAWEB CLASSICS、ヴァイオリンフェスタトウキョウ2009、湯布院にてギターとのデュオコンサートシリーズ、等これまで全国各地で数々の演奏会に出演
・2010年4月より2週間、ニューヨークのカーネギーホール、ニューヨーク大学をはじめ全米4州で演奏、好評を博す
・2012年6月、留学前に故郷の大分で大分交響楽団と「スコットランド幻想曲」を共演

ハンパないですね。

スポンサードリンク

廣津留すみれの今現在はいかに?

彼女の今現在の活動はアメリカジュリアード音楽院修士課程1年生。

様々な音楽活動やイベント、コンサートなどにも時たま顔を出すみたいですね。

同時進行で取り組んだのが2歳半からスタートしたバイオリン。

コンクールで優勝し、ハッピーになった。

英語とバイオリン。

「生活に2つの柱が存在するのはありふれたことだった」 と語ります。

高校は地元の進学校に入り、東大通過を目的とする特別ランクに在籍した。

重要ポイントは高校2年の春。バイオリンの演奏ツアーに参入し、未体験で米国に行った。観光でハーバード大の学生がアナウンスするキャンパスツアーに参入。

目を輝かせて自信たっぷりな状態にインパクトを受けた。

心を奪われたのは、学業に限定されず課外行動にも注力できるところだった。

「学業とバイオリンの両方を把握する条件は、東大よりハーバード大の方があるかも、と思った」。

最も努力したのは大学進学適性試験の取り計らい。

米国版のセンター試験と同じで理数系のフィールドが合致した。限定辞書を片手に、カリキュラムで習ったことを英単語に訳して熟知し直した。

幼い頃から一度でも決めたらぶれない。

ハーバード大受験は友人には話さなかったので、東大カテゴリーで探究をしながら、バイオリンの演奏も続けた。

孤軍奮戦し、パスした。

入学後に出会ったハーバード生の多才ぶりには驚いた。

探究に限定されることなく、演劇やコンピューターなど、一芸に高いのが普通だった。

習得は1週間に何冊も分厚い英語の本を読まねばならず「ホームシックなのだという暇もなかった」アナウンスするスキルではさらに努力した。

議論に焦点を当てているカリキュラムでは「意見を言えなければ存在しないのと同じ」と語る。

課外行動では音楽2団体の代表を任務。

企業から補助金を募り、会場押さえやキャスト選択まで責務を負う。トータルの9割が米国人学生。

マイナーな立場で皆をまとめる重圧感と戦った。

今後は世界で自分自身がどの程度通じるのか、もう少し頑張ってみたいとイメージしていると語る。

今後の活躍が非常に楽しみな存在です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする