吉田潤喜の妻(嫁・娘)と資産や名言がスゴい!自宅(豪邸)は?【世界なぜそこに日本人】

「世界なぜそこに日本人」にヨシダソース社長の吉田潤喜さんが特集されます。

吉田潤喜さんの今現在はヨシダソースの社長と代表をつとめます。

吉田潤喜さんの妻(嫁)や娘などはなにをされているんでしょうか?

さらに吉田潤喜さんの名言や資産や年収、自宅(豪邸)などはどうなんでしょうか?

今回はヨシダソースで活躍中の吉田潤喜さんについて見ていきたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

吉田潤喜がヨシダソースを作るまでの経歴や武勇伝

本名:吉田潤喜(よしだ じゅんき)

生まれ:1949年12月7日

出身:京都府

吉田潤喜は1949年12月7日生まれ、今では66歳ではないでしょうか。

国内ならば定年直後程、予想外に年はいっているんですね。

吉田潤喜は、京都府で7人兄弟の末っ子という形で育ちます。

少子化の現在、7人兄弟と言われるものなどはめったにいないと言えますよね。 テレビに大ファミリーという形で出られるレベルだと言われています。

身の回りも間違いなくテレビで実施されているようなスタイルだったと言われています。

ライフスタイルは苦しく、母親が切り盛り始めるレストランのギャラでようやくしのいでいるような事情。

いただきますのお祈りが済みましたら、 おかずの取り合いがおきるのが日常茶飯事。

想像以上に貧しかったそうです。

吉田潤喜のたくましさ、忍耐力を育んだのかもしれないですね。

ちなみに吉田潤喜会長は在日コリアン2世。

ご両親は韓国人となります。

吉田潤喜会長はアメリカ移住後にアメリカ国籍を入手されているはずです。

吉田潤喜は3歳の頃、ビックリしますが目に針がささって右目を失明してしまったと言われます。

目に針がささるなんてイメージするオンリーで痛いではないでしょうか。

目が見えない事が理由でバカにされる事も数多く、 なにくそ魂でゴタゴタにあけくれていたとささやかれています。

柔道や空手をスタートして育った事も合って、メンタル的にもフィジカル的にもパワフルな男という形でトレーニングするのです。

過去はヤンチャをしてた経営者の人ってどうにも、ほとんどではないでしょうか。

今日この頃のこの笑顔からは依然として想像がつきません。

元ヤンと想定されてみれば少しいかついような気も さて、20歳になった吉田潤喜はアメリカで挑戦します。

一人、異国の地に関しての努力。

くじけて日本に帰ってしまいたいと言われる気持ちもあったのではないかと断言します。

それと同じ様なタイミングのクリスマス。

道場生からのプレゼントにお返しが出来ないほど、ライフスタイルが切羽つまっていました。

幸福を超えて悔しく恥ずかしい気持ちになった吉田潤喜。

ようやく御礼することを望むと悩みます。

それと同じ様なタイミングで思い出したのが、母親が作っていた美味しいソースの味。

本人がみんなにプレゼントするのです。 そうなるとこれが流行ります。

収入を払ってでも求められるようになってしまうのです。 これがヨシダソースの根源となります。

ソースは醤油ベースのタレ。

当時のアメリカだと珍しいものでした。

その後、コストコと協力して急激に売上が激増 目下のところグループトータルでの年商が250億円にもなってくるようです。

スポンサードリンク

吉田潤喜の資産や年収はヤバイのか!?

一体、どんだけの報酬を得ているのでしょうか?

ほとんどだと思いますが、年商とはあくまで売上の事。

ここから社員にサラリーを払ったり、PR費等の費用を払います。

と言う理由で、サラリー2億円ということはひとつとしてらいすぎな気がするのです。

しかしながら吉田潤喜も1億円程はもらっていると推測されますね。

その上メディア出演や、本、の売上などがでっかいギャランティになっているみたいです。

収益は数百億円もあるとささやかれていますので、億万長者なのだという事には間違いないです。

⇒伊與田康博(鳥もと店長)のwikiや経歴プロフ!結婚(嫁・彼女)や年収!【アウトデラックス】

吉田潤喜の妻や娘は?

ご結婚されているんでしょうか?

結婚されているのであれば、どんな人が妻なのでしょうか?

数々の失敗を乗り越え、アメリカンドリームを達成した 熱い思いでセールスに取り組まれてきている吉田潤喜会長。女の人からしたら、想像以上に素晴らしい男性なのではないと思われます。

チェックしてみたところ、結婚されていました。

妻の名前は、リンダ・マクファレンさん。

相当承諾してくれなかったリンダさんに、吉田さんは半ば強引に結婚したのだそうです。

子供は、娘3人に恵まれました。 最初の娘は、リンダさんとブライダルしてから1年後に生まれました。

吉田さんが結婚したのは渡米してから少ししてからと言う理由で、20代前半に結婚したと想定されます。

そういう理由で、最初の娘さんはもう50代後半くらいだと言えますか。

担当直入に申し上げると、吉田潤喜会長はアメリカに渡って少しした後、大学に通っていると考えられます。

その時に一目惚れしたのが現実の妻、リンダ・マクファレンさんとなります。 ビックリしますが出会って2週間で結婚しています。

妻の父親からの猛反対も幾度の説得で無事結婚まで行っていますね。

スポンサードリンク

吉田潤喜の自宅や豪邸はどうなの?

かくして「ヨシダソース」は、大企業と同時に、今や中小企業局が選出する全米社の殿堂入りを果たしている。

従来の空手の教え子の中には大企業の創業者の次男がいた状況も幸いし、エアソールポイントの輸送の独占契約を締結。

一年間で2億足分を輸送するキーポイントも掴んだ。「ライフスタイルはまるまる不注意から。

ソースを思いついたのだって、貧しくてクリスマスのお返しがほぼないから手作りした不注意がポイントだったからね」。どんなタイミングでも「不注意」から画期的な一手をゲットするのが吉田の思考法だ。

とは言っても、「不注意」に襲われたことも出現している。

住宅付きゴルフ場のマネーゲームへの失敗だ。

当時バブルの渦中に合致した日本人の仲間と同時に大規模トレードを行ったが、国内のバブル崩壊により相次いで撤退、残されたのは月毎に維持費300万円と言われる建設中のゴルフ場だった。

自宅や豪邸を売却、ゴルフ場の中のちょっとした家に引っ越し、「ソース事業も売ろうかと思った」と考えられるほど追い込まれたと言います。

今では成功して豪邸などに住まれていると思いますが、当時は失敗の連続だったそうです。

⇒堀越希実子の性格や若い頃と小林麻央との関係!旦那や年収がスゴい!【サワコの朝】

吉田潤喜の名言もスゴイ!

吉田潤喜さんはよく講演会を行います。

その中で、一生涯重要な敵なのだという「見栄」をコントロールし始める。

見栄を張っている事に気づいたら、受け入れながらさらけ出すように。

信用されているとか支持されているじゃなくて、目標に「安心」してもらう。

見栄を捨てて不安なくもらえる行為をじぶんのインプレッションで実行する。

こんな学びが合致した講演会だと評判が高いと思います。

大学時代は、広範囲にわたる講演会・セミナーに所属していましたが社会人になり加盟することは一段と減りました。

講演会と比較して人が集約される場所に出向いて学ぶのもやりがいのあるなと見つけ出した講演会と口コミもあります。

吉田潤喜さんの名言は、

生きる原動力となるパッションを持ってほしい

競争や戦うことも人生には必要

敗者にチャンスがある

金儲けではなく、人儲け

吉田潤喜さん、アメリカ国籍をゲットしたので、韓国国籍は放棄したのでしょう。

アメリカは多重国籍を認めていると断言しますが、韓国は認めていないようというわけなので。

と言う理由で、そもそも国籍は韓国でしたが、最近アメリカ国籍のみだと考えられるでしょう。

今後の活躍に期待です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする