DJ BOSS(横田商会)の今現在や経歴やプロフと結婚(嫁)年収は?【マツコの知らない世界】

「マツコの知らない世界」に横田商会ことDJBOSSさんが登場します。

DJBOSSさんの今現在はDJと言うネーミングの通りDJ活動をしています。

DJBOSSさんの本名は横田聡(よこたあきら)さんと言うらしく、経歴やプロフィール、結婚などの嫁妻子供関係、年収などはどうなんでしょうか?

DJBOSSさんはパラパラ時代をほうぶつさせるDJ活動を行っており、その当時の時代を履け走ってきた人であれば懐かしいんではないでしょうか?

今回はDJBOSSさんの今現在の主な活動や、経歴、プロフィール、結婚や嫁子供などをピックアップして行きたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

DJBOSSの経歴やプロフィール

本名:横田聡(あきら)

生まれ:1968年3月10日

年齢:50歳

何はともあれ、元々は何人組なのか。

そこからだと思いますが、 このユニット「横田商会」は、DJ BOSSさん、DJ Remo-conさんの2人で組み立てされているのではないでしょうか。

人数的には「ユニット」と言われるよりコンビだと考えられますよね。

そのDJ BOSSさんのプロフィールですが 今日までのキャリア等を詳しくみていくことが大事だと思います。

そもそも、90年代に好感度を博したディスコチェーンMAHARAJAのDJだったDJ BOSSさん。

ここ数年は、横田商会でタッグを組んでいる相方のDJ Remo-conさんもこちらに受持していて知り合ったとか。

自分自身は当時を熟知していないので、多種多様チェックしてみたのですが、全盛期のMAHARAJAは凄い視線で、日本中にショップがあったと囁かれています。

その他には、DJ BOSSさんが在籍した横濱店は、 ディスコブームが去った経過後もしばらくルーティンワークを続け、全国各地で1番最後の直営店だったとささやかれています。

ディスコと言われる物はTVでしか把握していないので世代となっていますが、 タイミングが出たら自分自身も一度トライしてみたいなと感じ入りました。

ちなみに、当時の運営ショップとは異なる運営企業となっていますが、 ビックリしますがここ数年は、MAHARAJAが日本中で復活設立しているそうとなっています。

その他には、パット見に非常にオーラを感じ入りました。 しかしながらDJをやる人なんでやはり内訳ははっちゃけているだと思います。

SNSなどをチェックしてみると 「永遠にDISCO DJ」 なんていう風に書いているという理由で現実にDISCOを愛している人なんだというフィーリングを受けました。

将来においてもっと言うならパラパラブームなんかがやってくると、 支持率が急上昇していくことも想定されます。

スポンサードリンク

DJBOSSの今現在はどうなの?

注目しているDJ BOSSさんのルーティンワークなんですが、ここへ来てゲーム音楽のDJ等をされているのではないでしょうか。

実際的にどういうキャリアがあるのか気になったのでチェックしてみました。

avexからリリースされて巷で話題の「スーパーユーロビート」シリーズの総合プロデュースや、 支持率が高いアニメ「ONE PIECE」のセッティングCD のセッティングを手掛けられていました。

正直、常識的にはさほど知名度のある人ではないと考えますが、 ONE PIECEのアレンジCDに携わられると聞くと、凄い人なんだと判断できますよね。

やはりセッティングを加えられただけで、自分自身も気になったら認識してみるといいですね。

DJという形での実践の傍ら、目下のところ全然廃れ過去の物となってしまった 「パラパラ」ブームが再び顔を出す事を願って行動されているように思います。

正直、パラパラと呼んでもいいものは古いなとイメージしてしまうのですが、 今回の出演を機にチャームポイントを認識してみたいなと考えます。

⇒小栗了の結婚(嫁・妻・子供)や今現在の仕事は?年収や作品がスゴい!【さんまの転職】

DJBOSSは結婚して嫁子供はいるのか?

これに関しては、ほぼデータがありませんね。

もういい年だと思うので結婚して子供もいても全くおかしくないですが、この手の仕事をされている人達って結構自由人が多いので独身の可能性もあります。

特にDJって結構色んなところを回っての作業なので、時間が限られる職業だとも言えますね。

もし、独身であれば本当に横田聡さんはDJが好きなのかもしれません。

自分の結婚より、DJの魅力を優先している訳ですから、本当に音楽が好きなのかもしれません。

今の時点では横田聡さんが結婚しているのか独身なのかはハーフ・アンド・ハーフですが、どちらにしても音楽の魅力に取り付かれているのは間違いないでしょう。

スポンサードリンク

DJBOSSの年収はいかがなものか?

世界で何よりも収益をあげるDJカテゴリーを見ていきたいと思います。

首位に立ったのは5年連続してナンバーワンの座を守ったカルヴィン・ハリスで、収入は4850万ドル(約53億円)だった。

とは言っても、本年度際立った注目株と言っても良いのは “謎の覆面DJ” という形で人気を集めているマシュメロではないでしょうか。

その名の通り巨大なマシュマロと同様なマスクを被ってプレイする彼は2015年にいきなり現れ、デビューアルバムで1位をゲットした。

マシュメロのコミッションは一晩で数十万ドルとも伝えられ、精力的なツアー行動によりたった一年で約23億円のコミッションを賭けた。

そのバックグランドにはマシュメロやザ・チェインスモーカーズの2名が新たにカテゴリーに加わったという考え方があげられる。

昨年、ストリーミングで22億回再生を上回る支持率をゲットし、報酬は3800万ドルに達した。

コールドプレイとコラボしたその注目度を押し高めるファクターとなった。

自分自身のDJをスタートした頃、ダンスミュージックはアンダーグラウンドなバリエーションだった。

ラジオでかかるようなよく耳にする音楽ではつなげられないと取材に応えた。

カテゴリー作成にあたり1年間の各アーティストのギャランティを予見した。データに際し音楽メデイアのデータも参考とした世界の高額報酬DJは次の通りです。

1位:カルヴィン・ハリス 4850万ドル(約53億円)
2位:ティエスト 3900万ドル
3位:ザ・チェインスモーカーズ 3800万ドル
4位:スクリレックス 3000万ドル
5位:スティーヴ・アオキ 2950万ドル
6位:ディプロ 2850万ドル
7位:デヴィッド・ゲッタ 2500万ドル
8位:マシュメロ 2100万ドル
9位:マーティン・ギャリックス 1950万ドル
10位:ゼッド 1900万ドル

ヤバいですね。

これぐらい稼げる仕事であれば、夢はありますね。

実際にDJBOSSさんの年収や稼ぎに関しては、今の時点では知名度はあまりないのでこれからが勝負と思いますが、ライブやCDのリリースなどを強化していけば年収1000万クラスも目指せるんではないかと思います。

DJ・KOOさんなどはTRFの時はかなり稼いだと言われていますので、やはりどんなビジネスでも売れてナンボですね。

今後の活躍に期待です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする