ヒューグラントの嫁(妻・子供)や性格がスゴい!若い頃がワロタ!

ヒューグラントが結婚され新しい嫁や子供をオープンにしました。

ヒューグラントと言えば、性格や若い頃が話題になる人気映画俳優ですが今回は長年独身を貫いてきた封印を破り、結婚されたと言う事で日本でもファンが多いので注目されるだろう。

ヒューグラントは嫁(妻)との間に子供がいて過去お付き合いしていた人物との間も子供がいる。

性格的には、結婚生活とは浮気が必要とかずっと同じパートナーとライフスタイルを送れる人を尊敬するなどの事を公言していますので、ある意味ちょっと変わった人なのかも知れない。

今回はそんなヒュー・グラントのここまでの武勇伝を語って行きたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

ヒュー・グラントの経歴や武勇伝は?

映画モーリスがヒット。美青年俳優という形で有名に。

それが過ぎた後しばらくは支持率低迷。

94年に「フォー・ウェディング」で好感度が再燃。

以降、ロマンチック・コメディで持続的ヒットをとばしまくる。

ロマンチックコメディ映画の再ブームも彼が仕掛け役になったと言っても過言ではない。

ノッティングヒルの恋人、ブリジット・ジョーンズの日記、ラブ・アクチュアリーなど国内の英国美青年ブームもこのヒュー・グラントが仕掛けた。

オクスフォード卒インテリのフィーリングで、独身主義もやむなしと予測されていたヒュー・グラントが50才を過ぎ、立て続けに恋人やその上隠し子発覚にはびっくり。

出生証明書はチェックの元、作成記帳されるものですから、父親なのは高いではないでしょうか。

おそらくヒュー・グラントが、アナさんと、その長男という理由で依頼したのでは?と言われる見方も可能になります。

スポンサードリンク

ヒュー・グラントの今現在の結婚した嫁や子供は?

現在の嫁子供は アンナ・エバースタインさん アンナさんはスウェーデン出身。

ロンドンでスポーツ放送番組のプロデューサーをしていてヒュー・グラントと交際。

2人の出会いに関しては、とあるパーティと言われる噂も見受けられますが、オープンになっていません。

嫁さんはテニスの国際試合を観戦する状態もよく目撃されているのではないでしょうか。

嫁さんは健康的な美人と言われるフィーリングですね。

ヒュー・グラントの子供は4人となります。

ヒューには、アンナさんとにかけて2人、ティンラン・ホンさんとにかけて2人、合わせて4人の子供が存在するはずです。

ティンランさんとヒューは、ティンランさんが務めていた中国レストランで出会い、間違いなく付き合いだしたのは2011年からとささやかれています。

それから、すぐ子供が誕生したんですね。

タビサちゃん 5歳フェリックスくん 4歳  ジョン・マンゴくん 4歳 女の子1歳 ティンランさんとの第二子フェリックスくんと、アンナさんとの第一子ジョン・マンゴくんが誕生したタイミングが気になりましたが、ヒュー・グラントは2人の恋人と別れたりくっついたりしていたとささやかれています。

それもあってもアンナさんのファミリーもヒューの事を支持していて、ビックリするほど最適な関係を確立した上でいると言います。

目下のところヒューの子供が増加するのか、エンターテインメント性が高いですね 。

しかしながら彼はインタビューで僕は結婚を信じるジャンルの人間じゃないんだと語った。

彼にして3人の子供の父親でもあるヒュー。

おっきい例は殆ど見たという意識がなくて、多分僕のライフスタイルで5組くらいかな。結婚は逆効果でお互い不幸にあたるだけだよと語っているみたいです。

子供に至るまで、 隠し子の噂などもあり アナさんは、ヒューの長男を産みました。

ヒューとホンは結婚していないので、一応倫理上は何の問題もありませんが、同時期に2人のご婦人が、妊娠したため話題に。

今まで以上に詳しく見ると 3人の赤ちゃんのうち、2人はティンラン・ホンとの子供です。

⇒浅田舞の熱愛彼氏はtaka!結婚や子供の妊娠出産は!元彼カレ関係を暴露!

ヒュー・グラントの性格がスゴい!?

彼は結婚に関する独自の視点を持っていますね。

彼いわく、「僕は結婚に専心するフランス人やイタリア人を真剣に尊敬する。彼らはブライダルと言われる絆を相当迷うことなく思案している。だとしても午後5時になったら彼らを訪ねて来た誰かが家にいるかもしれないといったことも熟知している。しかしながら、その事情を黙々と自慢しないし、相手には言わない。それが結婚を保持するんだと想定する」

と語っています。

ヒューは、結婚プロセスを「ロマンティックではない」とイメージしているそうで、人類がずっと1人だけに限られた相手に愛を誓うと言われるのは不可能だとイメージしているという。

「自分にぴったりの相手と結婚することのすばらしさは僕にもわかる。お互いが親友同士になって、仲良く暮らすんだ。だけど、人間はたくさん過ちを犯すものだからね。40年も人間が1人の相手に誠実で、他に目移りしないでやっていけるかって?そんなはずがないよ。誰がそんなことを言ったんだろう。聖書か何かだろう。結婚はロマンティックじゃない。自分を閉ざしてしまうことだよ」

とヒューは熱弁している。

スポンサードリンク

ヒュー・グラント若い頃がワロタ!

ヒューはハンサムなんだけども、口元とタレ目が下がってニ枚目を演じる柄ではないとイメージしていた。

彼の第一インプレッションは「クラゲみたいな人だな」と思いました。

クラゲと言っても乾物になったものでないく、海に漂う生のクラゲです。

なんかユラユラしてしゃきっとしてないし、自分自身の目にはクラゲに見えた なんていう風に言いつつ彼の出演する作品は、たいがい見ている。

「ブリジット・ジョーンズの日記」でのダニエル役は、ハンサムでスノッブな卑怯男ではありますが、彼のインプレッションにピッタリで非常に彼に沿った役でした。

ルックスと薄情な環境が一致した、これもハマリ役だったと断言します。

ハンサムとは言っても抜けてる顔しているのに2枚目役が結構あるので、違和感が合致したのに、この作品をチェックして全然好きになりました。

とにもかくにも、ヒュー・グラントの若い頃は少年の様ですね。

中々異性に人気があるのが理解できます。

今後の活躍にも期待です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする