平山博文のクラゲの飼い方(飼育)方法や経歴とオススメは!年収も!【マツコの知らない世界】

「マツコの知らない世界」にクラゲマニアの平山博文さんが特集されます。

平山博文さんの今現在の活動はクラゲの魅力にとりつかれたマニアのようですが、本業はエンジニア的な事をしてるみたいです。

そんな平山博文さんがオススメするクラゲや、正しい飼い方や飼育方法など、本人の経歴や年収などにも迫ってみたいと思います。

確かに、見るからに癒やされてかわいいクラゲですが、クラゲ専門のマニアがいたとは中々珍しいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

平山博文の経歴やプロフィール

クラゲの理想的な虜になってしまったエンジニアの平山博文さんがマツコの知らない世界で、クラゲのポイントに関連して語ります。

透明で、ゆらゆら動くように泳ぐ外観が、プレッシャー社会で生きる人に癒しなのだというとクラゲのみの水族館もできるくらいクラゲはブームと言えるでしょう。

クラゲをファミリーで飼うことができるってほんと?そういったストーリーも聞くことができるのです。

神奈川県に住む会社員・平山博文さん。 藤沢市内の会社に責務、普段はシステム開発と言われるものを実施されている技術者となります。

16年前にたまたまファミリーで出かけた「江ノ島水族館」でクラゲの展示を見た瞬間に、「この不思議な生き物はなんだ」と関心を持ったことがキーポイントでクラゲとの付き合いが始まりました。

その頃は、現在のようにクラゲがメジャーで結びつかないために、クラゲに対するデータがさほどなかったので、日本中のクラゲ研究者たちの連絡先をリサーチ、自分自身の足で直接教えを乞うなどしてデータを深めていき、ジェリーフィッシュと言われる、研究者や水族館関係者等のスペシャリストと日本中のくらげ好きが集う共同体HPをオープンさせるまでになりました。

スポンサードリンク

平山博文は自分の本まで出版してる?

「くらげる クラゲLOVE111」

山と溪谷社 くらげの生態、毒、飼い方等の基礎データをまとめたディープな一冊。

WEBページを見た山と溪谷社の編集者から「過去にないくらげの本を組み立てたい」とのオファーを依頼され執筆を決心したものです。

平山博文さんがともかく興味を示したのは、生態以外の一面。キャラクター、音楽、ゲーム、妖怪、文学にも信じられないほど多数登場するくらげたちを、広範囲の着眼点から解明し、そのチャームポイントを紐解いていると考えられます。

「フリーの海水浴場の厄介ものじゃない、くらげを熟知してほしい」とくらげマニアの第一人者・平山博文さんは語っていると推定されます。

「ほんわかクラゲの醍醐味」 写真が珍しくなく登記されていて、ゆらゆらと水に中を漂うクラゲの外観を楽しみたい、癒されたい人やレポートがいっぱいいるのが苦手な人にはお勧めの本となります。

クラゲの生態から、図鑑、観賞可能な場所、クラゲに関連したデータ、それに加えてクラゲと同時にお散歩。

など、多種多様な角度からクラゲのチャームポイントがたっぷりアピールされているはずです。

理想的なクラゲの様子に、癒されること間違いなし。

クラゲには脳も心臓もないのに、どんなふうにして自身たちと同様に動いて食べて大きくなって繁殖するのか?

クラゲは時間差で身体トータルが脳で対応したり、心臓で対応したり、胃に、腸になってライフスタイルしてるなどと思われること、そのほかにもクラゲの不思議が多数あって書いてあり、思っている以上に楽しく、クラゲが格段と好きになる1冊ではないでしょうか。

⇒中村祐介のおにぎりや結婚(嫁・子供)と年収!高校や大学も凄い!【マツコの知らない世界】

正しいクラゲの飼い方(飼育方法)とは?

クラゲを家庭で飼うには、水槽に海水を入れてクラゲを入れたらいいのですが、クラゲがふわふわ、ゆらゆら漂うというプロセスが可能なように水流が起こる機械とクラゲの住む条件が四六時中きれいなのだというようにろ過器をつけるなど緻密なことが求められます。

しかしながら手間もかけずに家庭でクラゲが飼えるように、クラゲ飼育専用水槽が存在します。

何よりも、クラゲは海にいる生き物と言う理由から 海水で飼育することが必要です。

しかし、海水を海から組んでくるなんて困難ですし 調理用の食塩を用いても海水は作れません。

そうするために、海水を作るための「海水の素」で 海水を作ってここの部分を飼育水という形で利用します。

それ以外はクラゲ専用の飼育セッティングを買って 惹かれるクラゲを迎え入れれば準備完了。

ここで外すことができないのが「クラゲ飼育セット」となります。

世間一般の水槽で飼育するには、水槽内に適度な水流を作り 水質を効果的に保つろ過装置にクラゲが吸い込まれないように 取り付けて・・・・など難しいんです。

なのでクラゲの飼育用セットでシンプルに クラゲを飼っちゃおうってストーリーですね であるなら、クラゲを余裕しゃくしゃくで飼育可能な水槽セットを購入しよう。

完璧な物からお手軽なものまで見受けられますので ご自身に合った水槽をセレクトすると良いでしょう。

スタイリッシュな水槽はクラゲ専用に考案された 初めてみる水槽で、これ一台で 照明、濾過器等の トータルの活動が内蔵された相当な優れものです。

それに加えて、 中には搭載されている機械が見えないため インテリア性が本当に高く満足してもらえる水槽だと言えます。

その他には、照明はリモコンタスクが可能で明るさをセッティング可能になります。 アマチュアこそこのような水槽が良いと思うのですが 。

まあ、変な水槽セッティングを買って買い換えるハメになったり クラゲを死なせてしまうことを想定したら 初めから期待できるものを買った方が結局のところ 安く済むかもしれないですね。

予想外に簡易的な水槽で空気を送り込むことで 水流を組み立てクラゲをくるくると泳がせる等の 水槽と言えるでしょう。

正直、ヒーターやフィルターが不在で 経験の浅い人にはお勧め出来ないと言えます。

簡易的なものになればなる程 飼育者のアビリティーが必須になってきますので あるスケールのチャレンジやデータのある人が お手軽にクラゲの飼育を実行する水槽ですね。

スポンサードリンク

飼いやすいクラゲってあるの?

・サカサクラゲ

名前のとおり、普通のクラゲが逆さまになっているような様子をしています。

水中を回遊することはなく、海底に沈んだスタイルとなります。

従って優美さには欠けますが、そもそも沈んでいるカテゴリーと言う理由で水槽に動向を生み出すことが不可欠ではありません。

餌はプランクトンを与えますが、光を浴びて光合成も実施するから、餌が足りない状況が理由で弱ることが少なく経験の浅い人でも飼いやすいとなります。

・ミズクラゲ

想像以上に人並みで、海辺や漁港などにおいて漂っている箇所をシンプルに見つけ出すことが実現可能です。

他の種と照らし合わせると丈夫と言う理由から、飼いやすいんではないでしょうか。

とは言っても、それもあってデリケートなのは変わりません。

ポンプ等の水泡がカサに入り込むだけで死んでしまうことも見受けられますので、先述した水槽の設備は念入りに整えておくことが重要になります。

・マミズクラゲ

淡水で生きるクラゲとなります。

人口海水がキーポイントとなる、それに加えてよそのクラゲと照らし合わせると水質の汚染にもパワフルなため、飼いやすいんではないでしょうか。

しかしながらあまりマーケットに発売してないため、ペットショップにおいて入手することが単純でないケースが存在します。

ネットサイトショップでゲットするか、近くの河川や池で捕まえてくるぐらいしかありません。

さらには微弱ながら毒が存在するので、目などに触れないようケアした方が良いですよ。

⇒イギリスで最も古いシェプトンマレット刑務所ツアーや怪奇現象!【何だコレミステリー】

平山博文の年収はいかがなものか?

システムエンジニアは技術職でもあり専業でもあるため、一般職と照らし合わせると、年収はやや高めの水準となっていると噂されています。

平均月収は40万円くらいとされていますが、正直に言いますと経験やアビリティーに左右されてだいぶズレが出てきます。

学校を卒業したばかりでは一般職のサラリーと同じくらいとは言え、チャレンジを積むごとに年収が高くなっていき、困難を極めるプロジェクトもこなせるようになると、月収60万円?80万円にもなる人も存在しています。

そうだとしても、システムエンジニアは納期が近くなると、超過勤務がほとんどで、ときには徹夜をしたりするべきことも想定されます。

残業代などがすべて支給されるかどうかは会社に左右されてバラバラになって、場合によってはサラリーを時間給で考慮すると、そこまで高いギャランティではないという状態も存在します。

システムエンジニアの年収平成28年の給与統計の結果を見ると、システムエンジニアの平均年俸は592万円という特徴があります。

チャレンジとキャリアによってサラリーが相違してきますので、1つの高レベルのエンジニアは、20代だろうと年収800万円を超えるシーンが存在します。

クラゲマニアの平山博文さんの年収はいかほどなんでしょうか?

見た感じ優秀なエンジニアな感じがしますので、少なくとも500~700万位の年収はあるんではないか?

デフレに左右されてサラリーやボーナスが減少してくれている状態の中、システムエンジニアの報酬や年収はよその業種と似た強い減少は見られず、注目を集めている業種という特性があります。

今後の活躍に期待ですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする