小林陽子(瀬戸内寂聴の弟子)の経歴やwikiと年収!旦那や子供が!【深イイ話】

「深いい話」に瀬戸内寂聴の弟子こと、小林陽子さんが特集されます。

瀬戸内寂聴さんの弟子と言うことで今現在の小林陽子さんは移住コーディネーターをメインにして活動されています。

小林陽子さんが掲げる移住コーディネーターとはなんなのか?年収などの稼ぎはどうなのか?

小林陽子さんのWIKIや経歴、結婚して旦那や子供の存在も気になります。

移住コーディネーターなんてあまり聞き慣れない仕事だと思いますが、今現在これでライフスタイルを送られている小林陽子さん。

今回はそんな小林陽子さんの生活ぶりや移住コーディネーターとしての活躍ぶりを見ていきたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

瀬戸内寂聴の弟子こと小林陽子の経歴やWIKIは?

ポイントは小林陽子さんのキャリアが凄いんだと考えられます。

1950年に徳島県海部群に生まれます。

進学が理由で、関西へ。

30歳を過ぎた頃、実家の新聞販売店を継ぐという理由でに徳島に戻ったとささやかれています。

それから瀬戸内寂聴さんと運命の出会いをするのです。

開講した寂聴塾。 徳島県の文化進歩という事態を受けて、瀬戸内寂聴さんが手弁当でスタートした塾。

そこの2期生という形で小林陽子さんが入塾した箇所から寂聴さんの弟子と考えられているのでしょうね。

寂聴さんとのコミュニケーションがキーポイントとなり、ウィーンから本場のオペラ・オペレッタの国内ツアーを申請されました。

家業の新聞販売店の傍、オペラプロデューサーという形で日本中を飛び回る日常生活を過ごされたそう。

いろんな場所で300公演を身をもって知るなどオペラプロデューサーという形でご活躍したと考えられていますね。

その後、新聞販売店を閉めると、今までにもボランティアで実施していた移住フォローの人に力を入れトライしてみる。

そこから今日この頃では約30年間で移住者は200人をオーバーして、定住率はビックリしますが100%。

よほど海部郡美波町と言われる土地がビックリするほど住みやすいのでしょうね。

小林陽子さんは移住コーディーネーターという形での業務ぶりがジャッジされ、近年徳島県トータルの移住コンサルタントも 兼任し行進の指図にもあたられております。

バイタリティー溢れる小林陽子さんの人柄にも惹かれて移住を決心した人も豊富とささやかれています。

移住コーディネーターになったポイントは 大阪でマンション暮らしをしていた小林陽子さんは、家業を継ぐという理由で徳島へUターンしたといわれていますが そこで目にしたものは、人口の減少により衰退し続ける故郷の外観がありました。

危機感を思い描いてボランティアという理由で移住バックアップを始めました。

自分自身は日和佐(最近の美波町)で生まれ育ったのですが、進学が原因で関西へ。

卒業した後は大阪で夫と同時に暮らしていました。しかし、33歳で言うと実家の新聞販売店を継ぐために故郷に帰ってきてカルチャー・ショックを受けたんです。

都会的なライフスタイルに慣れてしまっていたから、社会環境のギャップに驚きました。

移住者をサポートするセールスをスタートしたメリットの一部分は、その時自分自身のUターン移住者という形でトライした探究を、これから先来る移住者の人に味わってほしくないのでしょう。

人口の減少による過疎化は社会問題という面がありますし、人口が減ると多種多様な職種も立ち行かなくなってしまうようです。

そうすれば日常的な買い物やライフスタイルも不便になり、若い人々はどのような状態の時も何でも近くにある都会へと 出て行ってしまう。

こうしてドンドン人口が減り過疎化し続けると悪循環ですよね。

つまりは衰退を見て放っておけなかったかもしれないですね。

スポンサードリンク

小林陽子さんの年収はどうなのか!?

小林陽子さんは一体どんな人なのでしょう。

瀬戸内寂聴さんとは、予想外に仲が良いそうで小林陽子さんが訪ねてくると元気になるとおっしゃっていました。

過去にの「深イイ話」で寂聴さんの所に密着取材していた時、訪ねてきた小林陽子さんと阿波踊りを宣伝していたのだとか。

キャラ強めというデータがある所以は多種多様な事に関心を持ち、明るく前向きで面倒見の期待できる、ビッグな肝っ玉母ちゃん的な 性格からきているのでしょうね。

新聞販売店を営んでいた事から振り返ってみれば、空き家事情やエリア内の人間関係に精通している。

小林さんのアピールで、これまで約60組が美波町に移住し、ビックリしますが定住率は完璧。

今日この頃は美波町に限ったことではなく、徳島県の移住アドバイザーも兼任してくれている。

空き家を借りていただくケース、家賃は月1万~3万円がマーケットです。

とりわけ美波町では最低5年間住むことを規則に、改修費に最大200万円のヘルプを出していると聞きます。

正直に申し上げて、移住してからのほうが困ることは多数存在するはずです。

そういったときにバックアップしてくれるような人物関係を確立するまで、自分自身がヘルプしています。

バイタリティあふれる小林さんの根源は、徳島県出身の瀬戸内寂聴さんとの出会いだ。

収入の金額は従事している仕事内容によって本当に幅広くなっていて、平均したらおおむね350万円という特性があります。

ちょっとしたスケールの職務で金額も低いケースだと200万円クラス、逆に言えば全国規模で繰り広げているような大手ですと平均でも600万円スケールでそれを上回る金額を希望することもできるにちがいありません。

平均ですと25万円クラスになっており、就業場所に左右されて20万円規模から35万円スケールまでの幅が存在します。

大手のほか専門性が高レベルであるドクターや看護士などの医療関係、エンジニア等のIT関係と考えられているフィールドに範囲を狭めている企業ですと人材コーディネーターへ依頼されるデータもより高度なものとなるため月給も高水準ではないかと考えます。

ほぼすべての仕事内容では1年間に2回の支給がなされていますが年3回というシーンもあり、金額にしたら月収にして2ヶ月分から4ヶ月分スケールと言われる実績がほとんどになってきました。

エリアによる金額の差も少なくなく、ひときわ都市部では年間に渡っての支給額が500万円をオーバーしている専門会社も目立ちます。

人を扱うルーチンワークと言われる内容もあって人材コーディネーターには不測の仕事が発生するべきことも多く、超過勤務は十分な傾向があって多忙なセールスの対価として残業手当等の上乗せでに見合った金額が支給されることだと考えます。

具体的なルーティンワークの内容に追随して出張手当や資格手当が支給される例もあるほか、ユーザー、企業からのニーズで早朝や深夜に突如としたスタッフの調整へあたるようなこともほとんどあるためやはり時間外手当の金額は多くなるインプレッションが存在します。

採用している業界やルーティンワークに関連して学習する人材コーディネーターが勤務している仕事内容には多種多様な業界のユーザーが存在する企業のほか診療やIT、宿泊業など特定の業界でクライアントを開拓している専門会社もあります。

特定分野に範囲を狭めている現場で業務につくのであれば申し分なく、広範囲にわたる業種を採用する仕事先であっても自分自身の担当することになるクライアントの業界や肝要としているセールスにおいても学習することは収入の上昇が可能なのです。

遠回りであるように思われてもユーザーが希望する人材を的確に身に着け要請に応えるスタッフをマッチングすることは自分達の実績にも結びつきますからひいては職務のギャランティ、自分たちの収入へと還元されるのです。

コーディネーターが査定で人気を集めている原則は突き詰めると結果次第ということになり、どの程度のマッチングを実現させて売上がもたらされたかがもっともポイント視されるでしょう。

そうするためには求職者が自社で提示している個別の人材募集に応募したいと志望してきたケースに限定されず、漠然としたビジョンしか持っていないような場合にもクライアント企業に関しての勤務へと至らせるようなヒアリングのキャパシティーが肝要になってきます。

⇒白坂亜紀の旦那(夫)やwikiと子供!年収や若い頃と店の場所!【プロフェッショナル】

小林陽子さんの旦那や子供はどうなの?

小林陽子さんは、関西の大学に進学し卒業した後徳島へ戻る前にはご結婚されたと考えられています。

となると旦那もいて子供もいてると思います。

もちろんですが一般人なので、中々詳細な情報は出て来ませんが家族幸せに暮らしているんだと思います。

子供も既に成人されていると推測しますが、一体どんな仕事をされているんでしょうか? そんな事も放送で語ってくれればいいですね。

今後の活躍に期待です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする