日本理化学工業の社長大山要蔵と息子の泰弘!知的障害者を雇う会社!【アンビリバボー】

「アンビリバボー」に日本理化学工業の社長である大山要蔵(おおやまようぞう)さんとその息子(子供)である、大山泰弘さん、とその長男でもある大山隆久さんがアンビリバボーにて自身の会社の事をストーリーにして見解していきます。

アンビリバボーでは、日本理化学工業が知的障害者の雇用を7割も行っていると言うことで、事業展開から社会貢献をされています。

今回はそんな日本理化学工業の社長である大山要蔵さんや息子、長男などの社会貢献から知的障害者への想いをみて行きたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

日本理化学工業とは?

名前:日本理化学工業

本社:神奈川県川崎市高津区久地2-15-10

設立:1937年2月13日

日本理化学工業はチョークの製造販を実施する企業として厚い支持を得ていますが、 キットパスなどこれ以外の文房具や業務用品も取り引きしています。

キットパスという意味は、基盤固形マーカーで、 マーカーとは言えキャップをしなくても良い書いても粉が出せないツルツルした面に書けば濡れ布巾で消すことが可能だと過去にない、不思議な文房具ではないでしょうか。

思っている以上に斬新ですが、思いのほか気になるに違いありません。 ぜひ利用したいですね。

日本理化学工業株式会社大山会長の本が出版されました。

知的障がい者雇い入れで巷で話題のチョーク工場でしょう。

学校などにおいて使われるダストレスチョークだけではなくインストラクター養成講座で 支援をしている キットパスも作っていると推定されます。

大山会長に書いていただいた サインは 養成講座現在で どんな場合でも大山会長の想いを1人でも広範囲にわたる人に お伝えできるように 頑張りますと語っています。

キットパスは クレヨンと比較して見られがちですが 水溶性チョークではないでしょうか。

キットパスは 黒板に 描くと タイミングが経つと 消えなくなります 黒板には ダストレスチョークを。

もっと言うなら 大山会長の著書にも書かれていると推定しますが、 感謝祭では キットパス貢献賞なども特典として配置し、キットパスを経験して 養成講座にいらして貰える人が思いのほか数多くありなりました。

国内で キットパスインストラクタートレーニング講座を受講してくれます。

通信講座もあると言えます。

スポンサードリンク

日本理化学工業の足跡

日本理化学工業がこれまでどのような足跡を歩んでいると言うはきたのか。

東京都大田区蒲田に、日本理化学工業株式会社開設。

この頃から、チョークのニーズが減ったと言われています。

というのも、ホワイトボードが普及し始めたからです。 1974年当時のことはわかりませんが、今だと黒板と言われるものなどは小学校、高校に至るまでしか使いません。

大学でも、黒板はだいたい見ないですね。

おおよそホワイトボードにマーカーしか使いません。

ちょうどこの時分に泰弘さんの息子、大山隆久さんが日本理化学工業に雇い入れしてきます。

チョークのニーズが減ってきていたので、生産性を上昇させるために障がい者の採用をやめるべきだと訴えます。

想像以上に失礼なストーリーとは言え、現実的にそちらの方が利便性がいいような気もします。

とは言っても、泰弘さんは息子のアドバイスを拒否したわけです。

ということも、知り合いの住職に人々のプロフェショナルな幸運に関連して、言われたことが合致したのです。

日本理化学工業は、住職と社長のその言葉をコンセプトに掲げています。

人々のプロフェショナルな幸せは 人に愛されること人にほめられること人に貢献できること人から求められていること働くことに左右されて愛以外の3つの幸運は得られるものだ。 自分自身はその愛までも得られると予測する。

と語っています。

社員さん達で就業改善を実施することになりました。

その他には、あることを思いついたのです。

困難そうにて行うことができないタスクは単純化しだれでも可能にすること 色を活用すること 型を活用すること そのため業務効率が上進したとささやかれています。

その他には、障がい者オンリーではない職員のプロセスも シンプルになったので スイスイと作業効率をアップさせることができたのです。

今では、神奈川工場は 心身障がい者多種多様雇い入れ工場 となってます。

⇒保阪尚希のイランビジネスで鉄やガスの権利を得るだと!?年収が狂ってる!【梅沢富美男のズバッと聞きます!】

社長大山泰弘と息子の大山隆久とは?

ここ数年日本理化学工業の会長を就労しているのが、大山泰弘さんとなります。

1932年生まれ、創業者の息子で、中央大学を卒業しており、 日本理化学工業の代表取締役社長を従事していました。

泰弘さんが、どう中心的なのか。 これに関しては、日本理化学工業の障がい者雇い入れを一貫して展開してきたからだと考えられます。

前述の通り、仮に息子に反対されても決してスタイルは変えませんでした。

日本理化学工業の障がい者採用とそのポイントは日本理化学工業が成功しているのは、チョークだけではないのです。

障がい者採用を取り組んでいることでも知名度のあるのです。 それも、10人レベルなどでは断じてありません。

ビックリしますが平成30年2月時点で、社員85人のうち70%以上にあたる63人が知的障がい者ではないでしょうか。

半分以上が障害者で、至極失礼ながら業績は安定するのか?と少しリスクになります。

であるなら、どのような経緯で障がい者の雇い入れを始めたのか、チェックしていきます。

日本理化学工業が障がい者の採用をスタートしたのは、1960年となっています。

ポイントは、企業の近くに沿った養護学校から生徒の雇い入れを相談された事なんです。

大山泰弘さんは当時、まだ障がい者に向けて偏見を持っていたため、断ってしまいました。

とは言っても、養護学校も諦めませんでした。 数え切れないほどまた相談し、「就職は無理でも、最少でも就労経験だけでも」と認識し何とか折れた泰弘さん。

雇い入れはしないつもりでしたが、実際的に就業体験に来た女子の働きぶりを見てびっくり。

翌年その女性を登録することにしたのです。

その他には数年経ったある日、泰弘さんは知り合いの住職さんに 障がい者の方たちが施設に入らず、自社の工場に働きに来るポイントを話しています。

その現在で、感謝されていると実感するから、 常日頃ニコニコアグレッシブに業務を継続していくことが可能に違いありません。

このことに気づいた泰弘さんは、そこから障がい者の雇い入れをアグレッシブにするようになりました。

「福祉施設ではなく、会社こそが人に幸せを用意できる」 と障がい者の労働力から学んだからです。

目下のところ、社員の7割以上が障がい者と言われているスケールにまで広がりました。

原則的には、就業中にいきなり暴れだしたり、よく休んだりする社員は見受けられますが、 「仕事中に周囲に迷惑をかけたら、家に帰す」 と言われているルールの準備をして、社員は常に大きくなっていってるといいます。

素晴らしい企業だと思います。

今後の会社の発展と成長を願うばかりです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする