種藤潤のシュウマイ愛がヤバい!経歴や年収と結婚(嫁・妻)!【マツコの知らない世界】

「マツコの知らない世界」にシュウマイを愛してやまない種藤潤(たねふじじゅん)さんが特集されます。

種藤潤さんの今現在の活動や経歴、年収、経歴(嫁・妻)などをピックアップして行きたいと思います。

種藤潤さんは今現在シュウマイに関する事を自身のSNSなどにも多く投稿しており、そのシュウマイ愛がハンパない事が伺えます。

今回はそんなシュウマイ大好きの種藤潤さんの武勇伝に迫ってみたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

種藤潤の経歴や武勇伝

本名:種藤潤(たねふじ じゅん)

生まれ:1977年~?

年齢:40歳~?

出身:神奈川県

種藤さんは、食べる事はもちろんですがその他にも旅行や在宅、介護、防災系の国内のオーガニックを中心としたデータの取材や執筆、編集を行われていると考えます。

メインとして、Oraganic Village JAPANのメディア受け持ちと、「NEWS TOKYO」の記者をされているのではないでしょうか。

その前は、AERA dotと言われる知名度のある箇所で働かれていました これ以外には、国内のシュウマイを食べ歩き、シュウマイのグレード進歩に貢献されているのではないでしょうか。

2000年に大学を卒業されているので、ここ数年は40歳か41歳ほどでいると考えられます。

自信のあるカテゴリーを聞かれるといかなる時も困っておりますが、近頃では国内のオーガニックを集中的に、食や旅、在宅、介護、防災系のルーチンワーク取材など、異種格闘技的に取材・執筆・編集を実行中です。

何はともあれ昨年あたりからはシュウマイのグレード発達を目指し、国内のシュウマイを食べ歩いていると推定します。

スポンサードリンク

種藤潤の今現在の仕事は?

記者活動や地域貢献をやりながら、シュウマインスタをはじめました。

介護系のアドバイザーもされているようで、シングル介護から結婚と題して

「シングル介護から解放され、つき合っていた女の人と無事に結婚し、当時父親と暮らしていた家を離れ、新居で暮らし始めました。実家は売却し、その費用は新居の入居費用と父親の介護費用の貯蓄に。トータルがいい形で収まったようです。まるまるが効率的に行き過ぎている、という面がありますが、何が起こるか熟知していないのも介護の状況。タイミングやふとしたキーポイントで理由は変わっていくものなので、状況オンリーで自分自身の一生涯を決めつけてしまうことはないのかもしれないですね。ここ数年は「シングル介護」の人も、ひょっとしたら明日、可能性だって在り得ます。」

とも語っています。

東京都世田谷区を拠点にして行動されているはずです。

国内のエリアの有機栽培や有機食品に影響を及ぼすことを中心として食べ物に向けてや、在宅、介護、防災などの取材や、執筆、編集などをされていると言われます。

2017年からシュウマイ用インスタをスタートされて、を今まで以上にシュウマイを立ち位置を格上げさせるために、国内のシュウマイを食べ歩いているのだということになります!

食べ物に対する取材に的を絞っていわれているので、食に関するメンタリティが多い方なのかなと断定できます。

神奈川県出身と言う理由でシュウマイが子供の頃から身近な食べ物だったのでしょうか。 そこのところも放送番組内で話されると検討するので、期待して見てみたいと思われます。

⇒小栗了の結婚(嫁・妻・子供)や今現在の仕事は?年収や作品がスゴい!【さんまの転職】

種藤潤の出身高校や大学は?

種藤潤さんの出身は、県立茅ケ崎北陵高等学校となります。

主に、サッカー、バスケットボールが強豪です。

自転車通学をする生徒がほとんどで、全生徒分の駐輪場が獲得されていると考えられています。

高校卒業した後は、横浜国立大学 教育学部に進学され、2000年に卒業されているのではないでしょうか。

スポンサードリンク

種藤潤は結婚して嫁はいるのか?

種藤さんは、ご自身のWEBページを持たれている他に、SNSもされているので、割と多種多様なことが見て取れます。

しかしながら、結婚してご婦人がいるかどうかに関連して、はっきりしたことは認識しませんでした。 SNSのファミリーや交際のポイントも記入されていません。

インスタグラムには、美味しそうなシュウマイの写真が広範囲にわたって挙がっていると考えられますが、 自宅で食べるときに、こんな風にしっかりと御膳を敷いて見受けられるフィーリングだと、一人暮らしではないのかもと思ったりするのです。

そのへんも明らかになることも考えられますね 。

⇒相川圭子のセミナーの評判と料金は?結婚や子供と年収が凄い!年齢は?【マツコの知らない世界】

種藤潤の年収はいかに?

ショップのシュウマイだけに限定されず、出回っているシュウマイだったり、新幹線の移動のシーンもシュウマイのお弁当を食べられていたり、現実的にシウマイに関する思いがパワフルなことが伝わって来ます!

テレビでシュウマイに対する事が放送されていたら、その際もインストグラムにアップされていましたよ。 例を挙げると新幹線でシュウマイ食べる事はどうなのか?とか。

管理人も新幹線乗りますが、食べたいケースでは食べたいなって想像するけど、むしろ臭いが新幹線内に充満するから、どうなの?って思う事もあります。

関西に住んで最初に知ったのですが、大阪領域へ旅行などにおいて来る人は551蓬莱の豚まんとシュウマイ、ぜひ食べてみてほしいですね。

穴が開くほどシュウマイと名のつくものは食べて味を調査しているのは、シュウマイに関するメンタリティが高いというか、さすがスペシャリストだなと思ったのです。

一般の人というわけなのでインフォメーションはさほどオープンになっていませんでしたが、何をおいてもシュウマイに関する思いが信じられないほど多数伝わってきました!

自分自身も種藤さんに関連してリサーチさせていただくなかで、餃子だけではなくてシュウマイも定期的に食べようってイメージするようになりました。

種藤潤さんの年収や稼ぎは本業の記者活動などの稼ぎになると思いますがこれだけシュウマイで知名度があるとそちらの方面でも臨時収入があるんではないかなと思います。

今後の活動に期待です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする