岡田(甲斐)友梨の結婚(旦那・夫・子供)と年収!今現在はブランド構築!【爆報フライデー】

「爆報フライデー」に岡田(甲斐)友梨さんが出演されます。

岡田(甲斐)友梨さんの今現在はファッションブランドなどを構築して年収などもかなり稼いでいるんだとか。

岡田(甲斐)友梨さんは今現在、結婚して旦那(夫)や子供などはいてはるんでしょうか?

岡田(甲斐)友梨さんは、過去にレスリングなどの選手でそこからファッションブランドなどを立ち上げていった経歴がありますので、中々のビジネスセンスがある人ではないかなと。

今回はそんな岡田(甲斐)友梨さんの全貌に目を向けて行きたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

岡田(甲斐)友梨の経歴や武勇伝

岡田友梨

生まれ:1984年5月8日(34歳)

出身:滋賀県

身長:156 cm

学歴:中京女子大学(現至学館大学)

アスリートという形でのキャリアは誰もが認めるものです。

小学1年から柔道をはじめ、高校でレスリングに転身して 27歳までアスリートとして取り組んで奮闘されました。

・全日本社会人選手権 優勝

・天皇杯 優勝

・オーストリアオープン 優勝

・ヤリギン国際大会 優勝

・世界選手権 3位

・オリンピック1次予選国内大会 3位

2011年、 27歳で現役引退。

引退後には専門学校にひとりで通い夢を実現するべく、 人体プロポーションをデータに変換するデザイン画のメソッドと考えられるものを勉学されたと言われています。

2016年31歳でKINGLILY誕生。 ファッションデザイナー兼経営者として活動。

高校は一般的な女の子という形で日常生活したかったといわれています。

柔道の成績を望まれている重圧感から解放され、 ギャルという形で生きたと噂されています。

とは言っても、ギャルになって可愛らしくなっても そこには何も繋がらないと語っております。

それまで、 ストイックなトレーニングを重ねてきたアスリート生活を 送ってきた甲斐友梨さんに限って言えば 『ギャルになっても何も出てこない』 そういった風につまらないと思えたと囁かれています。

進学した八幡工業高等学校で、 体を動かしたいと思い、レスリング部の門を叩きます。

工業高校というのもあり、 レスリング部は、男性ばかりだったとささやかれています。

そのような中で、トレーニングを重ねていくうちに 持ち前の運動神経と、 柔道で培った広範囲に及ぶ技 その他には数を重ねてきた修練量 があっという間に開花したのでしょうね。

師匠は、これまた多種多様人気を集めている栄和人コーチ。

全日本選手権で伊調千春を破り初優勝等の 抜群のデータを挙げた選手だと思います。

女性アスリートは、引退後の身の振り方が 関心を浴びます。

現役時代に嫁入りしたり、子供の誕生だったりする人は 多くの場合いないと言う事です。

スポンサードリンク

岡田(甲斐)友梨は結婚して旦那や子供はいるのか?

まあ、もちろん性が変わっているので結婚して旦那はいると思いますが甲斐さんのご主人に対するデータは、個人用の特定が可能なインフォメーションは存在しませんでした。

そうだとしても、旦那さんは岡田さんの企業の連携経営者のようで、岡田さんをアシストしている 様だと思います。

岡田さんの受け持ちのデザイン、プロデュースなど以外のトータルのルーティンワークをご主人が面倒を見ているといわれています。

妻の夢をサポートする旦那さんは惹きつけられるものがあります。

⇒吉田恵理香のwikiや旦那(夫)と子供!今現在はバイトで年収がヤバい!?【深イイ話】

岡田(甲斐)友梨は今現在ブランド会社を構築!

甲斐さんの会社は女子アスリートのためのファッションブランドではないでしょうか。

ご自分の体験を元にアスリートメカニズムをオシャレと言われる光を届けたいと言われる気持ちでオープンされたとささやかれています。

KINGLILYとは、女子アスリートが女子アスリートによって実現したブランドとなります。

強くなるために鍛えたけれど着たい服が入らないオシャレをしたいけれど興味を持っている服は明けても暮れても体に合わない それと同じ様な悩める女子によって、オシャレと言われる光を届けたいそれがKINGLILY。

サイズは国内の多種多様なパーソンから自分自身で情報を頂き組み立て、 原型は一点一点、ひとつひとつカウンセリングしてお作りしたわけです。

生地はデザイナーが直接生地屋に赴き、選択しました。

日本製にこだわり、国内中の工場で細心の注意を払ってお作りしています。 トータルにおいてこだわりをもった、あなた自身の特別をゲットしてみてしてみてくださいとの事。

少し前から、女子アスリートの快進撃が立派な美女アスリートが生まれてきているなかで、 女子アスリートのファッションはそんな簡単に解決できない悩みだったと断言します。

パワフルな=美しいにならないのが想像以上にミスマッチですよね。

アスリートなのだという以前に一人の女の人でもあるわけですですから。 それと同じ様な女子アスリートには間違いなく救世主ですね。

美女アスリートがほとんどで生じてきてほしいですね。 新サービスネットショップで試着アフターサービスとは?

そういった女子アスリートに日増しに味方となるアフターケアの様となります。

試着サービスは「ネットショップは試着してないので怖い」と考えられる悩みを克服してもらえます。

合わないサイズを返品時 送料&手数料フリー 。

幾通りか決まりはありますが、ユーザーの場合無難で助かったアフターケアですね。

スポンサードリンク

岡田(甲斐)友梨の会社のポリシーは?

女の人のアスリート達にKINGLILYのブランドが伝わり始めたのは、試着会を実施すると言うこと。

実施した翌日には注文が入っている。友梨さんのデザインは、アスリートの悩み克服に効率的にはまった。 基本的に女の人のアスリートは心が美しいスポーツを利用した人員トレーニングは必須条件だと語ります。

とは言っても、筋肉ムキムキのインプレッションオンリーでは、子供が憧れる女性像にはならない。

競技のケースになると強くてカッコよく、私服のケースだと外見がよくてオシャレな女性像を表示させる。その「強く、綺麗に」を兼ね揃える選手に憧れて、子供達が自発的に目的とするようになれば、世の中のスポーツ人口は増え、健康な人も増え、女子アスリートの実利がアップすると信じている。

それが、KINGLILYのポリシーでもあります。

高齢化による後継者不足のトラブルを抱えている今現在はアスリートが着る服を検証すると考えられるモチベーションを掲げることで、若い方々に関心を持ってもらえれば、雇い入れの課題解決に直接影響するかもしれない。

将来において、アスリートのセカンド職歴を補助するためにも、必ず結実させるとアツく語っています。

岡田(甲斐)友梨の年収はどうか?

甲斐さんはファッションブランド「KINGLILY」を立ち上げました。

これに関しては、潜在的に、おしゃれは無理と 遠ざかっていた女性アスリートには結構な朗報ではないでしょうか。

身長が高水準であるだけであれば、海外ブランドを選べば正解だったり 体重が注目しているオンリーであったら、 渡辺直美さんがプロデュースするブランドをセレクトしたり と言われる決定肢があると断言しますが 身長は標準的。 けれども、肩幅を気にしたり、 多種多様な箇所を気にしたり 等といった悩みは、 現役アスリートだった甲斐友梨さんだから 共感可能なポイントですよね。

大学在籍中から、 今から後はアスリートのためのファッションの業務に就きたいと思い描いていたといいます。

経験がない状態で、その思いをカミングアウトしたのは、 ロンドンオリンピックで代表が決まる前の合宿中。

自分自身にしか行うことができないことに絶対人生を懸けてトライし、それが結局のところ誰かに感動や勇気を与えられるスタイルを始めたい。

ある種、使命感に燃えていたのでしょう。 誰にも言わずに専門学校に行きだし、 東京での在宅を確定してからのカミングアウト。

両親への会話はその後だったと考えられています。

前もって言ったら反対されると思い、初めてみるステップに向け、何度でも外堀を埋めていきました。

これも自分自身の人生設計のマニュアル。 アスリート時代から 培ってきた対戦方は、 未知のライフスタイルの門出でも、遺憾なく発揮されると言えます。

この時甲斐友梨さん27歳。 2011年のことなのです。

悩めるポイントに金は発生する どちらも体現適っている まさに天職ではないでしょうか。

収入に関しては チェックしてみましたが公表はしてないようですが今現在会社の経営者として活動されている訳ですから少なくとも1000万円以上の年収は硬いと思われます。

今後の活動に期待です。

最後までご覧いただきありがとうございます。

関連記事は下です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする