鳳蘭の元夫(旦那)と娘(孫)の今現在!伝説や若い頃と父親!【サワコの朝】

「サワコの朝」に鳳蘭(おおとりらん)さんが登場します。

鳳蘭さんの今現在や元夫(旦那)や子供(娘)や孫のことなどをピックアップして行きたいと思います。

鳳蘭さんの今現在の活動は、女優業などに励んでいるようですが、若い頃は数々の伝説や父親(両親)なども偉大な人と言う噂がありました。

鳳蘭さんは年齢も重ねましたが、未だに綺麗でセンスもいいですね。

そんな鳳蘭さんの私生活や過去の若い頃と伝説などを振り返って行きたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

鳳蘭の経歴や武勇伝

生まれ 1946年1月22日
身長   170cm
出身   兵庫県

蘭とリサーチすると「ハーフ」の関連ワードが出てきます。

ネットサイトでは鳳蘭さんはエキゾチックな顔立ちであるので、ハーフと言う理由からはとイメージしている人が普通です。

鳳蘭さんがハーフなのかチェックしてみると鳳蘭さんはハーフではないとささやかれています。

鳳蘭さんはその顔立ちから、子供の頃はいじめられたことを受け、自分自身のエキゾチックな顔が嫌いだったと言われます。

鳳蘭さんは顔を隠す髪形にして控えめにしていたと聞きました。

宝塚に入る人の数多くは、宝塚に憧れ持って入る人が普通ですが、鳳蘭さんはちがうとささやかれています。

鳳蘭さんが宝塚を受験したキーポイントは、高校の親友が受験したから。

鳳蘭さんが高校進学をイメージしていた際、親友が宝塚音楽学校を受験するとなると把握し、 つられて鳳蘭さんも受験したと思われます。

宝塚音楽学校の取り組みには歌唱や舞踊が存在すると思われますが、何も実施できない鳳蘭さんはトライ中、 「だって、これから先レクチャーしてくれるんでしょう?」 と言ったんだとか。

入学後も想像以上で、ピアノ、舞踊、バレエを体験している同級生達の内から成績はいかなる時もダントツで最下位。

鳳蘭さんは着物を着るのも経験がない状態だったそうで、入学したことを後悔したと囁かれています。

しかしながら、一切ゼロから習いスタートした、タップダンス等の成績はトップだったと言われます。

鳳蘭さんは、 「5年ぐらい実践したら、父のセレクトした人と嫁入りして主婦になろう」 規模の意向でレッスンにもきっちりとはスタートしていなかったんだとか。

鳳蘭さんの分岐点は、 「恩人の先生方に出会ったこと」 恩人の方から学び、言葉えを貰い、宝塚歌劇団の初舞台踏んでからは、完璧にトレーニングしたそうです。

彼女の武勇伝は以下の通り。

1964年、鳳蘭さんが18歳の時、宝塚歌劇団に50期生として入団。

1965年、鳳蘭さんが19歳の時、星組に配属。

1970年、鳳蘭さんが24歳の時、星組トップスターに就任。

1979年、鳳蘭さんが33歳の時、宝塚歌劇団を退団。

退団後は、ミュージカルを中心に活動。

2005年、鳳蘭さん59歳の時、紫綬褒章を受章。

2016年、鳳蘭さんが70歳の時、春の叙勲で旭日小綬章を受章。

スポンサードリンク

鳳蘭の今現在はどうなの?

鳳蘭さんはまだまだミュージカル女優という形で活躍されているのです。

年を増すごとに、3本~4本のミュージカルに出演して入り、公演の期間も長いものもほとんどではないでしょうか。

2015年の「ハムレット」はロンドンや台湾で海外公演も実践していると推定されます。

鳳蘭さんは舞台に関連して、「舞台に立ってるときだけがうれしい。舞台こそライフスタイル」 と言っているようです。

次いで担当直入に申し上げると「鳳蘭」と縁策すると「マネージャー」と言われる関係したワードが出てくるんですよね。

この組み合わせワードて、リサーチされているから出来上がる人間となっていますが。

思いがけず 2人の間に何か合致したから? 揉め事でやめさせられた。。とか噂が上がったから? と主張されているもの広範囲に及ぶ憶測をしてしましました。

実態、間違いのないようにチェックしてみると・・・それと同じ様な変な関係ではつなげられないようなのです。

ビックリしますが、鳳蘭さんの過去にマネージャーとしてサポートしていた女の人が・・・ ここ数年の鳳蘭さんの事務所の社長だとか。

相当なキャリアアップコースだ。

ご自分で現在のグレードを掴み取ったのでしょう。

このファクトが「鳳蘭」と「マネージャー」の関係がいになる人々のリサーチを促したんです。

マネージャーという形で働いた過去が存在するからこその、ここ数年の「社長」というような経緯につながって存在するのでしょう。

さらには、彼女の旦那はオジサンイケメンで話題の火野正平だったとは驚きである。

鳳蘭の元夫とは何者?

鳳蘭さんは1980年に嫁入り。

結婚した元夫はドクター。 鳳蘭さんと元夫は幼馴染だったとささやかれています。

嫁入りした時、鳳蘭さんは34歳。

離婚したケースでは鳳蘭さんは40歳。 鳳蘭さんは離婚後、再婚はしていません。

嫁入りした元夫は、 鳳蘭さんの幼馴染みで、 ドクターと思われていたと聞きました。

鳳蘭さんの父親が、嫁入りするなら 中国人のお医者さんしか認めないと考えられていたそうである為、 父親の願いも叶ったということだと考えますね。

とは言っても、嫁入りしてその後に離婚発表されていることを 思うと、無理やり結婚したフィーリングも否めません。

ちなみに嫁入りは宝塚歌劇団を退団した後で、 結婚後も舞台にもひっきりなしに 出演されていたと囁かれています。

そういうわけで、家の料理や身の回りは鳳蘭さんのファンの人が 作っていたのだとか。

それとは逆に旦那さんは、家事を理想的にしたら 業務をしていいという人だったらしく、 スタンスが合わず、長女さんを産んだ後には離婚を 望んでいたとされていたと言われているようです。

離婚をどちらから切り出したか認識しませんが、 同時進行で暮らすタイミングも少なく、お互い熟知し合えず、 ズレいたのことも考えられますね。

⇒三東ルシアは病気で結婚(旦那・夫・子供)の今現在!年収が凄い!【爆報フライデー】

鳳蘭の子供(娘)や孫はどうなの?

鳳蘭さんの子供は2人。 2人とも娘と思われます。

鳳蘭さんは娘たちに同じ宝塚の道に行って欲しかったそうで、ピアノやバレエを習わせたといわれていますが、夢はかなわなかったと聞きます。

とは言っても、次女の荘田由紀さんは大学卒業した後に文学座研究所へ入所し女優という形で行動していると聞きます。

2010年には文学座の座員に昇格。 2011年には嫁入りし、長男を出産したわけですが女優業も持続的とのことです。

長女さんは、『由梨』さんですね。

由梨さんは、近年36歳あるいは37歳になられていると考えられます。 その他、次女の年齢は現在35歳ではないか?

今日この頃では、「荘田由紀(しょうだゆき)」さんという形で 舞台をメインとした女優をされているのではないでしょうか。

鳳蘭さんもバレエやピアノ等の習い事を 強制的にさせることがなく、 遊びたいざかりの娘さんたちは 途中でやめてしまったとの事なんです。

とは言っても近年、荘田由紀さんも舞台にでられている と言う理由で、鳳蘭さんはよきカウンセリング相手に なっていますから、良きパートナー関係ではないでしょうか。

孫は二人いて、年齢は近年 上の子が4歳あたり、あるいは下の子が 2歳あたりかと想定されます。

鳳蘭さんによくなつき、鳳蘭さんは、このお孫さんに、 娘さんでは果たせなかった宝塚歌劇団に 入ってほしいと考えられる夢をもっているのだそうです。

目下のところ小さいけれど、先を見据えた発展がどうなるか興味深々である。

スポンサードリンク

鳳蘭の若い頃や伝説!

宝塚時代は星組トップスターという身分で絶大な支持率を博したが、本当のところは入団前はまったく舞台を見たことがないくらい宝塚と“関係なし”だったと言われる。

宝塚音楽学校に入学した頃は劣等生だったとアナウンスする鳳。

もっと言うなら、以前からトップスターになってはいたが、当時“史上ベストの男役”と熟知した「ベルサイユのばら」のフェルゼン役ではそれを上回る大ブレイクを体験。

「風と共に去りぬ」のレット・バトラー役においてはとんでもない客受けを博した。

放送番組ではプロフェショナルな“いい男”を演じていたエピソードが存分に語られ、想像をオーバーする当時の注目度ぶりも明かされる。

70代になっても変わることなく踊って歌って演じ続け「目の前の人を笑わせたい」と明るくアフターサービススピリット満載の鳳でもあった。

今も同世代の人たちには人気があるが、宝塚ファンのあいだではもはやレジェンドでもある。

まだまだ若い鳳蘭に注目だ。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする