竹井和之(とら食堂)のwikiや年収と場所は?ラーメンがヤバい!【プロフェッショナル】

「プロフェッショナル」にとら食堂のラーメンバカこと竹井和之さんが特集されます。

とら食堂、白河ラーメンの真髄である竹井和之さんの作るラーメンのWIKIや年収と場所などについて見ていきたいと思います。

竹井さんは「白河にその人あり」と 表現される程日本中のラーメン通を唸らせる ラーメンがポイントとなっており、 自分自身でを”ラーメンバカ”と呼ぶくらい ラーメンに情熱を注いでいる人だと考えます。

それと同じ様なラーメンを愛し、ユーザーに 愛される店主の生み出すラーメンは 一体どんなラーメンなのか 気になるに違いありません。

今回は、それと同じ様な竹井さんのプロフィールと ワールドワイドで支持率が高い竹井さんのお店「とら食堂」の メニューやアクセス等の店舗データ以外に、 とら食堂分店の店舗データに関連してご提案します。

では早速。

スポンサードリンク

竹井和之のWIKIや経歴プロフィール

本名:竹井和之(たけい かずゆき)

生まれ:1955年3月

出身:福島県白河市

職業:ラーメン屋店主

高校卒業と一緒に上京し会社勤めを開始するが2年弱で帰郷。

父が急逝したため、家業を継ぐことだと考えられます。

以後ここ数年まで、白河にて一日中中華そばを打つライフスタイルを続けている。

1955年3月、5人兄弟の末っ子という形で福島県に生まれる。ここ数年はおおむね40年くらい 同じラーメン店に所属しているんです。

福島県白河市でラーメンや、中華そばを打ち続けていく ためにこの世に生を受けたとは言っても過言ではない と思います。

実際的に竹井さんが作るのは、一見したら 何の変哲も無いフリーの醤油ラーメンとなっていますが忘れがたい味をフィーリングすると人気なんです。

食べてみれば、 ご自分の思い出に残る一杯になると言えます。

休日には四国・九州など遠方の地から 約400人が集まり、 開店前に大行列を生み出すほどの支持率っぷりとなっています。

さらにはパリのイベントに加入するなど、その人気は国内中に止まりません。

とは言っても、大盛況のバックグランドには 朝5時には起きて下ごしらえを始めなければ ならないほど気力や体力が存在するルーチンワークとなっており、 竹井さん曰く好きでないとすると 持続することは出来ないようです。

それと同じ様なラーメンバカとあなた自身をジャッジする竹井さんが ラーメンにかける思いや信念など 竹井さんのプロフィールと同時に そんなところもアナウンスしています。

今でこそ日本中から人が集約される 人気店となっていますが、 店主になった最初は思うように 客足が伸びなかったのです。ということも竹井さん自身は実質的には 2代目の店主なんです。

先代の父なのだと言う「竹井寅次」さんが編み出す ラーメンはそれは美味しかったといいます。

小学生の竹井さんが父寅次さんのラーメンを 食べたインプレッションは 『この世の中でNO1にうまい』 と感動を与えたくらい絶品だったと嘆かれています。

寅次さんは 破天荒なライフスタイルを送りつつも、 ラーメンの味には一度もの妥協がなかった そうなんです。

そういった親父さんの元に竹井さんは 19歳時点で弟子入りするのです! 父親がラーメンを作っているときは 見て盗み、父親がいないときは 勝負どころとばかりに自分自身で作っていた と思われます。

このことから察するにおそらく 弟子入りしたとはいえ雑用ばかりで ラーメン自体の作り方を十分に レクチャーしてもらわなかったのでしょうか?

よく寿司屋に弟子入りしても 何年かは包丁すら握らせないなんて 話を聞いたことが想定されますが、 その件に近いのでしょうかね。

そうだとしてもチェックしてみると、 寅次さんは”教え好き”だった ことがわかりました。

とされるのは何回もラーメン作りを 教えはしたが、 手打ち製法やチャーシューの焼き具合など 一朝一夕ではゲットできないくらいのレベル だったので自分のものとするまでに手間暇がかかった と言われる可能性もあると思いますね。

手早く売れるような味を出すことなんて そう簡単にできることではありません。 その他には、寅次さんのもとに ラーメンをレクチャーして欲しいと訪問する人には 惜しげも無くラーメンの作り方をレクチャーしていた そうなんですね ?

その弟子たちが各人各様独立したため、 今や白河市には中華そばを出すショップが 100件以上あるほど栄えるようになるのです。

寅次さんの功績がどれだけすごいのかが よくわかりますね。

そんな1983年のある日、 いつものように訓練の生活が続いていた 竹井さんに悲劇が起きます、、 実は父である寅次さんが56歳の若さで 急逝してしまうのです。

それから竹井さんが店主として店を受け継ぐも 父のラーメンが絶品すぎたため、 依然として修行不足であった当時の竹井さんには ユーザーを満足できるものにするほどの味を出すことは できませんでした。

その時の常連さんには「まずくなった」と 認識したそうです・・・ 極めて悔しかったでしょうね。

その他には5年間は一切取材等も受け取ることは 存在しませんでした。 竹井さんに限って言えばの本気の 修行期間だったのでしょう。

竹井さん曰く 基礎が叶って起動に乗るまでにそれくらい かかったと言われます。

「どのようにして先代を超えられるか」 だけを長期間イメージして努力していた成果があって 1988年に福島民友新聞に記事が載ったことを 足掛かりに注目度に火がつきました。

その他には現在まで人気店という形で改善した という理由ですね。

現在や竹井さんには20人のお弟子さんが おり、1回弟子という身分で受け入れたら ファミリーと同様に大切にしてくれているらしいです! 竹井さんも父親譲りで 称賛に値する”教え好き”な様ですね。

その一方で、ラーメン作りは冒頭でも 触れた様にとんでもなくシビアなものなので 訓練から逃げ出す人も少なくないと思われます。

従ってハードな訓練に耐え、 立派に竹井さんの教えるラーメンが 製作できる様になった お弟子さんはファミリーの様に 大切にしたいのでしょう。

竹井さんの教えるモットーは 『人間性は味に表れる。ラーメンは心で作るもの』 となっており、ノウハウよりも”心の在り方”に関連して 大切にしていることがわかるかと断定できます。

職人気質で組み立て方や味にこだわった ナンバーワンの一杯、可能なことならぜひ現地にまで 足を運んで味わってみては良いと思います。

スポンサードリンク

竹井和之の作るラーメンとは?

淡麗スープに手打ち麺で知られる福島の白河ラーメン。

その元祖的存在なのだという「とら食堂」の福岡分店が昨年末、福岡市中央区に設立した。破天荒な一生涯ながら、味に妥協しなかった創業者、竹井寅次さんから伝わる一杯は、遠く離れた豚骨の街でも受け入れられつつある。

昼時、九州大キャンパス跡地横にある店を立ち寄ると歩道まで行列が延びていた。

ほどなくして入店し、中華そばを注文。スープはしょうゆをきりりと引き立てつつ、鶏のだしがじわりと広がる。

手打ち麺はもちもち感が興味深い。煮豚ではなく炭火で焼いた焼豚も丁寧さが伝わってきた。 「おいしいものにはエネルギーがかかる。うちは商売人ではなくて職人の店であるため」。

福島と福岡を行き来して同時進行しながら指導に相当する2代目の和之さんは笑みを浮かべた。

人口約6万人の福島県白河市は、100軒を上回るラーメン店がひしめく国内有数のラーメンの街だ。そのためにとら食堂が生まれたのは1969年。農業を営む寅次さんが中華そば店で修業し、独立した。

ためらうことなく飛躍したが、6か月で店を閉めた。金をギャンブルなどでまるまるつぎ込んだんです。

「寅さん」の愛称で親しまれた寅次さん。

その個性も映画と同じ様にユニークだった。

暇があるとすれば小遣いを稼ごうと組み立て方を教えたため、白河にラーメン店が多くなってきた。

73年には実家の土地が売れ、その事情を資金に再び店を持った。

その1年後、東京にいた和之さんがUターンすることになった原因は「『ばくちばかりで店がだめなのだという』と母に言われたから」。

「おやじがいるケースだと見て盗む。いない時は勝負どころとばかりに自分自身で作り出した」。

19歳で弟子入りし、修業の毎日が続いた。83年に寅次さんは急逝。そんな理由からも「いかに先代を越えられるか」を考えながら腕を磨いた少し前から「福岡に来てほしい」との話が持ち上がり、一風堂を展開するキャパシティーの源、ホールディングスの子会社が経営する形で出店にこぎ着けた。

「福岡の人は水炊きが好きだしね。それに加えてうちのは濁らせない鶏の一番だし。間違いなくいける」。未知の挑戦に恐怖はないようだ。

⇒丸亀製麺のボツになったメニュー(商品)が意外!半額セールとは?【有吉ダレトク】

竹井和之オススメのラーメンは?

竹井さんのイチオシは やはり「手打ち中華そば」だと考えます。

取り敢えず全く未知の状態で来店したケースでは、 食べてもらいたいとのことです! お子さんや女性にも効果的な少量サイズも 準備しているので安心できると思いますね。

スープはあっさりとしているのに 醤油やダシの旨味が文句無しに取れていて、 物足りなさがないといいます。

麺も太めのちぢれ麺なのだが、 弾力があり食べ応え豊富との インプレッションが送られています。

ご自分にとって長い行列を待って食べる価値がある思い出に残る 一杯となるに違いありません。

麺に蕎麦打ちのメソッドを導入たのは、うちの父となりますと語る。

もともと白河は手打ち蕎麦の伝説が存在するエリアだったため、中華そばに対する融通を思いついたんですね。

スープもプラスして、店に入ったときから父親のお役回りを習い身に着けてつくっていました。

バックボーンは父の味とつくり方。

そこからずいぶん学習して、素材など大幅にグレードアップさせました」 下ごしらえをプラスして一から十まで人任せにできぬ性分ゆえ、多店舗化するべきこともせず、ひたすら『とら食堂』の暖簾を守る竹井さん。

「好きじゃなきゃ出来ない業務だよ。自分自身で好きな道を進んできたし、幸運だったことです。新しい代に渡すまで、きちんとしたものをつくっていきます」 とたくましい腕を組み直す竹井さんなのだという。

スポンサードリンク

竹井和之の店の場所やメニューは?

場所やメニューは以下の通りです。

手打中華そば…650円
手打中華そば味玉入り…750円
ワンタン麺…800円
ワンタン麺味玉入り…900円
焼豚麺…850円
焼豚麺味玉入り…950円
焼豚ワンタン麺…1000円
焼豚ワンタン麺味玉入り…1100円

塩そば…700円
塩そば味玉入り…800円
塩ワンタン麺…850円
塩ワンタン麺味玉入り…950円
塩焼豚麺…900円
塩焼豚麺味玉入り…1000円
塩焼豚ワンタン麺…1050円
塩焼豚ワンタン麺味玉入り…1150円
(塩味には数量に限りがございます)

手打中華そば とら食堂

・ 福島県白河市双石滝ノ尻-1
・TEL 0248ー22ー3426
・営業時間 火~金:午前11時~午後2時30分、午後4時~6時
・土:午前11時~午後2時、午後4時~6時
・日:午前11時~午後6時
・定休日 毎週月曜日

白河のとら食堂ののれん分け店という形で 千葉県の松戸市に とら食堂の分店が存在するのです。

福島の白河に至るまでいきたいのは山々だけども、 タイミング的な余裕がない人や 遠くておっくうに映る人に限って言えば 都内からアクセスのベターな千葉県で 間違いのない白河ラーメンにありつけるのは メリット的です。

駐車場も以前より確保されており、 最寄駅からも1分で行くことが望めますから 車でも電車でも行きやすい店舗という特徴があります。

本店の味や製法を間違いなく受け継いでいるため、 関心を持っている人はぜひ1回 立ち寄ってみてはいいと思います。

・住所:千葉県松戸市紙敷1-8-6

・TEL:047-311-2355

・開店時間:11:00~14:30:17:00~21:00

・最寄駅:松飛代駅

・定休日:火曜、水曜

スポンサードリンク

竹井和之の年収はヤバいのか!?次のページへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする