小谷実可子の夫(旦那)や子供と昔の若い頃がハンパない!姉も!【深イイ話】

「深イイ話」に小谷実可子さんが特集されます。

小谷実可子さんと言えばシンクロで有名です。

今現在の夫(旦那)や子供と昔の若い頃などが綺麗と話題になっていますが、小谷実可子さんには姉もハンパない事がわかりました。

小谷実可子さんの今現在の活動は一体何をしているんでしょうか?今回はそんな小谷実可子さんのプライベートまで密着していきたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

小谷実可子の今現在はなにしてんの?

本名:杉浦実可子(すぎうら みかこ)

生まれ:1966年8月30日

出身:東京都

学歴:日本大学文理学部 卒業

小谷実可子さんは桐朋女子高等学校 出身です。

出身者の中に、 高嶋ちさ子さんがいるそうです。

小谷さんは小学生の時からシンクロを 始め、高校時代にはアメリカに単身で シンクロ留学されました。

その後の主な快進撃は、下記の通りで、 ”元祖マーメイド” と言われている所以となります。

今であっても「シンクロナイズドスイミング=小谷実可子」のインプレッションを持ってる人は普通です。

そんなに現役時代の快進撃は衝撃がありました。

シンクロナイズドスイミングはお姉さんのお蔭で、小学校4年生現在でチャレンジしています。

桐朋学園時世にはアメリカに留学しており、徹底的にスタートしていました。 その他には1988年のソウルオリンピックではソロとデュエットで銅メダルをゲットし、 92年のバルセロナオリンピック後に引退したわけです。

今日この頃はスポーツコメンテーターだけということはなく日本がオリンピアズ協会理事や日本中央競馬会非常勤監事も就労していると推定します。

ちなみに、シンクロナイズドスイミングを実行するキーポイントとなったお姉さんは手足が長くて、思いの外理想的な人だったようです。

姉とされながら小谷さんのケースでは理想の人だったんですね。

当時はアーティスティック・スイミング ウォーター・バレエなんていう風に呼ばれていた ものが、アメリカで進展し競技化されて ここ数年のシンクロの形になったと言えます。 シンクロが正式競技になった1984年ロス 五輪の時から、日本は本音を言えば7大会連続で メダルをゲットしていたんですね。

このまぎれもない戦績に裏側には、井村コーチの 存在もあるわけですが、これだけ人気競技 となったのは、小谷実可子さんの功績は 思っている以上に大きいと存じます。

スポンサードリンク

小谷実可子の旦那はいかに?

小谷さんは1999年に元陸上選手なのだという杉浦雄策さんとブライダルしているとのことです。

杉浦さんは明海大学の教授で、一日中学生にスポーツ系のカリキュラムを実行中です。

どうやら真面目な性格で仕事が済みましたら、飲みもせず毎日まっすぐ帰宅していると聞きます。

なんか真面目すぎるのもマターのような気がします。

あと小谷さんの本名は「杉浦実可子」とは言え、普段は「小谷実可子」の名前で行動しているそうです。

やはり旧姓のほうが知名度は高レベルであるので、仕方がないことになるのですね。

杉浦さんの陸上短距離時代のインフォメーションは 大きく出てきませんが、最近では 明海大学不動産学部に参加されているのではないでしょうか。

不動産学部? 元陸上選手がなんで? って感じ入りましたが、研究ディテールをみると、 やはりスポーツ科学に特化したようです。

でも、なんで不動産学部に参加なのか 疑問は残りますが… 健康や認知症予防にもなるスポーツを 習慣づけるために、責任感で実施するのでは なく、面白く自分に合ったやり方で 続けようということを提案して いるようです。

小谷さんのお子さんに関しては、 2001年2月に長女、2006年8月に次女 をご出産されているはずです。 最近では、16歳と10歳の姉妹ですね。

一層詳しいデータはないと言えますが、今後 シンクロ選手といった形で名前を目にする ことがあるのでしょうか… ? ついつい要求してしまうのです。

⇒伊達公子の再婚相手や出産がない理由!年収や実家がヤバい?【アナザースカイ】

小谷実可子の子供は?

小谷さんには現在は、高校1年生と小学5年生の2人の娘さんが存在するのです。 大抵、出産って痛みを伴い、人次第で10時間を上回る日数がかかるケースが考えられます。

そうだとしても小谷さんのケースでは、2人とも約2時間ぐらいの超安産だったと思われます。

これ以外には子供の誕生には激痛が伴いますが、小谷さんは元アスリートと言う理由で「苦痛に向けて自分をコントロールする術」を持っており、一般的な人より平気だったと言われています。

アスリート時代の経験が出産にも役に立っているんですね。

2人の娘さんで「小谷姉妹、デュオでシンクロデビュー」と言われることをヒットさせる人も多いでしょう。

でもポイントはシンクロナイズドスイミングをしていないといわれています。 小谷さんは娘達に何をするかは自分で決めるようにしていると聞きます。

とは言っても最優先に人や何かの役に立つこと がファクターのと噂されています。 人に貢献できるって重要なことですよね。

また子育てについては夫の協力なしでは、成立しなかったと述べています。

これは仕事で外出することが多かったからではないでしょうか。 少し前から結婚しても女性が働き続ける社会ではないでしょうか。

やはり男性も育児に加入する必要があるのですよね。

夫の杉浦さんが熱心に育児に加入するため、小谷さんは周囲の人に「嫁入りするなら大学の先生」と薦めていました。

ただその理由は大学の先生である故ではなく、夫なのだという杉浦さん自身の性格によるものですよね。

一言で言えば協力的なパートナーをゲットすることが必須だということですね。

娘さんにはテニスを習わせたりしていて、やはりスポーツ関係の勉強は欠かせないと言われているようです。

両親がスポーツ選手だと、子供は運動神経が良さそうですよね。 テニスはファミリーで話し合いを取れそうと考えることが、スタートした動機だと聞いていますが、 我々外野としては、未来の五輪選手といった身分で期待しちゃいます。

何はともあれ、アスリートファミリーでテニスをしてたら、 遊び意識でやってても凄そうです。

スポンサードリンク

小谷実可子には離婚の噂が?

小谷さんはJOCや行政のスポーツ関係、公演、執筆行動、レポーター等、業務が忙しそうで、 離婚の噂が立っていたと言われるインフォメーションも存在しますが、信ぴょう性はないです。

もっと言うなら、キャスターの小谷真生子さんと名前が似ていて、 こちらの方は離婚歴が2度あることで、二人を混同してくれている人が多い気が実践します。

小谷実可子(みかこ)。小谷真生子(まおこ)。 似てますよね(笑) 二人は姉妹でも存在しませんし、目下のところ関係ないです。

と言う理由で、小谷実可子さんは離婚してございません。

小谷実可子の姉や昔の若い頃はどうなのか?

姉がやっていたインパクトで始めたそうです。

母は元モデル。

最初の大会の水着は母の手作りだった。 娘は中1年生と小学1年生。

長女が逆立ち行いつつテレビを見る。自分自身も同じ事をしていたので「DNAだな」と予想する。

小3で「シンクロをマスターしたい」と言ったそうです。

「アーティスティックシンクロ」の教室を、競技を引退してからスタートしたそうで、競技ではなく水上の学芸会のセンスでやったそうです。

オリンピックの銅メダルに関しては執着はなく、スタートがある人に貸してしまうというやり方も。 「メダルを取るまで四六時中が忘れられない重圧があって、メダルは単なるおみやげと同様の物」だそう。

昔や若い頃は、 アメリカ留学をしているのですし、英語はお手の物だと思います。 2016年や2020年の五輪招致行動で英語をアナウンスしていますが、 わりと日本語英語とほぼ一致した発音をしていました。

聞く所の結果では、実質的にはもっとネイティブに近い発音でしゃべれると思われます。 英語圏以外の票を狙うための作戦ではないか、と言われている意見もあるらしいですね。

時点でも現役のアスリートとの人脈も多いと思いますし、 英語で直接キャッチボールが取れる小谷さんは、大事な人員になります。

今後の活躍に期待ですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする