くっきー(野性爆弾)の実家の場所やアトリエ(絵)がヤバ過ぎる!【深イイ話】

「深イイ話」に野性爆弾のくっきーが特集される。

野性爆弾のくっきーと言えば、アトリエ(絵)の才能がありその実家が絵の宝庫と化しているんだとか。

野性爆弾くっきーのその実家の場所やどんな感じのアトリエになっているのか非常に気になります。

今回はそんな野性爆弾くっきーの絵の才能や実家のアトリエから場所まで徹底追求していきたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

野性爆弾くっきーの嫁や経歴から

本名:川島 邦裕

ニックネーム:くうちゃん

生まれ:1976年3月12日

出身:滋賀県 守山市

AB型

学歴:滋賀県立守山北高等学校

野生爆弾くっきーは2004年に結婚しているとのことです。

相手はくっきーが東京で役回りが応じた時点で ファンレターをもらった相手だそう。 従って単純にファンに手を出したと言う理由ですね。

その上当時、くっきーには彼女がいたと聞きました。 その彼女と別れて、お付き合いをなされたと思われますね。

その後7年に及ぶ同棲のライフスタイルを経験して 結婚に至ったのだけど、 そのブライダルを切り出したキーポイントは なんとまたくっきーの浮気と考えられているもの等の奴です。

くっきーの浮気が理由でゴタゴタをしてる最中に 彼女が過呼吸になり その事情を落ち着かせるために 抱きしめて「結婚しよう」と プロポーズしたなんていう風に。

彼女さんも過呼吸中に 突然にプロポーズと言われるものなどは ある種急きょすぎて考慮するヒマなんて なかったんじゃないか。

2008年に長女が誕生し 2012年には長男が誕生していると思います。 なんだかんだできっちりと家事などもこなしているそうですね。

過去に「やすとものどこ行こ!」で 野生爆弾のお二人がゲストで出ていたんけれども その時、くっきーは娘さんは好きなアリスのクッションを買っていました。

スポンサードリンク

野性爆弾くっきーはアトリエ(絵)の才能がヤバい!

くっきーは個展をスタートしたり 絵本を投じたりするほど 独特な絵画を描きます! 昔ばなしと言われる題名なんですが 子供向けではないと考えられます。

くっきー自身も 「ご本人のお子さんに見せますか?」 と言われる質問に、きっぱりと 「見せないと言えます」 と公言していたと思われますね(笑) その他には 「リスクな思想になったら駄目ですからね。 違う子には観てもらいたいです」 と笑いを誘っていたと考えられています。

ちなみにレビューは高評価でしたよ! くぅちゃんの絵が好きで買ってみました。ディテールは元の物語とはまったくもって別物とは言えハッピーに見れました。

想像力にあっぱれです。

おもしろい。ふざけているようで的をゲットしている。大人に納得できるね。

くだらないけど醍醐味のあるくーちゃんの世界観は好きです 炭火焼肉たむらのロゴデザイン芸人たむらけんじが経営すべき 「炭火焼肉たむら」のロゴデザインを 申請し謝礼という形で20万円支払ったとささやかれていますね。

そのお金でくっきーはご婦人に 指輪をプレゼントしたそうですよ それと同じ様なとこにお金を使う くっきーがまたいいですな。

むしろいい旦那さんですな。

うきえの小言結構暴言を吐く笑いのスタンスの くっきーけれども 正しく言うと家族思いの丁寧なパパなんです。

絵のスキルも合致したりと 将来において、アートの方でも快進撃していきそうですよね。 個人的に野生爆弾ツボなんで 今まで以上に沢山のバラエティー放送番組に 出てほしいなと感じる次第です

⇒m-flo・LISAの今現在や結婚と自宅!脱退理由やカップがヤバい!?【深イイ話】

野性爆弾くっきーの実家や場所は?

実家は過去に、関西ローカルの放送番組 「爆裂バラエティー シャバダバの空に」で プログラムされたことがあると言われています。

そのケースでは、父親や姉に至るまで登場し、 面白エピソードをたっぷりレクチャーしてくれたそうです。

滋賀県の守山地区周辺なんだと思いますけど、 間違いなく地元では評価が高いしょうね 。

野性爆弾くっきーの展示イベント「『超くっきーランド』×『超渋谷展』」以前東京・ラフォーレミュージアム原宿で開催され、 これに関しては渋谷区観光協会がチャレンジする渋谷区の観光プロモショーン事業「超渋谷展」の一部分として行われるもの。

渋谷に関わりのある大手クリエイターとくっきーによるコラボ作品や、「スクランブル交差点」を題材にしたくっきーの製作物を展示するほか、くっきーが十八番とする指字アート、絵画、撮り下ろしショートムービーやライブで上映してきた過去の映像作品など、多種多様な作品を公開する。

くっきーは、芸人仲間が「天才」と口を収集する男。ではありますが、その独特すぎる世界観ゆえ、一般評価は困難なと考えられてきた。

フットボールアワー後藤輝基は、そのような彼を

「誰と比べても速い300km出るエンジン積んでるけど、街中もその300kmでしか走れないバイク」

と喩えたと言われている。

ただ、昨年の展示イベントには若い女性がほとんどで詰めかけ、毎日満員。いまでは子供向け教育放送番組にも出演していたりする。

将来においてくっきーがお笑いマニアだけというわけではなく、お茶の間にも受け入れられていく気配がするんだけれどもいかがなものか?

とにかく今後の活躍に期待したいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする