ペニーファージング祭り(オーストラリア)がハンパない!乗り方は?【イッテQ】

「イッテQ」にペニーファージング祭りと言う自転車の祭りがオーストラリアで開催されるそうですが、なにやらハンパないらしい。

ペニーファージング祭りとは、毎年2月に開催されるオーストラリア特有の祭りだそうだが、その真相は強大な自転車を乗り回す祭なんだとか。

今回はそんなおもしろおかしな祭りが、イッテQで紹介されるとの事なのでご紹介していきたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

ペニーファージング祭とはなんなの?

元来「ペニーファージング」とは実際は何ですかね・・・

チェックしてみたところ、間違いなくペニー・ファージング(Penny Farthing)と言って「自転車の形」を出現させる言葉と考えられます。

ペニー・ファージング(Penny Farthing)は19世紀後期に盛んに発明された自転車の形態。「ペニー・ファージング」の名称の由来は、直径の大して別々の前後輪を、イギリスの1ペニー硬貨とファージング(1/4ペニー)硬貨に見立てたことによる。

想像以上にでっかい前輪、とても小さな後輪の組合せが特徴的な自転車ですね!我々が覚えている自転車には前後輪をつなぐチェーンがあり、クランクを回して後輪を駆動させる方式が求められていますが、ペニー・ファージング型自転車にはチェーンがないと言えます。

とてつもない前輪に直結するクランクを回すことで推進力を得る機構になっていると考えます。 これ以外には、ブレーキもついていないと考えられています。

ブレーキをかけると、駆動輪が旧ストップしてしまい慣性力が働きすぎて前方に投げ出される失敗の可能性がとんでもなく大きいという理由で、ブレーキをつけていないとのこと(ついている自転車もあるけど使われていない模様)豆知識だと認識してください。

ペニー・ファージング型の自転車は転落したときにケガをするなど「危険」な乗り物と言われるイメージがあったと言われます。

ところで、我々の熟知している自転車のカタチはビックリしますが「セーフティ型」というらしいですよ!

やり始めの頃はペニー・ファージング型の自転車の方が速かったようですが、セーフティ型が進化を遂げ、ペニー・ファージング型の自転車より速くなったことにより、ペニー・ファージング型の自転車は姿を消していったと考えられています。

管理人は、ペニー・ファージング型自転車を見て、「大道芸とかに登場しそうな自転車だな」と感じ入りました。

さて、ペニーファージングが何なのかはわかりましたが、この自転車を使った「祭り」とはいったいどのような祭りなのでしょうか?

毎年2月にオーストラリアのタスマニア島にある、エヴァンデールという街で開催される、ペニー・ファージング愛好家たちによるレースイベントが「ペニーファージング祭り」です。正式名称は、ナショナル・ペニー・ファージング・チャンピオンシップだと考えられますね。

ペニーファージング祭りの歴史は古く、1983年から現在まで続いています。

エヴァンデールはタスマニア島の北部にあり、2006年の統計にとって人口約1000人のちょっとした街です。

このわずかな街に、毎年2月になるとペニーファージング祭りが開催されていると思われます。

これ以外にも、対戦は年齢・性別で数個の区切りがセッティングされているようですね。誰にでも楽しめるように、と考えられている気配りが伺えます。

カリキュラムと言えるものはイッテQで 宮川大輔は恐らく、メインレースのマイルラインで行われるチャンピオンシップに加入したと想定されます。

スポンサードリンク

ペニーファージング祭りのルーツは?

そもそも、どういう理由でペニー・ファージングと名乗るのか。利点は、当時リリースしていたイギリス硬貨、ペニーとファージングに形が非常に似ていたから。

愛すべきペニー・ファージングの父という形で名の知れたのが、フランスのウジェーヌ・マイヤーという。

1869年にその基礎が作られました。

その後、自転車産業界の父とも発表されているジェームズ・スターレー、アリエル号 を発明・PRし、庶民の間で爆発的支持率を得ます。

当時登記された最高速度は人類史上最大とまで言われていました。

あまり考えずに大きな前輪は、さらなる速度という理由で。車輪が大きいと、1漕ぎで敢行する距離は大きいのです。

申し分なく足は届かず、ブレーキをかけると顔面から落下するのですが、上向いて素晴らしいから一切良いのです。

リスクと言われるほど小さな後輪は、さらなる軽量化という理由で。

1輪車でも良さそうなほど主張の強い前輪の見えない部分には、どんな場合でもこのちょっとした後輪がいるみたいです。

いつか自分の上にも乗ってくれることを願いながら、前輪を支えている健気な輪っかです。 ヨーロッパ人の気まぐれから生まれたジョークに見えてしまうのも無理もないと言えますが、実は確固たるチャリンコ哲学に裏打ちされた形状だったのです。

ちなみに、フレームのでっぱりに足をかけて乗車します。

ペニー・ファージングと人々の祭り 危険で、小回りが利かず、ろくにブレーキもかけられないペニファーは、あちこちに見捨てられました。

安全で、小回りが利いて、ブレーキがかけられる自転車の方が正解だったからだと考えられます。

世界初の自転車世界1周に使われたことも忘れられ、乾いた日常に冒険を目的とする一握りの変人にのみにしか見向きをされなくなってしまいました。

毎年2月に開催されるペニーファージングナショナルカップには、世界各国からペニファー好きが集まります。

老若男女問わず加入でき、想像を越えたイベント行われます。

⇒伝説のゲーセン(高田馬場)の場所や料金!イベントや結婚式がヤバい!【ドキュメント72時間】

⇒イギリスで最も古いシェプトンマレット刑務所ツアーや怪奇現象!【何だコレミステリー】

ペニーファージングの乗り方は?

かなり強大な自転車なのは見てわかりますが、初心者などはかなり手こずりそうな感じはしますが果してどうなのか・・・

乗り方としては、慣れれば乗れそうな感じはしますがまだ慣れていれば難しいそうな感じはしますね。

子供用などもあり、まだ小さいお子さんたちにも楽しめそうですね。

老若男女問わず楽しめる祭りだということなので、一度は体験しておきたい祭りなのはたしかですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする