仲田晃司のワイン価格や嫁(妻)と年収が凄い!神の雫は?【プロフェッショナル】

「プロフェッショナル」に仲田晃司さんが特集されます。

ワインの価格や嫁(妻)と年収や神の雫のキャラクターにもなった仲田晃司さんを見ていきたいと思います。

どうも。オレのトレンド!管理人のオレです!

今回はワイン貯蔵家である仲田晃司さんのワインに関する情熱やどこに行けば仲田晃司さんのワインが買えるのか?についても見ていきたいと思います。

ではでは早速。

スポンサードリンク

仲田晃司のWIKIや経歴

  • 本名:仲田晃司(なかだ こうじ)
  • 生まれ:1972年
  • 出身:岡山県
  • 職業:ワイン醸造家

今現在、ワイン醸造家という形でアグレッシブに実行をされている仲田晃司さんなんですが、もともとワインと関係のある一家に生まれ育ったのかと思いきや、ワインとの出会いは大学生のケースのことだったと聞きます。

当時、フレンチレストランでパートをしていたといわれていますが、それにはワインに出会い、「今後はオリジナルの手で美味しいワインを作ってみたい」と言われる思いを抱くようになったと考えられています。

様々な人々のケースでは、美味しいワインを飲んでも「美味しい」と言われる体験に留まりますが、仲田晃司さんのケースでは、「オリジナルの手で作ってみたい」と言われる方向へと繋がったのが他には楽しいですね。

プロという形で快進撃されている人のケースでは、もともとのキーポイントは予想外にもこのような「素朴な思い」なのだというということが見受けられますが、仲田さんもこのような思いが合致したのですね。

フランスでの訓練 23歳現在でフランスへ渡り、フランス語を学びながら徹底的にワイン醸造を体得するべく、広範囲に及ぶワイン醸造家に従いで訓練をしたらしいです。

現地では言葉の壁だけということはなく、ワイン構造と同様の特殊な業種が理由で、排他的な環境があるフィールドで修行をしていたと言われます。

そんな中で、それと同じ様な壁も乗り越え、現地に飛び込んでの修行には、多量の努力や辛いことなどもあったことが難なくイメージできます。

他には1999年、27歳現在でブルゴーニュワインの産地として有名なボーヌと言われているエリアで、現地の名門ワイン学校で学位をゲットしています。

この学校ではワイン作りに関しての実質的なポイントを幅広く学習できるそうで、日本人学生もいると聞きました。 学位取得後の進路は、仲田晃司さんと比較してここ数年フランスに住みながらワイン作りをする人もいれば、日本に帰国してワイン作りをする人も存在するそうです。

他には、ワインを製造する側ではなく、バイヤー等の販売に力を注ぐ人もいるそうで、その活躍のグランドは広範囲と言われます。

ワイン醸造家として独立 卒業後、仲田さんはモメサン社など、数個の名門ワイナリーに業務し、28歳現在で独立しブルゴーニュにルー・デュモンをオープンしていきます。

仲田晃司のワインは何処で買えるのか?

【ワインショップ eX-WINE 】 ル・デュモンの通信販売と情報発信のサイトか【ENOTECA ? エノテカ】 ワイン通販お客様満足度NO.1サイト でも確認できます。

他には、 イオンのお酒専門店でも確認でき楽天市場でも購入できるようです。

ジュヴレ・シャンベルタン[2014]ルー・デュモン(赤ワイン)[Y] こちらの2014年のワインは仲田晃司氏も認める 「過去最高ヴィンテージ」と考えられています。

春から初夏、実績のケースも、適度な降雨と好天候に恵まれ、健全なブドウが収穫可能になりました。

醸造に至るまでスイスイとすすみ、 赤系の果物の香りの年で、酸とタンニン、コクが絶妙なバランスで余韻の長い後味、 素早くエンジョイするというのも実現しますが、 長期熟成も期待できるブルゴーニュの典型的な魅力がある年の特質を確立されています。

「神が認めたブルゴーニュ」という形でジャッジされてからも 多種多様なトライを試し、 新進気鋭の造り手という形で世界で高いレベルに支持されている仲田晃司さん。

ワインの品質も、製造方法も上向きに信頼を集めている仲田晃司さんですが、 仲田晃司さんは「高級ワイン」ではなく 「飲んでおいしいワイン」をつくることをモットーとしていると断言します。

結果として、有名になり、高レベルであるジャッジを得るようになった今でも、 すべて人に飲んでもらえないような値段のワインはつくらないと言われます。

¥2,000円~¥10,000円の範囲で買える事が可能です。

スポンサードリンク

仲田晃司の嫁や子供は?

仲田晃司さんには、嫁さんと子供が2人いますね。

娘と息子がそれぞれいて、4人家族で生活されていますね。

2人の子供は中学生位の年齢でしょうか。詳細は一般人なので公開されていませんが、パッと見た感じではおそらく中学生位だと思います。

仲田晃司さんは毎日仕事で忙しく、朝から出勤して毎日夜遅くまで勤務されているようで帰ってくる時間がいつも深夜になるそうです。

従って、仲田晃司さんは家族との時間が全くないと問題視されています。

早く事業の方が軌道に載り、仕事漬けの毎日から開放される事を願うばかりですね。

仲田晃司の年収はいかに?

ワイン醸造家の業務はワイン用品種ぶどうを自然発酵させて作成する。

ワイン製造に対してのデータとテクニックを兼ね備えた、職人と言われるよりも、従業員全部を指すことがほとんどだと思います。

ぶどう園を経営し、海外では勝ち組の証という形で、ワイナリーで自家製ワインを作るという意識が、ステイタスという形で注目を集めています。

ぶどうの収益から、翌年1年は無収入となっており、事実上のギャランティが得られるまでは、ワイナリーの平均で10年以上かかるのが一般的なのだそうです。

製品市場も以外に狭く、出荷量も低いので、大手のワイナリーで求人を見る限りでは、製造では手取り16万程が一番多いと思います。

そんな理由から、スタッフがワイナリーのコミッションで日常生活できるためには、ずいぶんとスケールのビッグな酒造メーカーに就業することが重要になります。 年収的には400~500万ぐらいが平均です。

ぶどう酒醸造は、ぶどうの表皮についた天然酵母だけを用いるので、ぶどうの名産地などに数えきれないほどのワイナリー、ぶどう酒醸造所が存在します。

日本では、山梨や北海道が知られていますね。

サントリーなどの酒造メーカーも、自社のワイナリーが存在するので、求人が時々ネットで出てきます。よく耳にするのは、ワイン醸造技術管理士エノログの資格をマスターする道となります。

農業に関しての大学で酵素化学などを学び、卒業した後にワイナリーの求人から就労して、職場で訓練するのがベストのではないでしょうか?

スポンサードリンク

仲田晃司が神の雫のキャラに?

ワインアニメ神の雫に原作者と仲田さんの談話が載っているはずですが、仲田さんは「正しく言うとフランスで取扱っているラベルの99%は、天地人のレポートが入っていないんです。その理由は輸出用のラベルです。」と語っています。

仲田さんのワインが登場する神の雫の話のディテールは、 雫の職場の同僚の娘さんがフランス人の彼ジャンと国際結婚してしまうという。

そうは言っても、彼の父親はその結婚に大反対。本当はフランス人の父親には日本人の血が混ざっていることでその反対に純血にこだわってしまうのと言われる。

最後に

いかがでしたか?

今回はワイン貯蔵家の仲田晃司さんを見ていきました。

ワインに特化して、情熱を注ぐ人は中々珍しいと思います。

その情熱が多くのユーザーに支持され、今現在では仲田晃司さんのワインはかなりの売れ行きだそうです。

今後も彼のワインは進化していき、多くのワイン愛好家に支持されて行く事でしょう。

さらなる飛躍に期待して行きたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする