片山博視の嫁(妻)や打撃と怪我がヤバかった!トライアウトや今後は?【プロ野球戦力外通告】

「プロ野球戦力外通告」に元楽天の片山博視さんが特集されます。

嫁(妻)や子供と打撃や怪我について見ていきたいと思います。

楽天を戦力外になり、トライアウトを受けたそうですが今後の進路やその結果なども気になるところです。

どうも。オレのトレンド!管理人のオレです!

今回は元楽天で戦力外通告を受けた片山博視さんを見ていきたいと思います。

ではでは早速。

スポンサードリンク

片山博視のWIKIや経歴は?

  • 本名 片山 博視 (かたやま ひろし)
  • 生まれ 1987年 4月19日 30歳 
  • 出身 兵庫県
  • 学歴 報徳学園高等学校 卒業
  • 身長 191cm
  • 体重 95kg

片山選手は、ドラフト1位で、 楽天と 広島から指名を評価されました。

抽選の統計で、交渉権を得た 楽天に投手という形で入団が決まり今後の活躍がきたいされ鳴り物入りで入団しました。

高校時代には、1年生ながら エースで4番という形で快進撃するくらい 投打のキャパシティーが合致したらしいです。

高校通算36本塁打を記載していて、 野手という形でのジャッジも高かったことから 投手に限定されず野手に関してのプレーも 関心も揃えていました。

これだけ注目されていた片山選手となっていますが、 プロに関してのライフスタイルが始まり、損傷(故障)が相次ぎ 希望するようなインパクトが残せなかったと考えられます。

左肘を幾度も怪我していたことから、 一時は、野手に転向したりも対応するのですが 仕方なく投手へと再転向すべき形に。

今シーズン始めには、 ”左肘内側側副靭帯”を怪我し トミー・ジョン手術(靭帯再建手術)を しせい受けました。 シーズン取り組み以前手術を受けたことから 実戦登板が不足しているまま、自由契約選手と 扱いされ球団から戦力外通告を受けたとされています。

とにかく怪我が多かった!

片山さんは、高校時代から打者の中でも視線が注がれていた。

2軍戦で安打を放ったこともあって、首脳陣は開花パーセンテージは大いに存在するとジャッジ。この年は2軍のケースでは重点的に一塁を守り、49試合130打数31安打1本塁打11打点、打率.238を認知。

43三振と粗かったが、打球は徹底的にパーセンテージを見出していました。

しかしながら、オフに支配下手続きを解除され、育成契約になった。

2016年も野手という形でキャンプを迎えたが、キャンプ中には投手に再転向。2軍で、打者といった形では2打数1安打、投手という形では11試合0勝2敗1セーブ、防御率4.32だった。

再度育成契約を結んで臨んだ2017年だったが、シーズン以前に左肘の靱帯損傷と疲労骨折が発覚。その後はトミー・ジョン手術を受け、試合出場のないまま戦力外通告を受けています。

この様に片山さんのプロ野球生活には「怪我」というものが随分とつきまとってしまった様にも思えます。

片山博視の打撃はヤバかったのか!?

2010年から中継ぎ投手といった形で2年連続50試合を超えて登板し、2010年には防御率1.88の好成績を残した。2013年の日本一にも貢献した投手の独りで彼の打者転向は、わずかのレポートになりました。

今日この頃は、阪神の糸井やヤクルトの雄平など、ドラフト1位入団選手の打者転向がうまく行っているが、これに’05年高校生ドラフト1巡目の片山は重複すると専門家は伝えていますね。

個人的には、片山の打者転向には意外と驚いてはいませんね。

打者転向のチャームポイントが損傷によるものに相当するのは残念ですが、報徳学園時代から「バッター向き」とトライする声が多かったことから、「打者・片山」のインプレッションにさほどの違和感はないです。

反対に気がかりなのはプロ入り10年目、27歳にしての打者転向と言う理由である。この期間になっての打者転向は、本当に「適切」なのかどうかと言う事。

これ程打者転向がクローズアップされる理由には、糸井と雄平のサクセス例が頼りになるイメージを与えたからに他ならない。

糸井はプロ入り前から、野手転向パーセンテージを感じとっていた。

それなのに、糸井と雄平のケースを的中させると、そんな中で情は多少バラバラになっている。

前者・糸井の転向はプロ入り事前に考えられていたもので、球団のビジョンが正確に裏でフィットしていたと言います。

2003年、自由枠で日本ハムに入団した糸井が、大時代は150kmを投げる投手だったと言われるものは評価の高い話だ。身体スキルに身体がついていかず、大学3年と言われるに至るまで雌伏の期間を有したが、3年時に頭角を描き出すとアマチュアを代表する投手になっていったと言います。

この様に現阪神の糸井選手と重なる逸材だった訳であり、片山博視のバッティングスピードをみた専門家は同じ阪神で活躍した林威助とほぼ同レベルだったと言う。

⇒實松一成の今現在や嫁(妻)と家族!愛車や今後は日ハム!【プロ野球戦力外通告】

片山博視の嫁は綺麗!?

これまで怪我に悩まされる生涯だった 片山選手とは言え、ライフスタイルのケースでは一般女性と 2011年に結婚しているとのことです。 ご婦人とは、知人のPRを通し 出会ったらしいですね。 片山選手が一目惚れして 猛アッタクしたと聞きました。

宮城県に住む千晴さんという女性と結婚しています。

この年にお子さんも生まれていて 女の子ですね。

ファミリーも多くなって幸運だったそうな一家ですが、 昨年には離婚をしたという 噂が合致したと噂されています。

年を増すごとに損傷が続いていたお蔭で、 サラリーも下降すると同時に 現実的に離婚したのだとすれば、 これがファクターだったのかもしれないですね。

とにかく、今後の彼の動向に注目していきたいですね。

⇒松坂大輔が統一ライオンズ(台湾)移籍(入団)か!?年俸や契約金は?

片山博視のトライアウトの結果や今後の進路はいかに!?

ぶっちゃけ、トライアウトの成果は手術した瞬間に今年でクビだろうという決意はしていたそうで、戦力外通告を受けた後も現役続行を望み、11月15日、マツダスタジアムで行われた 12球団トライアウトに参入したわけです。

トライアウトには、投手26人、野手25人の計51人が加入。 各選手 生き残りをかけ 1ストライク1ボールからのシート打撃形態で行われたチャレンジに挑みました。

手術から8か月で久しぶりに実戦登板始めた片山選手は、この日 最速134キロで打者4人に対し 2奪三振、被安打1、1四球。 肘に少し痛みが沿ったと思われますが、「冷静に楽しんでいる自分自身がいたと言います。

バッターに投げるのは6か月ぶり程。こうやって投げられたという考え方が正解だった」と晴れやかな表情で確認していました。

成果は不本意ながら球団からは声がかかりませんでしたが、その後、独立リーグのルートインBCリーグ武蔵ヒートベアーズが兼任コーチで投手とし契約することを片山選手にオファーを出しこれを本人も受諾。

これからの活躍に期待したい。

スポンサードリンク

最後に

いかがでしたか?

今回は元楽天の片山博視氏についてでした。

毎年恒例で行うこのプロ野球戦力外通告は、残酷と言えば残酷ですがこれもプロの世界でお金を貰うと言う事はこれだけ厳しい道のりだと言う事ですね。

成功すれば億は稼げる世界。

しかし成功出来なければ、全く稼ぐ事が出来ない反面、クビと言う残酷な結果が待ち受けています。

これからプロ野球選手を目指す少年にも、この現状を理解した上で目指して欲しいものです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする