川上春菜のWIKIやリレーと経歴!今後や知的障害とは?【ハートネットTV】

「ハートネットTV」に陸上選手の川上春菜さんが特集されます。

川上春菜さんは、重度の知的障害者でありリレーをしている事やWIKI、経歴などがあまり公表されていません。

今後の活動や川上春菜さん本人とのコミュニケーションを明確にする為にも、濃い情報をお届けして行きたいと思います。

ではでは早速。

スポンサードリンク

川上春菜のWIKIや経歴

重度の知的障害がある川上春菜さんは今現在19歳。 走り出したタイミング、その身体は力強く躍動にトライしています。

現在は陸上競技・リレー種目の日本代表に選ばれ 5月にタイで開かれた世界大会のケースでは400メートルリレーで2位になりました。

彼女が意欲的に陸上競技をスタートしたのは、ほんの2年前。 通っていた特別サポート学校の恩師が強靭な脚力に 秘められたキャパシティーを見つけ出したことこそがキーポイントだった。

走ることを合算して、心を確立していく彼女を見ていきたいと思います。

なんせコミュニケーションを取るのが苦手

彼女は重度の知的障害が存在するという理由で、他人とキャッチボールを取るのが苦手。

しかしながら彼女には陸上のスキルが適して、体育のカリキュラムで走っている様子を一目見た先生が、この子は陸上に合っていると見抜いて陸上を進めました。

しかしながら、春菜さんは他人と会話を取るのが苦手なので、「何回も走れ!」と指令を出しても彼女には効率的に伝わりません。

そんなわけで、走り方等の指令は先生が試行錯誤やりながらレクチャーしていきます。

「徹底的に走る」を伝えたいケースでは「ウルトラ」ってアピールすることで全面的に走るチャンスと言われるものをアドバイスしてました。

陸上をスタートしたことを足掛かりに、彼女もだんだんと心を確立していって、家庭で日常生活するときも父親とキャッチボールが取れるようになっていました。

ちなみに陸上をスタートするまでは父とも話し合いを取れていなかったそうです。 先生に会えたことで彼女が変化していく様子がプログラムされていると思います。

彼女は陸上のキャパシティーを持っていました。

それもあっても学校の先生に出会うまでは、誰もそのスキルには気がついていませんでした。 体育の教科で走っている姿を、陸上の指示をしたことある先生が偶然見たことがきっかけで陸上のアビリティーが目覚めました。

当然自分自身の取り組みもあったとは思いますけど、この偶然が結びつかなかったらスキルは埋もれたままですよね・・・。

プロ野球選手などでも高校までパッとしなかった選手が、大学で理想的な指導者に出会ってスキルが急激に開花するべきことも考えられます。

また、ドラフト下位で選ばれた選手が理想的なコーチに会えて、一流選手に相当するなど多くの選手が出会いによって一生涯が異なっています。

もう一方ではダメな指導者に出会って、スキルがあったそれにもかかわらず潰されてしまった選手もいると思われます。

人との関わり合いはキーポイントだし不可欠にしたい川上さんも恩師に出会えたことで次なる道が開けました。

新鮮な自らの世界を見つけ出すこともできたし、この先もやればやるだけ違う道が拡大していると感じられます。

丁度いいこっちが羨ましく実感するほどに、陸上を行っている彼女の様子は生き生きとしています。

社会人になってから仕事内容で直面する人くらいしか、交流関係が増加していないけど、格段と前進するのであればに色々な人と関わっていきたいと思う。

どんな出会いになるか これに関しては承認していないし、マイナスを出す時も沢山あるかもしれないけど、それも楽しんでいけるとやりがいのあるものですよね。

スポンサードリンク

川上春菜の知的障害とは?

川上春菜さんは、知的障害が存在する短距離ランナーだ。

100mの自己ベストは13秒70で、知的障害のあるアスリートがある中より国内トップレベル。 去年全国大会に優勝し、リレーの日本代表に選ばれた。

専門家の話でも、彼女のみたいな例は見たことがないと言われる。日本記録も出すことができるようなパワーを秘めているように映ると言われる。

春菜さんの走りを開花させたのは坂口先生との出会いだった。

春菜さんは、能登町小垣で父親の政二さんと二人暮らしで、政二さんは陸上に取り掛かったことから春菜さんが大きく変わったと考えている。

体重1,442gで未熟児で産まれた春菜さん。 小学2年生時点で知的障害と診断された。その頃、両親が離婚。友達とも遊ばず、大きく笑う状態も結び付けられなかったと言われる。

陸上に取り掛かり、人と話しをするようになり笑顔も拡大して行った。政二さんは、走っている様子は従来のライフスタイルがある内から最もいい状態と言われる。

石川県立七尾特別支援学校珠洲分校高等部 3年生の春菜さんは、2017年に分かれ道を迎えた。

卒業した後は福祉施設社会福祉法人佛子園が運営する障害者支援施設で働きながら、世界選手権に特化したトレーニングを敢行することになった。

春菜さんのお役回りは野菜づくり等の農プロセスだ。

仕事先の仲間と結構馴染めずにいた。

19歳の誕生日に働き場所の仲間達からケーキをプレゼントされた時には なんで走ってるのと聞かれ「ちょっとだけ幸せだから」と話した。

トレーニングの状況も変わろうとしていた。 世界選手権と言う理由で仕事先のバックアップの影響で一人コーチを増やせることになったのだ。

新コーチの垣内雅博さんは知的障害者をサポートする社会福祉法人 に任務、陸上競技のトライがある。 坂口さん以外とトレーニングするのは全く未知の状態だが走りにも勢いがない。目まぐるしい変遷に戸惑っていた。

世界選手権に関しては、穴水陸上競技場でリレー競技のトレーニングを始め、静岡県裾野市で日本代表の強化合宿が作成された。 春菜さんが出場するのは400mリレーですが、春菜さんはバトンを提供する必要がないアンカーを任さました。

トライしてみる勝負どころが分からず動けない。

バトンを獲得するためには前の走者が近づいてきたのに合わせるように走り出し瞬時にトップスピードに乗ることが不可欠で、受け渡しはバトンゾーンで行わなければならないんですね。

チャンスよく走り出す為にの言葉を欲しがっている。

未経験で活用したのは「逃げろ」

そうは言っても、ベースに乗るという意識が出来ない。 そのために「ピュー」と言われる言葉に変えたら安らかに勝負どころを把握して来た。

プロの専門家までも春菜さんの走り方を評価してくれている。日本記録も残すことができるようなキャパシティーを秘めていると全身全霊で彼女の能力を信じていました。

最後に

人間ののパーセンテージは無限大です。

学校生活や仕事先で苦悩している人も、関わっている人が変わっただけでとてつもない移り変わりがあると断言します。

一方で今のライフスタイルが十分であるからって、ロクでもない人と付き合いだしたら近くの人が意識してくれたパーセンテージを潰してしまうことも想定されます。

良い作用をくれる人と付き合って、自分自身も近隣に理想的なインパクトを与えられるかのようになっていければ、好循環なヒューマン関係が築けると断言しますね。

最後までご覧頂きありがとうございました。

関連記事は下です!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする