新潟県阿賀町の謎の建造物は持倉鉱山!今現在は廃墟?【何だコレミステリー】

「世界のなんだコレミステリー」に新潟県阿賀町に位置する謎のコの字をした建物「持倉鉱山」の今現在にスポットして行きたいと思います!

どうも。オレのトレンド!管理人のオレです!

今回は、新潟県の山奥にある謎の建造物が「何だコレミステリー」に紹介されると言う事で、持倉鉱山とは一体何なのか?はたまた今現在は廃墟と化しているのか?について見解して行きたいと思います。

ではでは早速。

スポンサードリンク

新潟県の山奥にある持倉鉱山とは一体!?

新潟県の阿賀町とは、普通の田舎の様な感じの町でここから1時間ほど山の奥に歩いて行くと、何やらラピュタを思わせる様な神秘的な建造物に出会う事ができます。

この建物こそが、「持倉鉱山」と言われ明治時代から大正時代にかけ製錬所として利用されていた場所です。

当時の時代は、採掘が盛んな時代であったためこの施設では役1000人以上もの従業員が労働されていたとされていますね。

ここから数キロ離れた場所には、集落や学校などの施設も当時はあったようで、この周辺ではかなりの人で賑わっていたようです。

別名五十島銅山とも呼ばれたそうで、1700年頃より採掘試験がスタート。

集中的に蛍石の採掘を行い大正期以前だと銅の採掘も行われていたそうです。これ以外に金・銀・鉛・亜鉛が採掘された。

1963(昭和38)年に閉山。

山中に古代遺跡と同様な煉瓦造りの職務所跡遺構が残ってある。

物件は規定されており、無断侵入や破壊・損壊活動、物品の持ち出し等は法的に禁じられていると考えられます。

これ以外には周辺エリアを訪問されるケースに関連して、公道上という理由で外見のみを見学し、市町村民のあちこちに迷惑となる活動は強く慎まれるよう要請されていると言う。

データは最先端のケースを反映しているとは限らず、リニューアル公表されているというようなケースも考えられます。

もっと言うなら、利用施設以外の施設をおことわりの上アナウンスしているケースがありますからご注意と言うニュアンスもあります。

持倉鉱山の今現在は廃墟?

持倉鉱山の今現在は、一応管理下の中で厳重に管理されていますね。

一見見たら廃墟の様に感じるかもしれませんが、基本的には無断で侵入や勝手な行動は禁止されています。

地元の町の人らと合同で調査をしていたり、今後の所有などの件に関して話し合っていくものだと思います。

以前、人気番組の珍百景などにも紹介されていますので、新潟県では有名な珍スポットの1つとして称えられていますね。

ネット上の声なども、

欧州の古代遺跡が残る持倉鉱山 地元である新潟県にこんなもの があるだと!? こりゃぁ 見る価値がありそうだ! ~持倉鉱山へ~

新潟には本州の軍艦島と言っても良いレベルの廃鉱山があるそこは廃墟などでなはい。欧州の神殿跡である等など友人らだけでなく少しググっただけでも数多くの先人の方々が語っていた。これは行くしかないでしょ。季節によっては熊との遭遇やヒル地獄の恐

とかなり興味深々な意見が多いですね。

元々、昭和17年に採掘が再開されたものの、38年に完全に閉山となってからは完全に観光スポットとなっていますね。

ちなみに場所は、新潟県東蒲原郡阿賀町五十島ですね。

スポンサードリンク

最後に

いかがでしたか?

今回は新潟県の山奥にある謎の建造物、「持倉鉱山」についてでした。

ここまでにたどり着くまでは、結構険しい道のりだそうであまりナメて掛かると体力的に持たないと言う情報もあります。

あくまでも、山奥にある場所なので行くにしてもそれなりの準備と経験は最低限必要かなと思います。

さもなくば、息切れや体力が続かないケースも結構多いみたいです。

観光に行くなら、ちゃんと計画的に準備してチャレンジして欲しいと思いますね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする