仁科亜季子とピーターは結婚前提で恋人!自宅場所が判明!【爆報フライデー】

「爆報フライデー」に仁科亜季子さんが結婚前提で真剣交際していたとされる恋人はピーターさんだった事が判明した。

今回はピーターさんの自宅場所や、仁科亜季子さんの男関係などにもピックアップしていきます。

どうも。オレのトレンド!管理人のオレです!

ではでは早速。

スポンサードリンク

仁科亜季子が結婚前提で交際していた恋人はピーター!

仁科亜季子さんと言えば、故松方弘樹の嫁として長年芸能界を牽引してきた大物女優の1人でもあります。

そんな彼女が、松方さんと結婚する以前に真剣交際していたのが池畑慎之介事ピーターである。

なんとも不思議なカップルだが、2人には2人しか理解できない強い絆があったとされています。

当時若かりし頃の仁科さんには真剣に結婚を考えていた人がいました。

恋の相手はピーター。

2人の恋の始まりは43年前 互いに芸事のファミリーでそもそも家族のコミュニケーションがあった 16歳の仁科がピーターに会いたいと、母に申し込んで舞台中の楽屋を訪ねました。

当時人気アイドルだったピータースタート時は仁科の反面的な片思いだったそれと同等のある日、人気者のおかげで忙しすぎたピーターが疲労で入院。

入院中、仁科はピーターに寄り添い明けても暮れても献身的な介護を続けた 仁科の一途な様子にピーターも心惹かれ、2人の交際が誕生した ピーターは過密スケジュールの中、デートのタイミングを作っていた 。

そうは言っても2人の恋に立ちはだかったのは、スクープやアイドルだったピーターと有名歌舞伎役者を父のもつ仁科はマスコミの格好の餌食とされていてた。

嫁入りを狙い始めた2人 そうは言っても2人の破局は急きょやってきた その理由は仁科のある一言がキーポイントだった。

「私デビューしようかとおもうんだけども、どうかな?」

仁科に芸能界に対するスカウトがきた事で勿論のこと支援して貰えると思い描いていたが、その一方でピーターは 「芸能界に入ったら現在のようには会えないよ」 ピーターが反対するポイントが分からなかった仁科は深く思うことなく芸能界デビューしました。

そうなれば2人の恋はあっけなく終わった。

とは言っても仁科はその後、ピーターにプロポーズしていた 仁科が離婚して46歳の時、電話で「戻ってきたらもう一度貰ってよ」とプロポーズ。

しかしピーターは 「やだよそんな中古物」と語ったようです。

大物俳優Xとの恋愛も経験している 当時21歳のピーターは支持率絶頂 後の大物俳優Xというのは人目を気にやりながらひっそりと交際をしていた 体験したことのない同棲くらし 彼に尽くし事がピーターの生き甲斐だった 一途な大恋愛は俳優Xのシンプルな一言で終了する 「俺、俳優になろうと思うんだ」 このたった一言でピーターはそのXとも別れる事になります。

ピーターの自宅が判明!?

元々、ピーターさんの生まれは大阪の宗右衛門町です。

今は歓楽街とはいえ、古くは料亭が建ち並び、芸者さんが歩いていたり、人力車が行き来行われているような場所でした。

彼はその中に出ている一軒の料亭で生まれました。

その後、両親が離婚をしたため、8歳のときに母方の故郷なのだと言う鹿児島へ。そこで最初に、土に触れるライフスタイルを知ったのです。

土の上で遊んだり、倒れたり行う事は、彼に限って言えばはモダンなチャレンジでした。家の前には海が丁寧に広がり、遠方には桜島が望める。

まったくもって絵葉書と同様の美しい景色を見ながら育ちました。鹿児島で過ごしたのは中学3年生の後半に至るまで。進学に焦点を当てている学校に息苦しさをフィーリング、家出を行って東京へ。

その後大阪の父の家で日常生活を敢行することになりました。6か月前後暮らしたものの、今度は父の元から家出。

レールを敷かれ、干渉されるのが嫌だった彼は、口うるさかった父とのライフスタイルに耐えられなくなり、単身上京したのです。

上京後は、ゴーゴーボーイといった身分でクラブで働きました。その当時の住まいは、クラブのボーイさんのアパート。

押入れに布団を敷かせてもらって寝泊りしていましたね。

そうだとしても、上京して3ヵ月後にはスカウトをしていただき、近頃にして思えばトントン拍子に芸能界デビューが決まりました。

全く未知の状態で部屋を借りたのは広尾のアパートでした。当時から寝る場所は正確無比にしたいと言われている思いが合致したため、その後お役回りがグレードアップする毎に、家も広いところへとランクアップしていきました。

一時は四軒も所有していたくらい、「家が大好きで、家のことばかり思案している」と言われるピーターさん。

現在は海が目の前に広がる葉山の一軒家での暮らしを楽しみつつ、またそれ以外のステップに対しては目新しい暮らしに夢を膨らませていると言います。

それと同じ様なピーターさんの家への思いをうかがいました。 若い際には、気ままに生きたいという思いのほうが強かったので、家を買うとか、あんまり考えなかった。

それが、なぜか40歳で熱海(静岡県)に住居を構えた。お酒を飲まない私に限って言えば、これが贅沢と言われるか、私にちょうどいいお金の使い方だったんです。その後、52歳で葉山(神奈川県)にも家を建てました。

熱海や葉山に家を建てたのは、幼いときに育った鹿児島での原体験が合致したから。海の感じる家に住みたかったんです。

海、いいですよね。

寄せる波も、雲も、空も、1秒毎に別個の感じ。

同じ景色と言えるものはなくて、目下のところ見飽きないと言えます。

父から譲り受けた高輪(東京都港区)を含め、三つの住居は私の場合は大事なものでした。

3軒の家にその時々の都合で住んで。

1カ所にじっとしていられない性分と言う理由で、それと同じ様な暮らしが向いていたんだと思います。

でも、そんななかモノを持つことに疑問を認識する出来事が起こった東日本大震災です。

震災の映像を目の当たりにし、また震災後に強く生きておられる被災者の方を思うと、モノを設立してくれているという意識が無駄に、自分自身が嫌になったんです。

そんな理由から家を整理しようと決定しました。

熱海の家は美しい海が期待できるものの、山の上なので波の音や潮風までは映るという意識が困難だと思います。

したがって、「これまで以上に海を肌で感じられる場所に住みたい」と言われる気持ちが強くなったのでしょうね。それと同じ様なときに、海からすぐ近くの土地が見つかり、家を建てることにしたわけです。

葉山に家を構える少し前には父が亡くなったということより、港区高輪におすすめの父のトレーニング場の家を受け継ぎリフォームをしたわけです。

その後、ハワイにも物件を入手していたので一時は家を四軒も持っていたのです。一人暮らしそれにも係わらず、家を四軒も設立するなんて言う人は早々いませんからね。

でも、それが私なりのお金の使い方。車にお金をかける人もいれば、衣服は妥協したくないという人もいる。

その部分、私は家がダントツに優先順位が高く、最も不可欠にしたいものになると言えます。

当然で、家を建てる際にはデザインもユーザビリティも激しくこだわりますし、自宅で暮らす手間暇を特に大事にしています。

外食するべきことと比較しても自宅で料理を行うことが好きだと思いますし、職務が終わればすぐにでも家に帰りたいとも思っているのですね。

である故、私は出不精ですよ。

出不精になるくらいに家が好きってことだし、そう思える家にすることが私の家づくりのコンセプトというわけです。

でも、60歳を前に穏やかに変わり始めました。

体はひとつだと言えますし、将来において四軒を全部管轄下に置いているのは予想外に。である故、家の断捨離をしようと感じ入りました。

特に、熱海の家を手放し決めました。次にハワイの家を売り、高輪の家は父の知り合いに譲りました。

勿体ない事に、家に関する価値観が変わったわけではないと思います。

この断捨離は、明けても暮れても心地の丁度いい自宅を目的とする彼のケースでは、それ以外のグレードに移転するための調整と同様なもの。

ですので今もいい物件に出会うためのアンテナはどんな時でも張っておりますと語っています。

スポンサードリンク

最後に

いかがでしたか?

今回は仁科亜季子さんとピーターさんの不思議な関係をお話ししていきました。

現在、離婚や交際を繰り返してきた仁科さんともピーターさんは仲がよく、2人で未だに手を繋いでよく歩くそうです。

傍から見たらただのカップルにしか見えないとの評判もあり、殆どが2度見されるそうです。

確かに2人が手を繋いで歩いていたら、オシャレな中年男性と女性にしか見えないでしょうね。

とにかく今後の2人の活躍に期待ですね。

最後までご覧いただき頂きありがとうございました。

関連記事は下です!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする