竹田麻里絵のWIKIや結婚と彼氏!年収やジャズがエグい!【今夜くらべてみました】

「今夜くらべてみました」にジャズピアニストの竹田麻里絵さんが登場です。

WIKIや結婚と彼氏、年収などについて見ていきたいと思います。

どうも。オレのトレンド!管理人のオレです!

今回はジャズピアニストの竹田麻里絵さんについてですが、何やらたくさんのミュージシャンとのセッションがお有りの人でジャズ界では有名な人なんだとか。

ではでは早速。

スポンサードリンク

竹田麻里絵のWIKIや経歴

  • 本名 竹田麻里絵(たけだ まりえ)
  • 生まれ 1986年10月12日
  • 出身 北海道

3歳からピアノの習い初めては、既にその頃から音楽に興味を持っていたとされています。

その後は、ピアノを軸に作曲や作詞などにチャレンジし幼いころからジュニアの部のコンサートなどに多数出演。

その経験を活かして、どんどん音楽への才能を伸ばしていきます。

地元の北海道でも、オリジナルのピアノコンペティションなどでスキルを磨き、見事入賞を果たしています。

中学時代には既に巨匠山下聡氏に弟子入りし、地元では彼女の名前は知らない人はいない程のアーティストになっていました。

進学に連れ、ピアノからジャズに興味が変化しそこから本格的にジャズと言うジャンルにのめり込む。

その後も、洗足学園音楽大学ジャズ科に入学し

  • 中村誠一氏
  • 谷口英治氏
  • 原朋直氏
  • 有田純弘氏

等と言った、有名アーティスト達と共演も果たしています。

竹田麻里絵は結婚して彼氏はいるのか?

竹田さんは、ぶっちゃけ今まで音楽一筋で突っ走ってきた女性だと言えます。

従って、異性とのお付き合いなどしている暇は無かったと思います。

学生時代でもピアノからジャズに意向してその後はヤマハなどの音楽教室に通いながらバンド活動まで行っています。

従って、相当忙しいライフスタイルを送っていたと思います。

その後も大学を出てから、アメリカボストンに留学されていますし現地で有名アーティストの「George W. Russell Jr.」氏に師事されています。

ボストンにから帰国後も、国内のアーティスト(aikoや神谷えり)などと共演を果たしており、今現在もとんでもなく忙しい毎日だと思います。

従って、結婚して旦那とゆっくり過ごしているとは中々考えにくいですね。

なので、交際などに置いて彼氏の存在も今のところはいないと思いますね。

⇒マリアセレン(オペラ歌手)のWIKIや本名と年収!結婚や年齢は?【今夜くらべてみました】

竹田麻里絵の年収がハンパない!?

基本的にジャズアーティストの年収は、300万未満とされています。

安~と思われるかもしれませんが、月給的に25万位ですね。

しかし、名前が売れていてネーミングバリューだけで集客できる様になれば、たった1公演で30~50万のギャラリーはあるようです。

従って、これが年間100公演になると3000~5000万円のギャラリーになります。

中々夢があるビジネスです。

実際に国内で活動されているピアニストでも、

音楽教室のピアノ講師:300万円
プロのピアニスト:400万円
派遣ピアニスト:250万円
レストランやバーでのジャズピアノ演奏:200万円

こんな感じです。

ジャズピアニストの年収ではありますがピアニストという形で単独で演奏会を実践したり、協奏曲のソリストができるピアニストの出演料は10万円から100万円程度と、そのピアニストの実力と知名度に左右されて結構差があります。

しかしながらプロのピアノ演奏家は限られていてピアニストの奮闘する場は音楽教室のピアノ講師や、派遣ピアニストという形で結婚式のお披露目などにおいてピアノ演奏をしたり、レストランやバーでのピアノ演奏などが当たり前です。

音楽教室のピアノ講師は月給制のケースでも見られますが、通常であれば時給が多く1時間1万円前後が当たり前です。

月給制のピアニストの平均給料は17万円~23万円とされ、ピアニストの平均年収は約280万円です。

他には派遣会社に活用しているピアニストのコミッションは、結婚式の披露宴などでのピアノ演奏で1回につき、1万円から3万円程度が市場でしょう。

レストランやバーでのピアノ演奏も1日に3回ほどのステージで約1万円が市場となっており個人でピアノを教えたりしてくれているピアニストが当たり前です。

男性の平均年収 417.1万円 33.0万円女性の平均年収 314.7万円 24.9万円 ピアニストで年収1000万円以上収入を得るためには世界中のピアニストとしてソロの演奏会をやったり、協奏曲のソリストが可能なピアニストのなかには、年収1000万円以上を稼ぐピアニストが存在するのです。

日本人のピアニストのなかにも、年収が1000万をオーバーするピアニストはいると推定しますが、めったに見られないのが現実です。

年収1000万円以上を稼ぐピアニストの出演料は、1回につき100万円以上で世界的な規模で演奏会を行っていて、CDを何枚も紹介しているピアニストも多くその売り上げもでっかい収入になっているようです。

ピアニストとは、ピアノ演奏を商売道具にして収入を稼ぐ人々とはいえ、

その中にも色んな人がいることを忘れてはなりません。

本当は、一般的に考えてインプレッションされる公演等で給料を得ているピアニストと呼んでもいいものは日本国内にそう簡単におらず、

年収が500万円以上に至るピアニストはおよそ150名もいないと言われているようです。

そうは言っても、その150名の中には1回の公演で100万円以上の稼ぎを得る一流の人も含まれており、

その理由は日増しに一握りとなってしまうようです。

ピアニストに分類される職業のだいたいは、誰かにピアノを教える教師としての職を持っているといいます。

音大受験をする人への指示を可能な人であれば、それなりの給料をゲットすることが出来るとすれば、門戸は狭いそうです。

しかも、スクールで教える教師となれば、多くの場合月収制であるので月25万円規模のコミッションとなるはずです。

いずれにせよ、卓越したピアノのノウハウを販売していることに従って収益を挙げることは予想外に困難で、大抵のケースではがピアノ演奏を利用した間接的なルーチンワークになっていることが多いといいます。

スポンサードリンク

最後に

いかがでしたか?

今回はプロジャズピアニストの竹田麻里絵さんを見ていきました。

既にジャズ界では有名な人なので、彼女は相当稼いでいると思います。

管理人の推測では最低でも700~800は稼いでいると思われますので、国内でこれだけの年収があるジャズピアニストは相当レベルが高いと思います。

殆どが食えない程のレベルなので、そう考えたら彼女はジャズ界で成功した一人でもあるように思えます。

今後の活躍に期待ですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする