石橋美里のWIKIや彼氏と結婚は?年収や可愛すぎる!【ナカイの窓】

「ナカイの窓」に鷹匠の石橋美里さんが登場します。

WIKIや彼氏と結婚式、年収や可愛すぎその姿などに密着して行きたいと思います。

どうも。オレのトレンド!管理人のオレです!

今回は鷹匠と言う変わった仕事をされている石橋美里さんのプライベートなどに迫ってみたいと思います。

ではでは早速。

スポンサードリンク

石橋美里のWIKIや経歴

  • 本名 石橋美里(いしばしみさと)
  • 出身 佐賀県
  • 学歴 佐賀女子短期大学

既に学生時代から鷹匠になっており早い段階からこの仕事を天職と思っていたそうですね。

短大卒なので、学生時代ではよくイベントや小学生の講師などを行いそこで鷹匠の腕などを披露されています。

幼少時代に、父親の仕事の影響でタイに移住していた時期があり、そこで鷹匠の職業があることに興味を持ち、そこから本格的にこのビジネスに挑戦するきっかけになったようですね。

既に小学生時代から、ハヤブサなどのに従事しており、幼い頃からハイレベルな経験をしてきているようですね。

そもそも鷹匠ってなんなの?

タカを飼育・しつけするエキスパートです。

狩りや催しでの実演に加え、近頃では害鳥駆除や追い払いもしている。

過去には天皇家や徳川家、大名らに仕えてタカをトレーニングし、狩りに随行した。

今日この頃ではNPO法人の日本放鷹協会や日本鷹匠協会などがテクニックをレクチャーして認定。

トレーニングメソッドや道具に影響を受けて流派が存在する。

諏訪流の鷹匠は初代小林家鷹(いえたか)が織田信長に仕えたとされ、歴代が徳川家や天皇家の鷹匠だった。

諏訪流を受け継ぐ日本放鷹協会のケースでは9人が実行。

明治時代に生業という形で訓練をみせましたが、戦後(第二次世界大戦)の経済状態であっという間に衰退したそうですね。

今では珍しいルーチンワークという形で視線を浴びている。

諸説あるようとなっていますが、日本では、古墳時代に仁徳天皇らに左右されて鷹狩(たかがり)といったことが行われ、鷹匠とされている部分は、その鷹狩の役職を定義する言葉のと言われているようです。

加えてタカ科のイヌワシ、オオタカ、ハイタカ、ハヤブサ科のハヤブサの飼養、トレーニングを行う人の趣旨を鷹匠というと言われているようです。

江戸時代には幕府の若年寄の統率下に適して、現代では宮内省に役職として残っている等、伝統とキャリアが存在します。

現在では明治時代に生業としてサクセスをみせるものの最近は世にも珍しい職種として少し前からテレビを主として何かと取り沙汰されている業務です。

スポンサードリンク

石橋美里の年齢は?

現在、22歳の石橋さんは害鳥排除やタカを飛ばすフライトショーなど、申請に従い国内中を飛び回る。

ライフスタイルの半分以上を鳥と過ごし、現在では命をコンセプトに講義する教育者の顔も持つ。

「大事なことはすべて、タカに教えてもらった。教わったことを、一人でも多くの人に伝えたい」

と語っています。

行動の土台は、田畑を荒らす野鳥の排除行動だったカラスに田畑を荒らされて困っている地元佐賀の農家さんは見事に、ノリの養殖棚を水鳥についばまれた有明海の漁師さん、糞害などに苦しんでいる業者や自治体など、多種の人から申請を受けます。

場所も損害のバリエーションやファクターも多種多様です。

「全部これでいける」と言われるメソッドはないと言えます。

例を挙げれば田畑なら、鳥が集約されるのは収穫前です。

その時点で、広範囲に及ぶタカを活用してあっという間に追い払う。

米や麦の倉庫なら一年中、野鳥が寄ってくるすることになった理由です。

タカを用いるだけということはなく、鳥が嫌がる忌避剤も併用します。

鳥を追い払うときに大切だと考えられるのは、別々のすみかを見つけさせることだと言えます。

「ここは危ないから、別の所に移らないといけない」

と語っています。

石橋美里の年収はいかに?

まず、ぶっちゃけこれだけでは中々食べて行けないのが現状のようです。

鷹匠の基本年収ベースで言えば、200万前後の収入しかならないのが殆どで、副業でされているケースが殆どみたいですね。

おそらく石橋さんも副業か、他の仕事を併用しながら行っている可能性が高いと思います。

やはり200万前後の年収では、ぶっちゃけ生活できないですからね。

であれば、石橋さんは鷹匠の他に何をやっているのか気になりますね。

鷹匠一本でやっているとすれば、おそらく実家暮らしなのは間違いでしょうし、それだけの給料では何もできないと思いますので、ほかにバイトとかやっているかもしれないですね。

最後に

いかがでしたか?

今回は鷹匠の石橋美里さんに密着していきました。

可愛いですし、変わった仕事をされている事から、ブレイクポイントを迎えそうですね。

この様なメディアに出続ければ、間違いなく売れてきますね。

今後の活躍に期待ですね

最後までご覧いただき本ありがとうございました。

関連記事は下です!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする