早坂暁の家族や嫁(妻)と子供は?死因や葬儀とお別れ会は?

作家で脚本家の早坂暁さんが死去されお亡くなりになったと言う速報が入ってきました。

家族や嫁(妻)、子供達や死因と今後のお別れ会などについて見ていきたいと思います。

どうも。オレのトレンド!管理人オレです。

今回は残念なニュースが飛び込んできましたが、作家の早坂暁さんが腹部大動脈瘤(りゅう)破裂の死因で東京都内の病院でお亡くなりになりました。

88歳でした。

彼のこれまでの経緯や渥美清とも交流が深かったと言う事で、そのへんも見ていきたいと思います。

ではでは早速。

スポンサードリンク

早坂暁が死去

88歳でこの世を去った早坂さんですが、一体どれほどの人物だったのか若い世代の人達は全くご存知ないかと思われます。

元々商家で生まれ、幼少の頃からお遍路さんに接した。

海軍兵学校在学中に終戦したのち、被爆直後の広島の状況を体験されています。

高校卒業後、東大医学部に合格点に達するも医者になることはぜず何故か演劇の方に興味を持つという今では考えられない人物の1人である。

その後、新聞社編集長を経て、いけばな評論家という形で活躍しました。

日本テレビで制作・放送された『ノンフィクション劇場』には、放送作家として全作品に関わる。

その後1000本以上の映画やドラマの脚本、小説を手がけ、常に庶民の目線でオリジナルの作風を作り上げます。

ドキュメンタリーや舞台脚本、演出も取り組む一方で、代表作は

  • 『天下御免』
  • 『夢千代日記』
  • 『花へんろ』
  • 『ダウンタウン・ヒーローズ』
  • 『華日記・昭和生け花戦国史』
  • 『戦艦大和日記』

など。

また多くのナレーションも手掛けており、なかでも『必殺からくり人』の脚本は史実と虚・世相を織り交ぜながらの巧みなストーリになるので、既存の必殺シリーズと言われるのは一線を画したディテールで世評が高レベルである。

更には、遍路に置き去りにされ、生家が引き取って「妹」という形で育った少女が、広島で原爆に遭い死亡したと思われています。

原爆に対しての作品や論評、行動も多岐に渡って、生家をモデルにした『花へんろ』が彼の存在を一気に開花した作品になりました。

そんな実績を世に残した彼の痕跡は素晴しく、今後とも語り継がれて行くであります。

突然の死で、驚いた方も多いとは思いますが死因は腹部大動脈瘤破裂と診断されています。

腹部大動脈瘤とは?

腹部大動脈瘤は、大抵自覚症状が所有していないという理由で、熟知していない間に一層成長していることが考えられます。

腹部大動脈瘤が存在する人は、腹部の拍動感に気づいたり、おなかに拍動性腫瘤を感じられることもあるでしょうが、動脈瘤が小さかったり、肥満でおなかに脂肪がたまっていたりするケースでは把握していないこともあって、腹部の超音波診査やCT診断でなんとか発見されるシーンも少なくないのです。

動脈瘤は体の深部や集中的に腰に鈍痛を思うというプロセスが存在します。

腹部大動脈瘤が破裂した場合は、激しい腹痛や腰痛が起こります。

破裂による出血多量で瞬く間にショックシーンに陥り、死に至ることも想定されます。

ではどんな人がなりやすいのか?と言うと、大動脈瘤の発生には、動脈硬化が強く関係していると想定されていますが、その分だけじゃないと考えます。

多数のインフォメーションを確認してみると、男性は女の人の5倍の有病率があり、特に60歳をオーバーすると重複することがわかっています。

しかも、喫煙習慣や高血圧、世帯歴が存在する人も腹部大動脈瘤になるパーセンテージが高レベルであると噂されているようです。

早坂暁の家族や葬儀とお別れ会は?

今回の早坂さんの死去で家族が葬儀やお別れ会を行うとされていますが、家族関係の情報は全くありませんね。

なんせ、一般人ですからプライベートの事は一切公開されていません。

ただ、今回のお別れ会の時にはもちろん家族総出で行われると思いますので、彼のファンや過去にお世話になった事のある人は葬儀の時に家族や関係がわかると思います。

お別れ会や葬儀に関しても、今後のスケジュールを見て開催日時が決定されると思います。

スポンサードリンク

早坂暁は渥美清と交流があった!?

プライベートでは、故渥美清さんとも交流があった 早坂さんは大学時代に銭湯で渥美さんと知り合い、何回もプライベート旅行に行くほどの親友でした。

田舎を持たない渥美さんは、早坂さんの故郷である愛媛県北条市(現・松山市)にある「北条鹿島」は特にお気に入りで幾度となく足を運んだそうです。

渥美さんの死後発見された晩年の手帳には

……家族で旅行に行こう。ギョウさんも一緒に……

と書かれてあったと言います。

仲の良い所がうかがえると思います。

早坂は渥美さんがずいぶんとキャパシティーのある役者なのだのにもかかわらず、「寅さん」以外の役をほとんど演じられないことに随分と不思議がっていました。

そんな2人は渥美さんの生存中もかなりプライベートでは親交が深かったそうです。

最後に

いかがでしたか?

今回は作家で脚本家の早坂暁氏の死去に関するトピックでした。

残された家族は悲しみに包まれていると思いますが、何とかこれからも懸命に生きて行くしかないと思いますから頑張って欲しい限りです。

ご冥福をお祈りします。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする